応援部部長の松本幸四郎、“生きる糧”「堅あげポテト」をひたすら食べる覚悟

8

177

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 47 85
  • 45 シェア

本日11月14日に東京・水戯庵で開催された「カルビー『堅あげポテト うすしお味』リニューアル発表会」に、松本幸四郎が出席した。

松本幸四郎

大きなサイズで見る(全16件)

左からカルビーの大藤友季恵、松本幸四郎、カルビーの遠藤英三郎。

幸四郎は、自身が大ファンである「堅あげポテト」のイメージキャラクターを2020年から務めており、今年から「堅あげポテト」応援部の部長に就任した。発表会ではまず、5年ぶりに風味とパッケージデザインがリニューアルされた「堅あげポテト うすしお味」のプレゼンテーションが、カルビーのマーケティング本部 堅あげポテトチーム・大藤友季恵により行われた。リニューアルで本商品は、塩が瀬戸内産のものに変更されたほか、こんぶエキスパウダーに加えて、かつおエキスパウダーが新たに配合され、さらに深みのある味わいになった。また「堅あげポテト」応援部がオンラインコミュニティであり、1万4千人ものメンバーがいることが明かされた。

松本幸四郎

「応援部部長、松本幸四郎でございます」とトークセッションに登場した幸四郎は、「身体の4分の1か3分の1くらいは『堅あげポテト』でできております(笑)。生きる糧でもある『堅あげポテト』の大事な日に、この場に来られたことをうれしく思っております」と微笑む。1993年に誕生し、発売30周年を迎える「堅あげポテト」について「誕生の瞬間から知っていることを光栄に思いますし、今となってはなかった頃が想像できません。僕は毎日コンビニに行って、『堅あげポテト』の新しい味が出ていないか確認しているんです。だから僕が知らない味をほかの人が知っていると、すごく悔しいですね!」と、強い「堅あげポテト」愛をのぞかせた。

「開発風景の写真、時計が2:15を指していますが、これは深夜ですか……?」と遠藤英三郎(左)に聞き、「深夜ではないです(笑)」と返される松本幸四郎(右)。

「比較的カッコいいですね」と20歳の頃の自分を褒める松本幸四郎(右)。

「堅あげポテト」の歴史を振り返るコーナーには、「堅あげポテト」の生みの親であるカルビーの遠藤英三郎品質保証本部本部長が登壇。遠藤が1990年代にアメリカのポテトチップス市場を視察したり、アメリカの工場長を北海道の工場に招き「堅あげポテト」の開発を進めたりと、商品発売までのエピソードを語る姿に、幸四郎は「お話を聞くだけでもドキドキします」と瞳を輝かせた。また、1993年の幸四郎(当時七代目市川染五郎)の写真も登場。20歳の頃の写真に幸四郎が「(当代の)染五郎が美少年と言われていますが、当時の僕の方がたくさん言われていたと思います(笑)」と冗談交じりに話すと、会場は笑いに包まれた。

遠藤英三郎が語る「堅あげポテト」の歴史に、聞き入る松本幸四郎。

新パッケージについて、遠藤が「継承すべき部分はしっかりと押さえたうえで、金箔のキラキラが新たに入り、バランスの取れた良いデザイン」と述べると、幸四郎も「継承という言葉が出たのは、すでに『堅あげポテト』が伝統のある1つのジャンルだからかと思います。歴史があって、さらに進化することは、歌舞伎も同じ。歴史が重なるほど、無限の可能性と楽しみが生まれると思っているので、これからの『堅あげポテト』に期待が膨らむばかりです」とうなずいた。

自身が味付けをした「堅あげポテト」を食べる松本幸四郎。

プレゼントされた扇子に「『堅あげポテト』の良い香りがしてきそう」と喜ぶ松本幸四郎。

「三番叟」を舞う松本幸四郎。

「三番叟」を舞う松本幸四郎。

加えて、11月18日にリリースされる、幸四郎が企画開発に関わった「堅あげポテト」を2人がそれぞれ試食する一幕も。発表会では味の詳細は伏せられており、幸四郎は「おいしいとしか言いようがないですね(笑)」と満面の笑みを浮かべた。発表会の後半では幸四郎が、カルビーからプレゼントされたオリジナル扇子を用いて、“「堅あげポテト」応援の舞”として「三番叟」を披露。幸四郎は「『三番叟』には五穀豊穣の意味も込められておりますので、もっと『堅あげポテト』が広まって、皆様のお手元に届くことを祈り、舞わせていただきました」と言葉に力を込めた。

扇子型の特製パネルに“今年の一文字”を書いた松本幸四郎。

また扇子型の特製パネルに“今年の一文字”を書くよう求められ、「夢」と書いた幸四郎は「まだまだ大変な状況は続いておりますが、一歩でも半歩でも前に進んでいこうということをテーマに掲げた1年でした」とその思いを話す。また司会から来年の目標を聞かれ、「来年50歳になるんです。これまで節目を迎えたとき、区切ったり振り返ることはしていなかったのですが、来年に関しては、節目ということにあえてこだわってみようかと。今年の一文字が“夢”であれば、来年は“かなえる”という気持ちで、強く行動する年にしたい」と意気込みを述べた。

最後に幸四郎は「30周年を迎える『堅あげポテト』を、部長として盛り上げていきたいですし、そのためにはひたすら食べていかなければいけないですね。夜寝る前にも、『部長の責任なんだ……』と思いながら食べることをお許しいただければ(笑)」とちゃめっ気たっぷりに話し、発表会を締めくくった。リニューアルされた「堅あげポテト うすしお味」は本日11月14日から全国で発売される。

この記事の画像・動画(全16件)

もっと見る 閉じる

読者の反応

  • 8

ultramarine @yopiko0412

写真のキャプション、そりゃそうなんだけど、末尾が全部「松本幸四郎」だしなんか状況説明されてね可笑しいんだけど😂

「比較的かっこいいですね」と20歳の頃の自分を褒める松本幸四郎(笑) https://t.co/Hlb1qxdtty

コメントを読む(8件)

関連記事

松本幸四郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 松本幸四郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします