米倉涼子がミュージカル「シカゴ」BW公演と来日公演を降板、ドクターストップのため

12

93

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 40 35
  • 18 シェア

ブロードウェイミュージカル「シカゴ」アメリカ・ブロードウェイ公演と来日公演に出演予定だった、米倉涼子の降板が発表された。

米倉は、急性腰痛症および仙腸関節障害による運動機能障害のためドクターストップがかかり、本作を降板。4回目のロキシー・ハート役に挑むはずだった米倉は「何としても出演したくて出来る限りのトレーニングと治療を日々頑張ってきたのですが、観てくださる方の心を揺さぶるコンディションには到底値しておらず、この度の苦渋の決断が大変悔しく、本当に残念です」と心境を明かし、「私は志半ばで止む無く降板しますが、この作品はコロナ禍も越えて、アメリカのミュージカルとしてはBroadwayで最長上演記録を更新しています。その記念すべき公演を是非お楽しみ頂きたいですし、公演の成功を祈っています。私自身は、この作品での次なる挑戦に向かってゆっくりまた歩きだしていきたいと思います」とコメントしている。なお「シカゴ」では、米倉の降板に伴い払い戻しを実施。詳細は公式サイトで確認しよう。

「シカゴ」は音楽・脚本・作詞をジョン・カンダー&フレッド・エッブ、脚本・初演版演出・振付をボブ・フォッシーが手がけたミュージカル。今回の上演版では演出をウォルター・ボビー、振付をアン・ラインキングが担当している。来日公演は12月14日から31日まで東京・東京国際フォーラム ホールにて。

ブロードウェイミュージカル「シカゴ」来日公演

2022年12月14日(水)~31日(土)
東京都 東京国際フォーラム ホールC

音楽・脚本・作詞:ジョン・カンダー&フレッド・エッブ
脚本・初演版演出・振付:ボブ・フォッシー
演出:ウォルター・ボビー
振付:アン・ラインキング

キャスト

ロキシー・ハート:サラ・ソータート
ヴェルマ・ケリー:ソフィー・カルメン=ジョーンズ
ビリー・フリン:キャヴィン・コーンウォール

読者の反応

̺̬̥̤̯̣̮͓̩̪̫̭͚͇̼̻͎̺̬̥̤̯̣̮͓̩̪̫̭͚͇̊̇̆̈̐̌̑̄̂̎ ᗦ↞◃ねこまんま @oziozi5151

前から痛めてたやつよね……
大事にしてください
米倉涼子がミュージカル「シカゴ」BW公演と来日公演を降板、ドクターストップのため https://t.co/iQtYFN3ubG

コメントを読む(12件)

関連記事

米倉涼子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 米倉涼子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします