「名探偵コナン 黒鉄の魚影」特報解禁、ストーリーも明らかに

7

293

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 72 213
  • 8 シェア

劇場版「名探偵コナン」第26弾「名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)」のストーリーが明らかに。特報映像もYouTubeで解禁された。

「名探偵コナン 黒鉄の魚影(くろがねのサブマリン)」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

今回の舞台は東京・八丈島近海。世界中の警察が持つ防犯カメラをつなぐための海洋施設「パシフィック・ブイ」の本格稼働に向けて世界各国のエンジニアが集結する中、顔認証システムを応用した、ある「新技術」のテストが進められていた。一方、園子の招待で少年探偵団とともに八丈島を訪れたコナンのもとへ、沖矢昴から「ユーロポールの職員がドイツで黒ずくめの組織・ジンに殺害された」という連絡が。コナンが施設内に潜入すると、1人の女性エンジニアが黒ずくめの組織に誘拐される事件が発生し、彼女が持っていた、ある情報を記すUSBが組織の手に渡ってしまう。そして灰原哀のもとにも黒い影が忍び寄る。

特報映像は“あの方”のメールアドレスを示す「七つの子」のメロディに似たプッシュ音から始まり、ベルモットが持つ携帯の画面に「…をつぶせ」の文字が映し出される。「まさか、正体が!?」というコナンのセリフをきっかけに、モニターに映し出される灰原の数々の写真と黒ずくめの組織の面々。決死の表情でハンドルを切る阿笠博士と、現FBIの赤井秀一、警視庁の黒田兵衛も登場する。

「名探偵コナン ゼロの執行人」の立川譲が監督を務めた「名探偵コナン 黒鉄の魚影」は4月14日に全国で公開。

この記事の画像・動画(全4件)

(c)2023青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

読者の反応

  • 7

コナン情報局 @conan_magic

【映画ナタリー】「名探偵コナン 黒鉄の魚影」特報解禁、ストーリーも明らかに https://t.co/Pt5rzxnM5x

コメントを読む(7件)

関連記事

もっと見る閉じる

立川譲のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 名探偵コナン 黒鉄の魚影 / 立川譲 / 青山剛昌 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。