Devil ANTHEM.日比谷野音ワンマン、メジャーデビュー決定の知らせに大粒の涙

23

479

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 162 293
  • 24 シェア

Devil ANTHEM.が12月4日に東京・日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)で結成8周年記念ワンマンライブ「Devil ANTHEM. 8th Anniversary ONE MAN LIVE 『でび野音祭2022』」を開催した。

「Devil ANTHEM. 8th Anniversary ONE MAN LIVE 『でび野音祭2022』」の様子。(撮影:笹森健一)

大きなサイズで見る(全60件)

「Devil ANTHEM. 8th Anniversary ONE MAN LIVE 『でび野音祭2022』」の様子。(撮影:笹森健一)

コールなど客席での声出し行為の解禁が事前にアナウンスされていたこの公演。“沸ける正統派アイドル”であるデビアンのライブを存分に楽しもうと、初冬の日比谷野音に大勢のファンが集結した。開演前に大量のスモークが場内に立ち込め、こだわりの音響や照明などデビアンチームが誇る迫力のライブシステムの実演が行われると、肌寒い夜風が吹く野外の会場が徐々に熱気を帯びていく。そしてカウントダウンののち、爆音のSEが鳴り響くのに合わせて、開演の瞬間を待ち望んでいた観客によるクラップが発生。チェックのスカートが印象的な衣装でステージに姿を現したデビアンは、初期曲である「あなたにANTHEM」「おんなのこけいさつ」を連発し、9月の東京・EX THEATER ROPPONGI公演と同じく、ステージ前方に勢いよく噴き出す火花に派手に彩られながら堂々としたパフォーマンスを展開した。観客はメンバーに合わせて振りコピやジャンプをするのはもちろん、イントロで“MIX”を叫んだり、曲間に「イエッタイガー!」と声をそろえたりと、声出しありのライブを思い切り満喫。3曲目には11月にリリースされた最新曲「LOVE~極~」が披露され、「愛とはなんだ!?」というテーマのコミカルでポップなナンバーによって会場の高揚感がさらに増幅した。

「Devil ANTHEM. 8th Anniversary ONE MAN LIVE 『でび野音祭2022』」の様子。(撮影:笹森健一)

客席からの熱い歓声を受け、「みんな声が出てるねー!」と顔をほころばせつつ、「今日を迎えられて本当にうれしいです!」と感動した様子を見せたデビアン。5人はその後も体の芯を揺らすような音圧、ステージの屋根に投影されるレーザー照明の演出を味方に「Fake Factor」「ミッドナイトドライブ」「ソノサキ」などを畳みかけ、場内を興奮で満たしていく。ライブ中盤、メンバーが一旦退場したあとに流れた幕間映像ではニューアルバム(タイトル未定)の発売日が2月14日に決定したこと、そのアルバムが新曲3曲を含む12曲入りであること、日比谷野音公演の映像を収めたBlu-ray付きの限定盤も用意されることが明らかに。さらに3月から6月にかけてファイナルの東京・Zepp Shinjuku(TOKYO)公演を含む春ツアーが行われること、5月20、21日に北海道でライブ&オフ会セット旅行が実施されることが発表され、会場のテンションがより一層上昇した。

「Devil ANTHEM. 8th Anniversary ONE MAN LIVE 『でび野音祭2022』」の様子。(撮影:笹森健一)

今年2月発表のシングル「Reflect Winter」の白の衣装に着替えたデビアンは、観客を煽りつつ「OMONPAKARU」でライブ後半戦の口火を切る。さらに「STARLIGHT CIRCUS」「ストレライド」とライブの人気曲を怒涛の勢いで披露したあと、結成8周年を迎えた心境を口に。5人の中で唯一のオリジナルメンバーである竹越くるみは「ここまですごくすごく長い道のりだったけど、あっという間でもあって、気付いたらみんなが大人になっていて。ついてきてくれるみんながいて、こうやって野音に立てています」と感慨深げに語り、「これからももっともっとがんばっていこうね」とメンバーに笑顔で声をかけた。

「Devil ANTHEM. 8th Anniversary ONE MAN LIVE 『でび野音祭2022』」の様子。(撮影:笹森健一)

ライブ本編最後のブロック、安藤楓の「みんなで一緒に進んでいきたいと思っているので、私たちについて来てください!」という言葉を合図に披露されたのは「minnadeiko」。未来への前向きな決意を歌ったこの曲でファンとの一体感を高めたデビアンは、勢いそのままにラストスパートをかける。ライブの鉄板曲「Fever」では客席一面がオレンジのサイリウムの光で染まり、楓の「野音ありがとう!」という感謝の声が響き渡った。そして頭上に雪が降る幻想的な演出とともにウインターソング「Reflect Winter」を届けた5人は、続けて「by your side」を力強く歌い上げてステージをあとにした。

メジャーデビューが決定したことをサプライズで知るDevil ANTHEM.。(撮影:笹森健一)

メジャーデビュー決定の知らせを受けて涙するDevil ANTHEM.。(撮影:笹森健一)

アンコールではメンバーが再登場したあとに突如映像の上映が始まり、「第1章完結」という意味深な文字がスクリーンに。それに続けて「メジャーデビュー決定」という知らせが映し出されると、5人は大きな驚きの声を上げた。かねてからの念願だったメジャーデビューが決まったことをサプライズで知った彼女たちは、大きな祝福の拍手に包まれながらお互いに身を寄せ合って大粒の涙を流す。竹本あいりは「『どうやったら売れるんだろうね』といっぱい話し合ったこともあって。周りのグループがメジャーデビューしたり、大きなステージでのライブが決まったりして。でも、ファンの人たちも一生懸命ついて来てくれるし、『その笑顔のために私たちってがんばってるんだね』って話しながら地道にコツコツがんばってきました」とここに至るまでの苦労を吐露しつつ、「『こりゃ目が離せんわ』って思ってもらえるようなグループでい続けたいなと思っています」と決意を言葉に口にした。

「Devil ANTHEM. 8th Anniversary ONE MAN LIVE 『でび野音祭2022』」の様子。(撮影:笹森健一)

喜びを噛み締め、ファンに感謝の思いを伝えたデビアンはアンコールの1曲目に「EMOTIONAL」を歌唱。間奏で竹越が「こうなるって信じてた。みんな本当にありがとう!」と涙ながらに叫ぶと、楽曲のタイトル通り、会場がエモーショナルな空気で満たされた。その後、5人はフューチャーベースを軸にしたサウンドに“特別な1日”に懸ける思いを乗せた「ONE DAY」を響かせ、「①②③④⑤⑥」では楽曲のオケが途中で止まるアクシデントが起きるも、観客によるコールやシンガロングを受けながらライブを続行。ラストは「ライン」を披露してファンとともに腕を左右に振り、万感の思いで「でび野音祭2022」を締めくくった。

なお、デビアンのメジャーデビューについての詳細は追って発表される。

この記事の画像(全60件)

もっと見る 閉じる

Devil ANTHEM「Devil ANTHEM. 8th Anniversary ONE MAN LIVE 『でび野音祭2022』」2022年12月4日 日比谷公園大音楽堂(日比谷野音) セットリスト

01. あなたにANTHEM
02. おんなのこけいさつ
03. LOVE~極~
04. ココロカラ
05. Fake Factor
06. ミッドナイトドライブ
07. LINK
08. ソノサキ
09. 絆という羽
10. OMONPAKARU
11. MY WAY
12. STARLIGHT CIRCUS
13. シアワセクラップ
14. ストレライド
15. minnadeiko
16. SS
17. Fever
18. Reflect Winter
19. by your side
<アンコール>
20. EMOTIONAL
21. ONE DAY
22. ①②③④⑤⑥
23. ライン

Devil ANTHEM. SPRING TOUR 2023

2023年3月26日(日)東京都 Spotify O-WEST
2023年4月1日(土)福岡県 BEAT STATION
2023年4月2日(日)広島県 CLUB QUATTRO
2023年4月30日(日)宮城県 Rensa
2023年5月7日(日)愛知県 DIAMOND HALL
2023年6月17日(土)大阪府 BIGCAT
2023年6月27日(火)東京都 Zepp Shinjuku(TOKYO)

読者の反応

J-Pop Project News @JPopProjectNews

Devil ANTHEM. will make their major label debut, 8 years after their formation in 2014. The announcement came on December 4 at the group's first concert to allow calling out in over 2 years. Details of their major label debut will be announced later. https://t.co/G7sNXWGTOD https://t.co/1XFoEmzMqo

コメントを読む(23件)

関連記事

Devil ANTHEM.のほかの記事

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Devil ANTHEM. の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。