BiSH史上最大の野外ワンマン「BiSH OUT of the BLUE」に2万人動員

11

1730

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 199 1489
  • 42 シェア

BiSH史上最大規模の野外ワンマンライブ「BiSH OUT of the BLUE」が昨日10月2日に山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレストで開催され、約2万人を動員した。

「BiSH OUT of the BLUE」の様子。(撮影:青木カズロー / Jon… / 夏目圭一郎)

大きなサイズで見る(全10件)

BiSH(撮影:青木カズロー / Jon… / 夏目圭一郎)

BiSH(撮影:青木カズロー / Jon… / 夏目圭一郎)

「BiSH OUT of the BLUE」はもともと7月30日に開催予定だったが、メンバーの新型コロナウイルス感染の影響により、昨日まで延期された公演。BiSH、清掃員(BiSHファンの呼称)が待ちわびたこの公演は、ライブ定番曲「BiSH-星が瞬く夜に-」で幕を開けた。BiSHはデニム生地に夏らしいブルーが映える衣装を着てパフォーマンスし、自己紹介MCのあとにはBiSHの夏曲として清掃員から人気を集める「デパーチャーズ」を披露。野外ライブらしいさわやかさと疾走感とともにギアを一気に上げ、モモコグミカンパニーをフィーチャーした盆踊りダンスが印象的な2022年連続リリース第5弾「LiE LiE LiE」などで会場の一体感を高めた。ライブ中盤、メンバーが清掃員への思いや、自身最大規模のワンマンライブが実施できたことへの感謝を込めて、「プロミスザスター」が届けられた。

BiSH(撮影:青木カズロー / Jon… / 夏目圭一郎)

「BiSH OUT of the BLUE」の様子。(撮影:青木カズロー / Jon… / 夏目圭一郎)

アンコールでは赤と黒が映える衣装でステージに上がったBiSHは、Taka(ONE OK ROCK)、MEG(MEGMETAL)作曲、KENTA(WANIMA)作詞のロックチューン「サヨナラサラバ」を投下した。MCではセントチヒロ・チッチが「こんな大きな会場で、端から端までの清掃員とBiSHで、夏の最後に大きな思い出を作ることができました。こうして目と目を合わせて清掃員に会えるということがすごく幸せだと思えた時間でした。6年前に初めてやった野外ワンマンライブで披露した『オーケストラ』が、BiSHをたくさんの人に出会わせてくれるきっかけになったと思います。今日はそのときの『オーケストラ』を超えるような、富士山を超えていくくらい響き続けるように願って届けます」と語り、BiSHの代表曲「オーケストラ」へ。BiSHは清掃員と気持ちをひとつにするパフォーマンスを展開し、感動を誘った。アンコールのラストには「BiSH-星が瞬く夜に-」が再び披露され、ライブは幕を閉じた。終演後、BiSHのオフィシャルSNSでは本公演のアフタームービーが公開された。

なおBiSHは10月25日に神奈川・横浜アリーナでワンマンライブ「TO THE END TO THE END」を開催。横浜アリーナでの単独公演は2018年5月22日の「BiSH "TO THE END"」以来約4年5カ月ぶりとなる。

この記事の画像・動画(全10件)

TO THE END TO THE END

2022年10月25日(火)神奈川県 横浜アリーナ

読者の反応

J_ROCKNews @J_ROCKNews

BiSH史上最大の野外ワンマン「BiSH OUT of the BLUE」に2万人動員 https://t.co/z7kFHkdD90

コメントを読む(11件)

関連記事

BiSHのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BiSH の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。