あらき、自身の真骨頂と新たな一面を見せつけたワンマン「撃壌之歌」

6

1431

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 268 1162
  • 1 シェア

あらきが6月25日に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にて全国ツアー「ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌-」の最終公演を開催した。

あらき(撮影:堀卓朗[ELENORE])

大きなサイズで見る(全10件)

あらき(撮影:堀卓朗[ELENORE])

ステージを左右に駆けてオーディエンスに挨拶をしたあらきが「祭りを始めましょう、東京!」と呼びかけて歌い始めたのは「祭りだヘイカモン」。客席のお祭り騒ぎのような盛り上がりを、あらきは身振り手振りと圧倒的な声量の歌声で先導していく。ライブ序盤、あらきは「フォニイ」「セカイ再信仰特区」といったアッパーチューンを連発。6月にして記録的な猛暑を記録したという日中の酷暑にも触れつつ、「もっと熱くしていきましょう」と呼びかけ、熱気あふれるフロアのテンションをどんどん引き上げた。

あらき「ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌-」の様子。(撮影:堀卓朗[ELENORE])

MCで「お行儀よくはしない」と宣言したあらきは、オーディエンスにも思い思いにライブを楽しんでほしいという思いを伝え「皆さん、おおいにかぶいていってください」と呼びかける。「快晴によく合う曲を」という曲振りから、あらきはみきとPの「少女レイ」をカバー。アコースティックギターをパーカッシブに操りながら、哀愁あふれるこの曲を切なくも情熱的に歌う。合間のセリフで彼は「ここにいるみんな、全員友達」と、ポジティブなメッセージを伝え、“あらき流”のアレンジで「少女レイ」を披露した。さらに彼は“J-POP”の名曲として斉藤和義の「歌うたいのバラッド」を弾き語りでパフォーマンス。「バラッド」という言葉が意味する“話しかけるよう“に、しっとりとこの曲を歌い上げた。

あらき「ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌-」の様子。(撮影:堀卓朗[ELENORE])

ライブ中盤のバラードコーナーを締めくくったのは、彼のライブで欠かさず披露されている「Ark」のストリングスアレンジバージョン。感染症対策で声が出せない状況である中、あらきは「心の中で歌ってください」と呼びかけ、シンガロングが巻き起こるパートではファンの心の中の歌声を受け止めるかのような笑みを浮かべた。

ツアーの開催に向けてファンからリクエストを募っていたあらきは、ファン投票で2位を獲得した「About me」を皮切りに、「不埒な喝采」「GURU」「神っぽいな」といった近年のネットミュージックシーンで話題となった楽曲たちのカバーを連発。「ARROW」の演奏ではバンドメンバーもステージ前方まで歩み出し、あらきは自身の真骨頂とも言えるバンドでのパフォーマンスを楽しんでいた。本編の最後にあらきはファン投票で1位を獲得した「ヒバナ」を熱唱。多数のレーザーが飛び交うド派手なステージ演出の中、エモーショナルな歌声を会場内に響かせて観る者を圧倒した。

左からあらき、TOPHAMHAT-KYO(FAKE TYPE.)。(撮影:堀卓朗[ELENORE])

あらき「ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌-」の様子。(撮影:堀卓朗[ELENORE])

アンコールに応えてバンドメンバーとともに再度ステージに現れたあらきは、「いーあるふぁんくらぶ(撃壌之歌 ver.)」でライブを再開。ゴリゴリのロックサウンドにアレンジされた「いーあるふぁんくらぶ」で再び会場内の熱気を急上昇させた。アンコールで8月10日に発売予定の最新アルバム「IDEA」の告知をしたあらきは、アルバム収録曲の中でも自身の新たな一面を打ち出した曲として「A New Voice」を紹介。この曲はあらきの楽曲にこれまでなかったラップ要素をふんだんに盛り込んだもので、「まだラッパーになりきれていない」という彼は、助っ人としてこの曲の制作者であるTOPHAMHAT-KYO(FAKE TYPE.)をサプライズゲストとしてステージに呼び込む。2人は息の合ったかけ合いで「A New Voice」を再現してみせ、客席を大いに盛り上げた。助っ人をステージから送り出したあらきは、最後にファン投票で3位を獲得した「瓦礫の塔」のカバーをパフォーマンス。ファンの要望に応えるようなセットリストで計20曲を歌い終えたあらきは「最高に楽しかった」と感想を述べ、「愛してるぞお前らー!」と叫んで自身のツアー「ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌-」を締めくくった。

なおアンコールではこの日の公演の模様が7月30日(土)に配信されることがアナウンスされた。配信チケットの購入者は8月7日(日)までライブのアーカイブ映像を視聴することができる。

この記事の画像(全10件)

あらき「ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌-」2022年6月25日 Zepp DiverCity(TOKYO) セットリスト

01. 祭りだヘイカモン
02. フォニイ
03. セカイ再信仰特区
04. トキヲ・ファンカ
05. Supernova
06. 少女レイ
07. 歌うたいのバラッド
08. きみがすき
09. Ark -strings arrange ver.-
10. About me
11. 不埒な喝采
12. B.B.F
13. トコヨトキヨ
14. GURU
15. 神っぽいな
16. ARROW
17. ヒバナ
<アンコール>
18. いーあるふぁんくらぶ(撃壌之歌 ver.)
19. A New Voice
20. 瓦礫の塔

ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌- ONLINE

配信日時:2022年7月30日(土)20:00~
チケット販売URL:https://eplus.jp/arakiark2022_st/

読者の反応

  • 6

あらき⏩8.10 「IDEA」Release! @axiz_and_nico

ナタリーさんに先日の東京公演のレポート書いて頂きました!!感謝!
#撃壌之レポ https://t.co/i6NILLtsMu

コメントを読む(6件)

あらきのほかの記事

リンク

関連商品

あらき「IDEA(XYZP盤)」

[CD2枚組+DVD+グッズ] 発売日未定 / XYZP / SCCA.00136

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 あらき / FAKE TYPE. の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。