土岐麻子の「大人の沼」 ~私たちがハマるK-POP~ Vol.11 [バックナンバー]

土岐麻子が観た、NCT 127ドームツアー

ドームの隅々まで心を“LINK”させた壮観なステージを約1万字で熱烈レポート

56

2988

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 621 2285
  • 82 シェア

シンガー土岐麻子が中心となり、毎回さまざまな角度からK-POPの魅力を掘り下げている本連載。今回は土岐による、NCT 127の日本ドームツアー「NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY:JAPAN - THE LINK’」の体験記をお届けする。

コロナ禍に「英雄; Kick It」「Sticker」といったヒット曲を放ち、世界的にその人気が高まっているNCT 127、通称イリチル。土岐も自身のライブで彼らの曲をカバーするなど、以前から注目していたボーイズグループだ。今回の「大人の沼」では、NCT 127が東名阪のドームで行ったツアーのうち、5月22日の愛知・バンテリンドーム ナゴヤ公演を鑑賞した土岐がライブの模様をレポート。圧倒的なパフォーマンスや芸術的なステージ演出など、魅力にあふれたコンサートを、アーティストならではの目線で熱量たっぷりに執筆してもらった。

文・/ 土岐麻子

公演前夜、シズニとの食事会

コンサート前夜、私はシズニたちと名古屋の居酒屋にいた。

シズニというのはNCTファンの呼称である。その日私と一緒にテーブルを囲んでいたのは、この連載のVol.3にも登場してくれたMICAさん、そして会社員Mさんと大学生Sさん。それぞれテヨン&ジョンウ、ドヨン、テヨン&ユウタを推している。年齢や雰囲気も多様な3人は、NCT 127の現場やSNSで知り合ったという。

最初のドリンクが運ばれてきて乾杯をしたあと、おもむろにMさんがバッグから何かを取り出した。手のひらほどの大きさの四角い缶。開けるとそこには、かわいくデコられたトレカや小さなぬいぐるみたち……それらを美しい手つきで料理の前に並べ、すっとスマホを構えた。……これがあの、トレカ飯か!

トレカ飯の写真は見たことがあるが、そのメイキングを見るのは初めてだった。よく見ると私の公式グッズ、ひよこのぬいぐるみまで混ぜてもらっているではないか。なんというお気遣い。恒例の光景なのか、ほかの2人は慣れた様子でニコニコ眺めている。

トレカ飯のメイキング。黄色くちらりと見えているのが土岐麻子のグッズのひよこのぬいぐるみ。

20時頃。20代とは思えぬ落ち着きのあるキャラクターのSさんが、なんの脈絡もなく突然ワッと叫んだ。そしてアワアワと取り乱しながらスマホをチェックし始める。夏のイベント、「SMTOWN LIVE 2022」のチケット当落の報せが来る時間になったらしい。それをきっかけに2人もスマホを前にして、全員がパスワードや通信状況と格闘する30分間が過ぎた。

2日間当選したMICAさんが2日間落選したSさんに「じゃあどっちか1日私の枠あげる」とサラッと声をかけたりして、あっという間に全員の予定は均衡になり、テーブルに平和が戻った。

美しき助け合い。

年齢も職業もバラバラの人たちが、シズニとして心をひとつにする、愛にあふれた食事会だった。

Mさんからいただいた、お菓子の詰め合わせソンムル(プレゼント)。

そちらにもあちらにもグリーン

開場から3時間ほど前、とあるビルの化粧品店でレジに並んでいると、列のところどころにネオングリーン(もしくはイエローグリーン)の服や小物が見えることに気付いた。目がおかしくなったかと疑ったが、同行したMさんから、それがシズニの目印なのだと教えてもらった。

そうするとそちらにもあちらにもグリーンが浮き上がって見えてきて、会場から7km離れているその街の人波の中に潜む、たくさんのシズニたちを確認することができた。とくに挨拶を交わすこともないが、すれ違うと温かい気持ちになるものだ。

「推しは誰?」と聞かれたら……

会場に着くとそこはもう、やっぱりグリーン一色だった。男性もわりといるし、老若男女、おしゃれな人ばかりである。“草鈍器”という物騒な俗称で呼ばれるペンライトだって、名前が怖いだけでよく見たらアーティスティックなデザインだ。

俗称“草鈍器”と呼ばれている、NCTのペンライト。

ところで私は今回、メインボーカルであるテイル氏の歌をとても楽しみにしていた。しかし彼は来日後の隔離期間中にコロナの陽性反応が出てしまい、名古屋公演をお休みするというニュースが入ったばかりだ。

「イリチルで推しは誰?」と出会ったシズニに聞かれるたび「つい目が行くのはマーク、でもジェヒョンもいいし、ジャニさんのセンスも好きかも……」と、的を射ない回答になってしまうのが悩みだったが、テイルの歌声にも相当傾いていた。

最推しグループであるモネク(MONSTA X)とブルピン(BLACKPINK)に次ぎ、彼らの動画はこれまでわりと大量に観てきたつもりだが、NCT 127の場合は観れば観るほどに全員が好きになって推しが決まらなかった。でも生でパフォーマンスを観ることできっとわかるだろうと思っていたので、「テイル欠場」というのは私にはショックな知らせだった。

私たちの席は2階席の真ん中からやや上手寄り。

メインステージの後ろには巨大なスクリーン、それを中心に据えて両脇に大きさの違うモニターが3つずつ並んでいる。

ふと、アリーナの後方から拍手が起こる。何事かと下の様子をうかがうと、今回のステージの総合演出を担当している、仲宗根梨乃さんがアリーナのご自身の席に向かっているところだった。梨乃さんはこの連載にも登場してくれたが、私も胸が熱くなって拍手を送った。

シズニにはNCT 127の曲やダンス、そしてコンセプトといった芸術性を重視しリスペクトしている人が多い印象だ。すべてのクオリティが高いから当然のこととも思うし、だからこそチーム全体へのリスペクトが強いのだろう。

凛々しい表情で会場へ到着した土岐麻子。もうすぐ開演!

尖ったスタイルを見せつけるスタート

ドームが暗転すると、ずっと来日を待ち望んできたシズニたちの魂の叫びが一斉に轟いた気がした。私も「むむむむむ」という声にならない声が出てしまう。

SEがかかると客席は一面の草鈍器の海原。それは天井席までうねる、ネオングリーンのグラデーション! なんという美しさ。壮観!!

「NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY:JAPAN - THE LINK’」名古屋公演の様子。(撮影:田中聖太郎)

ここから巨大なスクリーンを存分に生かしたゾクゾクするような演出が始まる。

なお、使い始めたらキリがないから、ここからは「最高」「かっこいい」「美しい」「かわいい」という単語を使わずにレポを書いていきたいと思う。加えて、レポートらしく敬称略で失礼する。

意味深な巨大な時計が映し出され、舞台の突き当たりだと思っていたスクリーンが割れて左右に分かれていく。グリーンディスプレイ的な膨大な文字列が広がるサイバー空間は宇宙のようにも見えて、とんでもない奥行き感だ。その空間には幾何学的なデザインの9つのゴンドラが横一直線に並んでいて、……って、いる! そこに! メンバーが! 1人ずつ乗ってるー!!ではないか。

隣にいるMICAさんも「うわぁ、本物だ、いる、うわ、うわあ、ホントにホントに……」と、めっちゃヲタクになっている。

「NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY:JAPAN - THE LINK’」名古屋公演の様子。(撮影:田中聖太郎)

ゴンドラが着地すると、開始の合図が鳴り響く。MICAさんが私に「中華鍋の音がぁぁあ!」とささやいた。銅鑼の音であったが、この際もう中華鍋だっていい。

そうして始まったのは「英雄; Kick It」。ボボボボパウパウ、ボボボボパウパウ、ボボボボパウパ……とあのイントロが鳴り響く中、突然ボボボボパウパウを遮る勢いで「ズパパパパパ!」と無数の爆竹が爆ぜた。そして火炎。

ちなみにボボボボパウパウの説明が足らずに申し訳ないが、ボボボボパウパウとしか書きようがないので、気になる方はぜひ楽曲を聴いて確認していただきたい。

さっそくひどいレポになりそうで不安であるが、HR/HM的なハードなギターリフをモチーフとしたトラップサウンドと言えばよいのだろうか。とにかく特別な世界観の楽曲なのだ。聴いて。

スクリーンにはオリエンタルなネオン看板が並び、都市のセットが浮かび上がった。

私の彼らの第一印象は、アイドルグループらしからぬ、ポップさから遠い尖ったサウンドをものにしているグループ、というものだったから、そのスタイルを見せつけられるような攻めたスタートに感動した。

そんな激しい演出と、ひさしぶりの生ライブに高揚するシズニ。その真ん中にいても彼らは浮き立つことなく、集中力を切らさない。完璧なパフォーマンスをひさしぶりの再会の挨拶としたその姿は、まさに英雄……。

テイルの声も音源の中に組み込まれていて、不在でも歌が聴けて安心。

ミニマルなヒップホップの「Lemonade」へ続いたあとは、ステージの一部がせり上がって「gimme gimme」へ。こちらは日本初披露となる日本語の楽曲である。ステージがそのまま傾斜して、神秘的でスリリングなムードに。白い衣装がキャンバスとなり照明に染まって、もう全瞬間がアート。ネオンブルーのバックカラーにネオンピンク、というハイコントラストな影絵が印象的だった。

ユウタの穏やかな声に誘われ、脳裏に浮かんだ壺

曲が終わるとステージが元の高さに着陸して、初のMCタイムがやってきた。

グループによってはプロンプター(演者を補助するモニター機器)を見ながら予定調和の完璧なトークをすることもあるし、日本語が達者なメンバーが多いと軌道から外れてやりたい放題なトークになることもある。この日の彼らはどちらなんだろうと思っていると、

「水飲んでいいですか?」

「あつい」

「いやまださむい」

と、いきなり飾らない日本語が飛び交い、

「こんにちは?」「こんばんは?」

と、冒頭の挨拶で迷う場面も。

めちゃ自然体である。時計を見ると16時半……いや確かにこれは難しい時間帯!

「NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY:JAPAN - THE LINK’」名古屋公演の様子。(撮影:田中聖太郎)

そのままフリースタイルのトークが続くかと思えば、プロンプターに釘付けになりながらコメントを読み上げたり、通訳さんが翻訳しやすいように丁寧に区切って韓国語を話したり、

「やっとかめ日本に来ました!」

と方言をぶちかましてきたり、いろんなスタイルが入り混じる。ちなみにドヨンはこの日、「やっとかめ(ひさしぶりに)」を体感であと4回ぐらい使った。

ジョンウは愛嬌たっぷり。

ジャニは想像以上に顔が小さくて脚が長くて規格外。

マークはどの瞬間も、正直さが表れているまなざし。

唯一の日本人メンバーであるユウタは、この演目のテーマとなっている「LINK」について丁寧な言葉で説明してくれて頼もしい。この声の穏やかさと優しさはなんだろう、このまま上手く誘導されたら私はわりと簡単になんらかの契約書に印鑑を押すのではないか。冒頭で「まださむい」(たぶん涼しいと言いたかったのではないかと思う)と言ったテヨンのフワフワさにジワジワきながらも、私はユウタの契約書に捺印した想像上の壺の値段を計算していた。

そしてヘチャンの「シズニ들(ドゥル=たち)、どうでしたか?」という愛すべきチャンポン言葉もナチュラルに飛び出した。

序盤からトロッコで会場全体へ

ほのぼのしたトークで会場を和ませたあとは、「Elevator(127F)」。ファンキーで甘いボーカルによく合う、カラフルでファンシーなエレベーターの映像が流れる。

そしてこの日初めてとなるトロッコに乗り込み、ハーモニーが流麗かつ軽快なR&Bナンバー「우산 (Love Song)」が始まる。우산は傘という意味なので、5人と3人で左右に分かれたメンバーたちは傘を差しながらアリーナ席の後方まで進む。

そこは私たちの席の目の前で、肉眼でも表情が認識できた。ということは、ここまでの道のりで多くの2階席、そしてアリーナ外周の席のシズニも、肉眼で彼らの表情を観たのだろう。序盤からいきなりドームの隅々まで楽しませる、という演出のはからいが伝わってきて感動する。

トロッコは屋上付きメゾネット物件の作りになっていて、下の階には小さいソファや服がかかったラックなどがあり、本物の部屋のよう。凝ってる。屋上で日本オリジナル曲「First Love」を披露したあと、テヨン、ジャニ、ユウタ、ジェヒョンを残し、ほかのメンバーたちは階下の部屋に入ってシャーッとカーテンを閉めてしまった。

上記の4人による「Run Back 2 U」が始まる。ルキズ(SMルーキーズ。SM ENTERTAINMENTの練習生チーム)時代の曲だが、成熟したパフォーマンスである。

残りのメンバーはカーテンの中でステイホームだが、どんな話をしてるんだろうかと気になりもする。

「NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY:JAPAN - THE LINK’」大阪公演の様子。(撮影:田中聖太郎)

このあたりから私は楽しさにのめり込んで、「もう現実に戻れないんじゃないか」と思い始め、気が付いたら屋上にはヘチャン1人が立っていた。「LOVE SIGN」。テイルとの共作のこの曲は本来2人で歌う演出だが、この日は映像モニターにテイルの姿(ソウル公演時の映像。ドラマチックで神々しい!)が映し出され、時空を超えた感動的なデュエットを聴かせてくれた。カーテンの閉まった部屋の上で、1人で踊るヘチャンには孤独感はなく、自信に満ちた頼もしいパフォーマンスだった。

次の「Highway to Heaven」になると階下のカーテンが開き、メンバー各自、おこもり終了!

よく見るとラックにかかっていた黒ラメのジャケット(さっきまで小道具だと思っていたもの)を着ているではないか。心憎い演出! 広大さを感じさせる清涼なポップナンバーであるこの曲ではへチャンのハイトーンがドームに響き、しみじみとその声の一芸を感じた。

エレクトロサウンドな「Breakfast」になると、突然MICAさんの草鈍器が複雑な動きを見せる。やばい、ソレ聞いてない! なになに!

そんなこんなで彼らはメインステージに帰って行く。ご出勤おつかれさまでした!

10曲目にしてすでに晴れ晴れとした表情、自然な笑顔が増えている。そして「またネーー」という声を残しながら、高速で奈落(ステージの真下のスペース)に下がっていった。

ステージにシャワールーム!? 4万人が集中したソロコーナー

大きな猫がメンバーたちと戯れるほのぼの映像「neow 127 SPECIAL DAY」が流れたあとは、ソロコーナーへ。

リッチな黒コートで登場し、ストイックなラップを見せつけてくるマークのソロ「Vibration」。さっきまでのどの曲よりも生歌のマイクのバランスが上がり、彼の安定感のあるラップスキルがダイレクトに伝わってきた。ときどきちょっと逸脱するような、繊細で不安定な雰囲気もいい。

テヨンが月の中に浮かび、神々しいパフォーマンスをした「Moonlight」。スモークさえも完全に自分のものにする。よっ、スモーク上手! そして黒ハットの扱いも一流。このこのー、黒ハット上手!と思ったら、今度はハットを脱いで風を受ける。風もキマってる。風上手でもあるのか!!

再びマークが登場し、2人での「The Himalayas」。途中でアドリブなのか、ラップに日本語を挟むテヨン。気が利いている。

ジョンウは「Lipstick」で激しく妖しいダンスを披露。ピンスポを浴びて、膝立ちウェーブからの床演技、の流れが流麗で印象的だった。シズニの集中力も高まり、気付いたら会場全体が大人のムードに。

そしてそのまま「Focus」へ。途中MICAさんが私に「ジャニさんの18禁始まります」と耳打ちして教えてくれた通り、ジャニのパフォーマンスパートへ切り替わる。彼が入ったのはガラス張りのシャワールームブース。ブースまるごとを小道具にするかのような、大胆なダンスパフォーマンス。セクシーさにハラハラして、固唾を呑むとはこのことだ。4万人が一瞬でたった1人にマウントを取られてしまったこの感じ……。

シャワーブースのクライマックスでキャーッと(目を覆った指の隙間をカエル並みに開きながら)心で叫んだ瞬間、ブースのガラスがフッと曇り、間髪を容れずにジェヒョンの「Lost」が始まった。都会のマンションかホテルの一室といった雰囲気の中、チルくベッドに座るジェヒョン。シティボーイすぎる。ブラックミュージックエッセンスのある良バラード。自作曲だそう。

「NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY:JAPAN - THE LINK’」大阪公演の様子。(撮影:田中聖太郎)

全員でのスムースなバラード「The Rainy Night」を挟み、ジャズ感のあるピアノアレンジによる「Back 2 U (AM01:27)」へ。

続いてドヨンがソロで歌った「The Reason Why It's Favorite」は感情を豊かに歌い上げるK-POPらしいバラードで、ミュージカルの舞台に立つ彼を想像した。さすがメインボーカル、生歌とは思えない完成度の高さだ。透明な声は儚くも力強くもなり、悲劇の独白的な歌詞を際立たせる。表情からも目が離せない。

そしてこの曲のリプライズ元となったドラマチックなダンスナンバー「Favorite(Vampire)」へつながる。コーラスの最後に着地する「フフェオプシベーイベー(後悔ないように、Baby)」というところのフレーズが好きだ。メンバーそれぞれのフェイクが秀逸。

そのあとのMCでは、ソロコーナーを終えたメンバーを中心に自由にトークが展開していった。

「The Reason Why It's Favorite」を日本語で歌えないかというテヨンの無茶ぶりに応え“サランヘ”を“愛してる”に変えて歌ってあげるドヨン。メンバー同士でウケてて楽しそう。

テヨンは「Moonlight」について「僕があなたたちを考えて作りました。なんか、美しい、ムーンライト、あなたたち、愛してる!」と、感覚的な日本語で臨場感のあるコメントをくれた。

次のページ
同じアーティストとして驚いた最後の1曲、そして実感した“LINK”の意味

読者の反応

土岐麻子とスタッフ @tokiasako_staff

今回はイリチル名古屋公演の観覧体験記です!テイル氏が参加できなかった日ゆえイラストの右端が空いていてごめんなさい😭
公演中に取ったメモと心の記憶に忠実に1万字つづりました。行けなかった方達に伝わりますように…!(土岐) https://t.co/2x5ccMSlUo

コメントを読む(56件)

関連特集

関連記事

土岐麻子のほかの記事

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 土岐麻子 / NCT 127 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。