「オーバーテイク!」実際のモータースポーツに寄り添いながらも人間ドラマを描く

16

267

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 78 131
  • 58 シェア

KADOKAWAとアニメーション制作会社・TROYCAがタッグを組んだオリジナルTVアニメーションの制作発表会が、本日1月20日に開催された。作品タイトルは「オーバーテイク!」。あおきえいが監督し、メインキャストは古屋亜南小西克幸が務める。

左から上田清香プロデューサー、小西克幸、あおきえい監督、古屋亜南、長野敏之プロデューサー。

大きなサイズで見る(全25件)

左から小西克幸、古屋亜南。

イベントではまず始めにティザーPVが公開。あおき監督、TROYCAの代表取締役社長およびプロデューサーである長野敏之、KADOKAWAのプロデューサーである上田清香に加え、ティザーPVをもって出演が発表となったキャストの古屋、小西が登壇した。

あおきえい監督

「オーバーテイク!」で舞台となるのは“モータースポーツの甲子園”としての役割を担うF4(フォーミュラ4)の世界。あおき監督、長野プロデューサーの2人は、同作はレースものありきで企画が進んでいたわけではなく「『F4』がすごく面白い。調べれば調べるほどそれが深くなっていった」と、雑談の中からF4を題材として扱うことになったという経緯を説明していく。

長野敏之プロデューサー

TROYCAの10周年記念作品でもある「オーバーテイク!」では、TROYCA初のタイトル「アルドノア・ゼロ」のメインスタッフが再集結。長野プロデューサーは「あっという間の10年だった」と振り返りながらも「結果的に偶然が重なって、近しいスタッフが集まった。あおきさんのタイトルだから集まって来てくれたと思う」と述懐。また上田プロデューサーは「私も『アルドノア・ゼロ』がすごく好きで。(今回の作品も)観ていただいて後悔させない出来になっていると思います」と期待を寄せた。

上田清香プロデューサー

「オーバーテイク!」の物語は、フォトグラファーとして活動しているものの、現在はとある理由によりスランプの渦中にある眞賀孝哉がサーキットに訪れるところから始まる。取材に訪れた富士スピードウェイで、高校生F4レーサー・浅雛悠の走りを目の当たりにした孝哉は、その愚直なまでのひたむきさに久しく感じていなかった胸の高鳴りを覚える。それをきっかけに彼は弱小チーム・小牧モータースとともに悠を応援。その夢を叶えようと決意する。

オリジナルTVアニメ「オーバーテイク!」ティザーPVより。 (c)KADOKAWA・TROYCA/オーバーテイク!製作委員会

あおき監督は悠について「不器用なこだわりを持つ」と触れながらも、孝哉と出会ったことで変わっていくキャラクターになると言及。一方の孝哉をレーサーではなくカメラマンに設定したことについては、「F4を知らない視聴者にもF4がどんなモータースポーツなのか、孝哉の目線を通して知ってもらえたら」という思いを込めたことが語られた。また本日公開されたティザービジュアルに関しては、悠が所属している小牧モータースが弱小チームのため、スポンサーがついておらず車体が白いままであることから、最初のビジュアルも白を基調にしていると説明した。

オリジナルTVアニメ「オーバーテイク!」ティザービジュアル (c)KADOKAWA・TROYCA/オーバーテイク!製作委員会

すでにアフレコも始まっているという同作。古屋は寡黙な悠を演じるにあたり、自身も感情を表に出すタイプではないと話しながら「最初は演じやすかったのですが、感情を出すシーンでは自分と似ているなと思っていても、芝居の中でそれを出すのが難しくて。悠から学んだことがあります」と振り返った。記者会見の場に立つのは初めてだと言いながらも、そんなエピソードを落ち着いた様子で語る古屋に対し、小西は「(古屋は)悠にぴったり。感情はあまり表に出さないけどすごく芯がしっかりしている」と評した。

古屋亜南

また同作のオーディションには述べ800人ほどの声優が参加したという。100人ほどの候補の中から悠役に決まったことが明かされると、古屋は驚いた様子を見せながらもはにかんだ表情を浮かべた。一方の小西はオーディションの際にあおき監督にとある質問をしたと言い、あおき監督は「キャラクターの心理を納得したうえでオーディションを受けていただいて。この方に孝哉というキャラクターを預けたいと思いました」とエピソードを披露した。

あおきえい監督(右)に自身が選ばれた決め手を聞く小西克幸(左)。

さらに同作には実際のサーキットなど、モータースポーツ界では著名な施設・企業・連盟が協力。企画を進めていくに際し、あおき監督、長野プロデューサーは実際にさまざまなレース会場に足を運び、緻密な取材を行ったうえで制作していることを明かした。

「オーバーテイク!」に協力している企業・施設・連盟。

なお制作発表会の最後には、取材陣に向けたスタッフ陣による質疑応答の時間が設けられた。キャラクター原案に志村貴子を起用した理由を質問すると、あおき監督は「『オーバーテイク!』をやるにあたってレースものではあるのですが、人間ドラマが中心の物語にしたくて。僕がファンということもあるのですが、(ドラマの部分を表現するにあたり)志村さんにお願いさせていただきました」と回答。長野プロデューサーも「レースというシビアな世界を(取材を重ねて)実際のモータースポーツに寄り添って作っているぶん、ドラマ部分は柔らかく見せたいと思っていて。その対比を表せたらと思いました」と続けた。また「これまでモータースポーツに触れたことがない女性も絵柄で入り込みやすい部分があるのでは」と問うと、上田プロデューサーは「もちろんあると思います。今回は悠と孝哉のキャラクターデザインを公開しましたが、これからもたくさんの魅力的なキャラクターが出てきて、そちらも素晴らしいデザインになっているので楽しみに待っていただきたいです」とコメントした。

この記事の画像・動画(全25件)

もっと見る 閉じる

オリジナルTVアニメ「オーバーテイク!」

スタッフ

原作:KADOKAWA × TROYCA
監督:あおきえい
シリーズ構成:関根アユミ
スーパーバイザー:高山カツヒコ
キャラクター原案:志村貴子
キャラクターデザイン:松本昌子
アニメーション制作:TROYCA

キャスト

浅雛悠:古屋亜南
眞賀孝哉:小西克幸

読者の反応

geek@akibablog @akibablog

「オーバーテイク!」実際のモータースポーツに寄り添いながらも人間ドラマを描く(イベントレポート) - コミックナタリー
https://t.co/j8y8ckGXe3

コメントを読む(16件)

おすすめの特集・インタビュー

関連記事

もっと見る閉じる

あおきえいのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 オーバーテイク! / あおきえい / 志村貴子 / 古屋亜南 / 小西克幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。