「往生際の意味を知れ!」米代恭、Hulu映像クリエイター発掘プロジェクトで審査員に

4

43

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 8 32
  • 3 シェア

「往生際の意味を知れ!」で知られる米代恭が、第2回「Hulu U35 クリエイターズ・チャレンジ」の審査員を務めることが明らかになった。

第2回「Hulu U35 クリエイターズ・チャレンジ」審査員。左上から時計回りに映画監督の今泉力哉、ミュージシャンの大森靖子、米代恭、俳優の藤原季節。

大きなサイズで見る(全4件)

Huluが主催する「Hulu U35 クリエイターズ・チャレンジ」は、新世代の映像クリエイターの発掘・育成を目的としたプロジェクト。プロ・アマ問わず35歳以下を対象とし、ファイナリスト5人は技術面・費用面のサポートのもと、自らの企画を映像化することができる。米代は「創作は自分の頭の中や人生の視点を外に出す行為だと思います。それはすごく恐ろしいことであり、しかし自分の理想のリズムや演出でそれをできた時の喜びは何物にも代えがたいです。その喜びがほとばしる作品を観られたらうれしいです」とコメントを寄せた。

応募は7月31日23時59分まで受付中。審査員長を映画監督の今泉力哉が務め、審査員には米代のほかミュージシャンの大森靖子、俳優の藤原季節が名を連ねている。

米代恭コメント

米代恭

このような機会をいただき光栄です。私が人の作品をジャッジできる立場かどうかは疑問なのですが、人生を左右する重大な分岐点として責任をもって務めさせていただきます。
創作は自分の頭の中や人生の視点を外に出す行為だと思います。それはすごく恐ろしいことであり、しかし自分の理想のリズムや演出でそれをできた時の喜びは何物にも代えがたいです。その喜びがほとばしる作品を観られたらうれしいです。

この記事の画像・動画(全4件)

読者の反応

  • 4

geek@akibablog @akibablog

「往生際の意味を知れ!」米代恭、Hulu映像クリエイター発掘プロジェクトで審査員に(コメントあり) - コミックナタリー
https://t.co/sLNhkWAWSV

コメントを読む(4件)

関連記事

米代恭のほかの記事

リンク

1話まるごと試し読みPR

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 米代恭 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。