塚田僚一&矢島舞美が年に一度会うカップル役に、朗読劇「セイムタイム、ネクストイヤー」

43

727

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 289 431
  • 7 シェア

名作戯曲リーディング Vol.1「セイムタイム、ネクストイヤー」が、3月10日から12日まで東京・紀伊國屋ホールで上演される。

塚田僚一(A.B.C-Z)

大きなサイズで見る(全2件)

矢島舞美

これは、名作と呼ばれる戯曲に、日本の演出家と俳優が挑む朗読劇企画の第1弾。今回はカナダの劇作家バーナード・スレイドの戯曲「セイムタイム、ネクストイヤー」が、内藤裕子の演出、塚田僚一A.B.C-Z)と矢島舞美の出演、そして大貫祐一郎によるピアノ演奏で朗読劇として立ち上げられる。

劇中では、年に一度の逢瀬を重ねる不倫カップルの姿が描かれる。北カルフォルニアにある海辺のコテージで、旅の途中だったジョージ(塚田)とドリス(矢島)は意気投合し、一夜を共にする。しかし、2人はそれぞれ家族があり、愛する子供もいて……。チケットの販売は2月18日にスタート。塚田と矢島のコメントは以下の通り。

塚田僚一(A.B.C-Z)コメント

体を使ってのパフォーマンスや表現が多い中、それを封印した朗読劇に今回挑戦します。

表現の幅を広げていきたいと思っていたところでのオファーだったので、本当に有難いです。

究極の愛がテーマです。様々な愛の形がある中、愛とは何か? 不倫カップルのジョージとドリスを通して感じ取ってもらえるように演じます。許される事ではないですが、理性を抑えられないほどの恋愛というものに興味があり、憧れもあります。今から楽しみです。

矢島舞美コメント

ドリス役を演じさせていただきます、矢島舞美です!

過去に数々の役者が演じてこられた、この「セイムタイム、ネクストイヤー」という作品に、朗読音楽劇という形で私も初挑戦できること、とても嬉しく思っています。塚田さん演じるジョージとどんな25年間を築くのか、そして大貫祐一郎さんの生演奏の中で、どんな2人の世界が広がっていくのか、今からワクワクしています。このペアならではの「セイムタイム、ネクストイヤー」をお届けしたいと思います。劇場でお待ちしています!

この記事の画像(全2件)

名作戯曲リーディング Vol.1「セイムタイム、ネクストイヤー」

2023年3月10日(金)~12日(日)
東京都 紀伊國屋ホール

作:バーナード・スレイド
演出:内藤裕子
出演:塚田僚一A.B.C-Z)、矢島舞美
ピアノ演奏:大貫祐一郎

読者の反応

ベリス @bellus_RISA

塚田僚一&矢島舞美が年に一度会うカップル役に、朗読劇「セイムタイム、ネクストイヤー」(コメントあり) https://t.co/vH8ehB1LUB

コメントを読む(43件)

塚田僚一のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 塚田僚一 / A.B.C-Z / 矢島舞美 / 内藤裕子 / 大貫祐一郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします