「太平洋序曲」に向け山本耕史らが決起集会、ウエンツ瑛士は海宝直人への“嫉妬”明かす

12

746

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 172 552
  • 22 シェア

「ミュージカル『太平洋序曲』決起集会」が、本日12月6日に東京都内で行われた。

前列左からウエンツ瑛士、山本耕史、海宝直人。後列左から立石俊樹、松下優也、廣瀬友祐。

大きなサイズで見る(全9件)

ミュージカル「太平洋序曲」は、作詞・作曲をスティーヴン・ソンドハイム、脚本をジョン・ワイドマンが手がけたミュージカル。劇中では、江戸時代末期、日本が鎖国を解いて開国し、西洋化へ向かう激動の過程が描かれる。今回は、梅田芸術劇場と英国メニエールチョコレートファクトリー劇場の共同制作第1弾となり、マシュー・ホワイトが演出を担当する。

山本耕史

本日の決起集会には、狂言回し役の山本耕史松下優也、香山弥左衛門役の海宝直人廣瀬友祐、ジョン万次郎役のウエンツ瑛士立石俊樹が登壇した。山本は自身の役柄について「狂言回しではありますが、作中でいろいろな人物を演じたりするシーンがあるのかな?と想像しています」と期待を寄せ、「Wキャストなので、配役によって見え方が大きく変わってくるはず。僕も全パターン観たい(笑)」とコメント。また山本は舞台に立つ喜びを「『お客様が何か受け取ってくれているな』と僕ら自身が感じられたとき、舞台をやっていて良かったと思う」と話し、「これほどの大作は久しぶり。初心に返ってがんばります」と意気込みを述べた。

松下優也

松下はコロナ禍での舞台出演について「毎日舞台をやっていると本番が当たり前だと思う瞬間があるけど、コロナ禍で『当たり前のことはないんだな』と知りました。お客様の顔が見られたり、熱量が伝わっていると感じたりするとき、ホッとします」と言い、「セリフ量がとてつもなく多いのでがんばりたい。Wキャストですし、いろいろな方とお芝居できることを楽しみに稽古に励めたら」と意気込んだ。

海宝直人

海宝は香山弥左衛門を「将軍から無茶な大役を押し付けられ、奮闘する中で出世していく人物」と紹介し、「この作品は『Next』という曲で終わりますが、時代によって何が“Next”かは変わるはず。その時代の人が何を感じるのかが面白い作品だと思います。そんな舞台を日英共同で作ることに大きな意味を感じます」と語った。

廣瀬友祐

廣瀬は海宝の言葉にうなずきながら、「平凡な香山が権力を持ち出世していく話でもあります。濃い登場人物が多い中、香山はいたって普通の人という感じ。お客様に感情移入してもらえる、寄り添えるような表現を目指したい」と抱負を述べた。

左からウエンツ瑛士、立石俊樹。

本作についてウエンツは「『太平洋序曲』で一番素敵だと思うのは、海外の方が作った日本の話だということ。歴史好きな方は、“日本人から見た日本史”とは違う側面から楽しめるのでは」とコメント。またイギリス留学を経験しているウエンツは「稽古をする中で、僕が留学で得た経験を生かせる場面も出てくるのでは」と期待を口にした。

立石俊樹

立石はジョン万次郎について「今の日本人というか、僕自分もジョン万次郎の影響を受けているなと思う。しっかり勉強して臨みたい」と言う。さらに立石はTwitterで寄せられた「もし自分がジョン万次郎だったら、日本に帰って来て一番食べたいものは何か」という質問に「やっぱり納豆かな。あとはラーメン!」と回答して会場を和ませた。

海宝とウエンツは子供の頃、同時期に劇団四季のミュージカル「美女と野獣」のチップ役にキャスティングされていた。海宝は当時を振り返り、「(ウエンツは)2歳上なので、幼い自分にとってはだいぶお兄さんだった」と明かす。これに対してウエンツは「『今日は偉い人が観に来るよ』という日のチップに海宝くんが選ばれていて。僕は小学4年生くらいでしたが、あのとき小4にして嫉妬という感情を知ったなと!(笑) 今回共演できるのが本当にうれしいです」と目を輝かせた。

前列左からウエンツ瑛士、山本耕史、海宝直人。後列左から立石俊樹、松下優也、廣瀬友祐。

さらに決起集会では、映画「シン・ウルトラマン」で山本が演じたメフィラスのセリフにちなみ、山本が“好きな言葉”と“苦手な言葉”を明かす場面も。山本はメフィラスさながらの口調で「広背筋下部。私の好きな言葉です」と答えつつ、「苦手な言葉はリバースクランチですかね。足を上げる腹筋なんですけど……」と筋肉トークを繰り広げ、記者たちを笑わせた。

公演は3月8日から29日まで東京・日生劇場、4月8日から16日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて。チケットの一般販売は12月10日10:00にスタートする。なお本日行われた「ミュージカル『太平洋序曲』決起集会」の一部は、12月9日20:00頃からTwitterとYouTubeの梅田芸術劇場チャンネルにて配信予定。詳細は続報を待とう。

この記事の画像(全9件)

ミュージカル「太平洋序曲」

2023年3月8日(水)~29日(水)
東京都 日生劇場

2023年4月8日(土)~16日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
脚本:ジョン・ワイドマン
演出:マシュー・ホワイト

キャスト

狂言回し:山本耕史松下優也
香山弥左衛門:海宝直人廣瀬友祐
ジョン万次郎:ウエンツ瑛士立石俊樹
将軍 / 女将:朝海ひかる

老中:可知寛子
たまて:綿引さやか
漁師:染谷洸太
泥棒:村井成仁
少年:谷口あかり
提督:杉浦奎介、武藤寛、田村雄一、中西勝之、照井裕隆
水兵:藤田宏樹
少女:井上花菜

読者の反応

LIM編集部 @lesmisquarti30

【会見レポート】「太平洋序曲」に向け山本耕史らが決起集会、ウエンツ瑛士は海宝直人への“嫉妬”明かす https://t.co/LUV5Ihwj6c

コメントを読む(12件)

関連記事

山本耕史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山本耕史 / 松下優也 / 海宝直人 / 廣瀬友祐 / ウエンツ瑛士 / 立石俊樹 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします