片岡仁左衛門が天真爛漫な松浦鎮信に、南座「吉例顔見世興行」スタート

19

266

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 69 161
  • 36 シェア

「京の年中行事 當る卯歳『吉例顔見世興行』東西合同大歌舞伎」が、昨日12月4日に京都・南座で開幕した。

「京の年中行事 當る卯歳『吉例顔見世興行』東西合同大歌舞伎」ビジュアル

大きなサイズで見る

第1部は「義経千本桜」より「すし屋」で幕開け。本興行に24年ぶりの出演となる中村獅童がいがみの権太、中村鴈治郎が梶原平三景時を演じた。続く「龍虎」には、中村扇雀中村虎之介親子が登場し、勇壮な舞いを披露。第2部「恋飛脚大和往来」より「封印切」では、鴈治郎と扇雀が亀屋忠兵衛と傾城梅川の悲劇を演じる。「松浦の太鼓」では片岡仁左衛門が、赤穂浪士の討ち入りを心待ちにしている松浦鎮信を演じ、討ち入りの合図の太鼓の音にそれまでの不機嫌が一転、喜びをあらわにする天真爛漫な演技で客席の笑いを誘った。

第3部には「年増」と「女殺油地獄」がラインナップ。「年増」では、中村時蔵が踊りで江戸の粋な風情を観客に感じさせる。「女殺油地獄」では、片岡愛之助が与兵衛、片岡孝太郎がお吉に扮し、与兵衛とお吉が油まみれになりながら揉めるクライマックスで緊迫した演技で魅せた。なお、劇場正面には「吉例顔見世興行」恒例のまねき看板が飾られている。来場時には併せてチェックしよう。公演は12月25日まで。

「京の年中行事 當る卯歳『吉例顔見世興行』東西合同大歌舞伎」

2022年12月4日(日)~25日(日)
京都府 南座

第1部

第一、「義経千本桜 すし屋」

出演
いがみの権太:中村獅童
お里:中村壱太郎
弥助実は三位中将維盛:中村隼人
若葉の内侍:上村吉太朗
弥左衛門女房おくら:中村梅花
鮓屋弥左衛門:片岡亀蔵
梶原平三景時:中村鴈治郎

第二、「龍虎」

作:大野恵造

出演
龍:中村扇雀
虎:中村虎之介

第2部

第一、「恋飛脚大和往来 玩辞楼十二曲の内 封印切 新町井筒屋の場」

出演
亀屋忠兵衛:中村鴈治郎
傾城梅川:中村扇雀
丹波屋八右衛門:片岡愛之助
肝入由兵衛:中村寿治郎
槌屋治右衛門:片岡亀蔵
井筒屋おえん:中村東蔵

第二、「秀山十種の内 松浦の太鼓」

出演
松浦鎮信:片岡仁左衛門
大高源吾:中村獅童
近習江川文太夫:中村隼人
近習渕部市右衛門:中村虎之介
近習里見幾之丞:中村鷹之資
近習早瀬近吾:市村橘太郎
近習鵜飼左司馬:嵐橘三郎
お縫:片岡千之助
宝井其角:中村歌六

第3部

第一、「年増」

出演
お柳:中村時蔵

第二、「女殺油地獄」

作:近松門左衛門

出演
河内屋与兵衛:片岡愛之助
豊嶋屋七左衛門:片岡進之介
芸者小菊:中村壱太郎
小栗八弥:中村鷹之資
妹おかち:片岡千之助
母おさわ:中村梅花
口入小兵衛:市村橘太郎
山本森右衛門:片岡松之助
河内屋徳兵衛:嵐橘三郎
兄太兵衛:中村亀鶴
お吉:片岡孝太郎

読者の反応

ryugo hayano 💉💉💉💉💉😷 @hayano

片岡仁左衛門が天真爛漫な松浦鎮信に、南座「吉例顔見世興行」スタート(舞台写真あり) https://t.co/VIrIUsW6bW

コメントを読む(19件)

関連記事

片岡仁左衛門のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 片岡仁左衛門 / 中村歌六 / 中村獅童 / 中村壱太郎 / 中村隼人 / 中村梅花 / 片岡亀蔵 / 中村鴈治郎 / 中村扇雀 / 中村虎之介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします