宝生和英の新演出で能「復活のキリスト」を上演

10

90

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 26 50
  • 14 シェア

能楽キャラバン!宝生流東京公演「能『復活のキリスト』」が、12月25日に東京・宝生能楽堂で開催される。

日本全国 能楽キャラバン!宝生流東京公演「能『復活のキリスト』」チラシ表

大きなサイズで見る(全7件)

能「復活のキリスト」バチカン公演より。

能「復活のキリスト」は、60年前にドイツ人宣教師のヘルマン・ホイヴェルスと宝生流第十七世宗家・宝生九郎によって創作された作品。2017年には第二十代宗家・宝生和英によって復曲され、バチカンで上演された。能「隅田川」に着想を得てキリストの教えが能楽で表現される同作に、今回は宝生和英が新たな演出を施し、神事を模した舞を追加する。公演ではそのほか、金森秀祥出演の能「隅田川」、三宅右矩出演の新作狂言「十字架」を同時上演。また、李聖一神父と宝生和英による対談も行われる。

この記事の画像(全7件)

日本全国 能楽キャラバン!宝生流東京公演「能『復活のキリスト』」

2022年12月25日(日)
東京都 宝生能楽堂

対談

出演:李聖一神父、宝生和英

能「隅田川」

出演:金森秀祥 ほか

狂言「十字架」

出演:三宅右矩 ほか

能「復活のキリスト」

出演:宝生和英 ほか

読者の反応

柏木ゆげひ(朝原広基) @kashiwagiyugehi

宝生和英の新演出で能「復活のキリスト」を上演(ステージナタリー12/4) https://t.co/5idV4Oab48 「12月25日に東京・宝生能楽堂で…60年前にドイツ人宣教師のヘルマン・ホイヴェルスと宝生流第十七世宗家・宝生九郎によって創作…今回は宝生和英が新たな演出を施し、神事を模した舞を追加」

コメントを読む(10件)

宝生和英のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 宝生和英 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします