ミュージカル「エリザベート」公演中止期間を延長、帝劇千秋楽も中止に

60

1069

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 610 419
  • 40 シェア

ミュージカル「エリザベート」の明日11月25日から27日までの公演中止が決定した。

これは新型コロナウイルス感染症の影響によるもの。東京・帝国劇場で上演中の「エリザベート」では既報の通り、公演関係者に同感染症の陽性反応が確認されたため、23・24日の公演が中止になっていた。このたび新たに関係者に陽性反応が確認され、25日から帝国劇場千秋楽となる27日までの公演が中止される運びとなった。中止公演チケットの払い戻し方法については、東宝演劇部の公式サイトで確認を。

なお「エリザベート」は、12月5日から来年1月31日にかけて愛知、大阪、福岡を巡演する予定となっている。

ミュージカル「エリザベート」

2022年10月9日(日)~11月27日(日)
東京都 帝国劇場

2022年12月5日(月)~21日(水)
愛知県 御園座

2022年12月29日(木)~2023年1月3日(火)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2023年1月11日(水)~31日(火)
福岡県 博多座

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎

キャスト

エリザベート(オーストリア皇后):花總まり愛希れいか
トート(黄泉の帝王):山崎育三郎古川雄大井上芳雄
フランツ・ヨーゼフ(オーストリア皇帝):田代万里生佐藤隆紀
ルドルフ(オーストリア皇太子):甲斐翔真立石俊樹
ルドヴィカ / マダム・ヴォルフ:未来優希
ゾフィー(オーストリア皇太后):剣幸涼風真世香寿たつき
ルイジ・ルキーニ(皇后暗殺者):黒羽麻璃央上山竜治

マックス(エリザベートの父):原慎一郎
ツェップス(新聞の発行人):松井工
エルマー(ハンガリー貴族):佐々木崇
シュテファン(ハンガリー貴族):章平
ジュラ(ハンガリー貴族):加藤将
リヒテンシュタイン(女官長):秋園美緒

アンサンブルキャスト(以下男女別五十音順):朝隈濯朗、安部誠司、石川剛、奥山寛川口大地、後藤晋彦、柴原直樹、白山博基、田中秀哉、福永悠二、港幸樹、横沢健司 / 天野朋子、彩花まり、彩橋みゆ、池谷祐子、石原絵理、華妃まいあ、原広実、真記子、美麗、安岡千夏、山田裕美子、ゆめ真音

トートダンサー:乾直樹、五十嵐耕司、岡崎大樹、小南竜平、澤村亮、鈴木凌平、山野光、渡辺謙典

スウィング:廣瀬孝輔、山下麗奈

少年ルドルフ:井伊巧、西田理人、三木治人

※山崎育三郎は東京公演のみ、井上芳雄は福岡公演のみ出演。

※11月14・15日、23日から27日までの公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。
※2023年1月2日追記:12月18日から21日までの公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。12月30日17:00開演回、1月2日12:00開演回は公演関係者の体調不良で中止になりました。

読者の反応

タカラヅカ歌劇ポータル │ 宝塚歌劇・宝塚OG情報を発信中 @zukazuka_info

ミュージカル「エリザベート」公演中止期間を延長、帝劇千秋楽も中止に https://t.co/YTgcpnSOsv

コメントを読む(60件)

関連記事

もっと見る閉じる

花總まりのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 花總まり / 愛希れいか / 山崎育三郎 / 古川雄大 / 井上芳雄 / 田代万里生 / 佐藤隆紀 / 甲斐翔真 / 立石俊樹 / 未来優希 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします