舞台「文豪とアルケミスト」の第6弾「戯作者ノ奏鳴曲」主演は織田作之助役の陳内将

4

252

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 112 139
  • 1 シェア

舞台「文豪とアルケミスト 戯作者ノ奏鳴曲(ソナタ)」が、来年2月に東京、3月に大阪で上演される。

陳内将演じる織田作之助。

大きなサイズで見る

DMM GAMESで配信中の「文豪とアルケミスト」は、人々の記憶から文学が奪われる前に、特殊能力者“アルケミスト”が文豪と共に“侵蝕者”から文学書を守りぬくことを目指す、“文豪転生シミュレーションゲーム”。

その舞台版第6弾となる本作では、脚本をなるせゆうせい、演出を吉谷晃太朗が担当。出演者には織田作之助役で主演を務める陳内将をはじめ、坂口安吾役の小坂涼太郎、北原白秋役の佐藤永典が名を連ねる。また本作に、檀一雄、中野重治、徳永直、草野心平という4キャラクターが登場することも明らかに。このキャラクターたちを演じるキャストは、12月1日に発表される。

陳内が本シリーズに出演するのは、2019年に上演された舞台「文豪とアルケミスト」の第1弾「余計者ノ挽歌(エレジー)」以来。陳内は「前回出演時は太宰くんが圧倒的主演力で座組みを引っ張っていた姿がとても印象的で、あの楽しかった日々に改めて感謝いたします。今作で主演を任せて頂けるということですが、いい意味で肩の力を抜いて織田作のように気の良いお兄ちゃんとして周りを見守りつつ、支え合って作品をお届け出来る様に努めたいと思います」と意気込みを語った。

公演は来年2月17日から26日まで東京・品川プリンスホテル ステラボール、3月3日から5日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて。なお陳内、小坂、佐藤からのコメントは以下の通り。

陳内将コメント

皆さまお久しぶりでございます。

第一弾以来、再び織田作之助役で出演させて頂きます、陳内将です。前回出演時は太宰くんが圧倒的主演力で座組みを引っ張っていた姿がとても印象的で、あの楽しかった日々に改めて感謝いたします。今作で主演を任せて頂けるということですが、いい意味で肩の力を抜いて織田作のように気の良いお兄ちゃんとして周りを見守りつつ、支え合って作品をお届け出来る様に努めたいと思います。幕開けから幕閉じまでの日々、この座組を何とぞよろしくお願い致します。

小坂涼太郎コメント

約三年ぶりに!! 坂口安吾を演じさせていただきます! 小坂涼太郎です。

こうしてまた「文豪とアルケミスト」の世界に入れるのは、応援してくださっている皆様のおかげです。本当にありがとうございます!

役として初めましての方々との共演、陳内将くん演じる織田作之助とまた舞台上で言葉を交わせるのが、今からとても楽しみです!!! 応援よろしくお願いいたします!

佐藤永典コメント

二年前に出演させていただいた「綴リ人ノ輪唱」は僕にとってすごく大切な作品となりました。

そんな文劇の世界に再び北原白秋として参加できることをとても嬉しく思います。

今回は一体どんな物語や台詞達、戦いが待っているのか。楽しみでなりません!

舞台「文豪とアルケミスト 戯作者ノ奏鳴曲(ソナタ)」

2023年2月17日(金)~26日(日)
東京都 品川プリンスホテル ステラボール

2023年3月3日(金)~5日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:「文豪とアルケミスト」(DMM GAMES)
監修:DMM GAMES
世界観監修:イシイジロウ
脚本:なるせゆうせい
演出:吉谷晃太朗

キャスト

織田作之助:陳内将
檀一雄:???
坂口安吾:小坂涼太郎
北原白秋:佐藤永典
中野重治:???
徳永直:???
草野心平:???

(c)2016 EXNOA LLC / 舞台「文豪とアルケミスト」6 製作委員会

読者の反応

  • 4

@Q0gtO43etrrfg

ステージナタリー / 舞台「文豪とアルケミスト」の第6弾「戯作者ノ奏鳴曲」主演は織田作之助役の陳内将 https://t.co/O5ZOYHO2ZX https://t.co/ewCP0fS2LX

コメントを読む(4件)

関連記事

もっと見る閉じる

陳内将のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 陳内将 / 小坂涼太郎 / 佐藤永典 / なるせゆうせい / 吉谷晃太朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします