片岡愛之助・今井翼ら出演、室町時代と現代を行き来するJホラー歌舞伎「時超輪廻古井処」開幕

18

212

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 67 144
  • 1 シェア

「日本怪談歌舞伎(Jホラーかぶき)貞子×皿屋敷」が昨日10月3日に大阪・大阪松竹座で開幕した。

片岡愛之助扮する浅山鉄山。(c)松竹

大きなサイズで見る(全5件)

本公演は松竹とKADOKAWAが共同で立ち上げる歌舞伎公演。歌舞伎作品に登場する“皿屋敷伝説”と、「リング」シリーズに登場する怨霊のキャラクター・貞子がコラボレートした新作歌舞伎「時超輪廻古井処」が上演される。本作では脚本・構成をG2、演出を今井豊茂が務める。

室町時代後期、細川氏と山名氏が国を二分して争う中、細川家の国家老・浅山鉄山は天下を掌握する野望を抱く。鉄山はまず、邪魔な忠臣・船瀬三平とその許嫁・お菊を井戸に沈めて殺害するが、不思議な力に引き寄せられて自分自身も井戸に引きずり込まれてしまう。その500年後の現代、同じ井戸のそばで若者たちが謎の死を遂げていた。彼らに共通していたのは、古いVHSテープに映る同じ映像を見ていたこと。神官の室戸光は調査に乗り出すが……。物語は1つの井戸を中心に現代と室町時代を行き来して進行し、貞子”の呪いの謎を探るシーンや歌舞伎の「播州皿屋敷」の世界がクロスして描かれる。第三幕では男女蔵による立廻り、愛之助の早替りも見どころだ。

本作では片岡愛之助が悪役・浅山鉄山と細川巴之介を演じるほか、今井翼中村壱太郎中村莟玉市川男女蔵が出演。上演時間は休憩を含む約3時間で、公演は10月25日まで。

この記事の画像(全5件)

「日本怪談歌舞伎(Jホラーかぶき)貞子×皿屋敷」

2022年10月3日(月)~25日(火)
大阪府 大阪松竹座

「時超輪廻古井処」

脚本・構成:G2
演出:今井豊茂

出演

浅山鉄山 / 細川巴之介:片岡愛之助
室戸光:今井翼
お菊 / お春の方:中村壱太郎
船瀬三平 / 高松煌平:中村莟玉
山名宗全:市川男女蔵

読者の反応

大阪ニュース @Osaka_headlines

片岡愛之助・今井翼ら出演、室町時代と現代を行き来するJホラー歌舞伎「時超輪廻古井処」開幕 https://t.co/Rwtf3jxjIo

コメントを読む(18件)

関連記事

もっと見る閉じる

片岡愛之助のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 片岡愛之助 / 今井翼 / 中村壱太郎 / 中村莟玉 / 市川男女蔵 / G2 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします