性と生の関係について迫る、百瀬文の体験型パフォーマンス作品「クローラー」

4

9

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 0 9
  • 0 シェア

百瀬文「クローラー」が10月6日から10日まで、愛知・愛知県芸術劇場 小ホールにて上演される。

百瀬文「クローラー」ビジュアル

大きなサイズで見る

これは百瀬文が構成・演出・脚本を手がける体験型パフォーマンス作品。コロナ禍を経て、社会の中で不可視とされてきた声に耳を傾けつつ、性と生の関係について迫る。なお、愛知・愛知県美術館では代表作「Jokanaan」も展示上映されている。

百瀬文「クローラー」

2022年10月6日(木)~10日(月・祝)
愛知県 愛知県芸術劇場 小ホール

構成・演出・脚本:百瀬文
ナレーション:Mayumi

読者の反応

  • 4

🌸明潭動漫新聞🌸いちご甲鉄要塞🍓庫洛魔法使 @SMLNewsCaptor

[ステージナタリー]性と生の関係について迫る、百瀬文の体験型パフォーマンス作品「クローラー」 https://t.co/i5wdRLMonU

コメントを読む(4件)

関連特集

関連記事

百瀬文のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 百瀬文 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします