流派による演出の違いを堪能、「演出の様々な形」シリーズに狂言「樋の酒」・能「天鼓」

4

43

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 13 29
  • 1 シェア

11・12月に東京・国立能楽堂で令和4年国立能楽堂定例公演「演出の様々な形」が開催される。

令和4年国立能楽堂定例公演「演出の様々な形」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

「演出の様々な形」は作品の魅力と共に流派によって異なる演出が楽しめるシリーズ。2014年に始動し、9回目となる今回は狂言「樋の酒」と能「天鼓」をそれぞれ2つの流派の能楽師が披露する。

11月18日の11月定例公演には、和泉流の高野和憲、宝生流の朝倉俊樹、12月16日の12月定例公演には、大蔵流の山本則孝、金春流の本田光洋らが出演。2カ月にわたり、さまざまな演出の違いを楽しもう。チケットの販売は11月定例公演が10月10日、12月定例公演が11月10日にスタート。

この記事の画像(全2件)

令和4年国立能楽堂定例公演「演出の様々な形」

11月定例公演「樋の酒・天鼓」

2022年11月18日(金)
東京都 国立能楽堂

狂言「樋の酒」(和泉流)

シテ:高野和憲
ほか

能「天鼓 」呼出・楽器(宝生流)

シテ:朝倉俊樹

ほか

12月定例公演「樋の酒・天鼓」

2022年12月16日(金)
東京都 国立能楽堂

狂言「樋の酒」(大蔵流)

シテ:山本則孝
ほか

能「天鼓」盤渉(金春流)

シテ:本田光洋
ほか

読者の反応

  • 4

能楽一年生 @noh_kyogen

流派による演出の違いを堪能、「演出の様々な形」シリーズに狂言「樋の酒」・能「天鼓」 https://t.co/s33yvIOvwP

コメントを読む(4件)

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします