宝塚歌劇団月組「グレート・ギャツビー」東京公演まもなく、月城かなと「“宝物”と言える作品に」

35

368

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 85 252
  • 31 シェア

宝塚歌劇月組「ミュージカル『グレート・ギャツビー』-F・スコット・フィッツジェラルド作“The Great Gatsby”より-」の東京・東京宝塚劇場公演が明日9月10に開幕する。それに先駆け、本日9日に通し舞台稽古が行われた。

宝塚歌劇月組「ミュージカル『グレート・ギャツビー』-F・スコット・フィッツジェラルド作“The Great Gatsby”より-」より。

大きなサイズで見る(全8件)

宝塚歌劇団では1991年に雪組で「華麗なるギャツビー」をミュージカル化。2008年には月組が2幕ものの作品として再演した。3度目の上演となる今回は、小池修一郎の脚本・演出のもと、装いも新たに立ち上げられる。本作は7月16日に兵庫・宝塚大劇場で開幕を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で兵庫公演の初日が延期され、一部公演が中止となっていた。

宝塚歌劇月組「ミュージカル『グレート・ギャツビー』-F・スコット・フィッツジェラルド作“The Great Gatsby”より-」より。

主人公ジェイ・ギャツビーに扮する月組トップスター・月城かなとは、庶民が成り上がっていく姿を、品格と野心あふれる様子で体現。青春時代に愛したデイジー・ブキャナンと再会し、再び思いが燃え上がる様を切なくも胸に迫る芝居で好演した。相手役の海乃美月は、結婚後の夫への冷めた思いと、少女の頃の好奇心旺盛で恋に真っ直ぐなデイジーの姿を巧みに演じ分ける。演技巧者の2人によるギャツビーとデイジーの、道ならぬ恋を突き進む“危うさ”は、強い印象を残した。

宝塚歌劇月組「ミュージカル『グレート・ギャツビー』-F・スコット・フィッツジェラルド作“The Great Gatsby”より-」より。

デイジーの夫トム・ブキャナンを演じる鳳月杏は、愛人を囲う金持ち男のいやらしさと魅力を表出させ、その隣人であるニック・キャラウェイ役の風間柚乃とデイジーの親友でプロゴルファーのジョーダン・ベイカー役の彩みちるによる掛け合いも、物語に緩急を与えた。また、英真なおきがギャツビーの父として登場するシーンでは、ギャツビーがのしあがるまでの努力が描き出され、感動を誘った。

宝塚歌劇月組「ミュージカル『グレート・ギャツビー』-F・スコット・フィッツジェラルド作“The Great Gatsby”より-」より。

終演後には、月城、海乃、小池、1991年上演版で主演を務め、通し舞台稽古を観劇した杜けあき、鮎ゆうきが登壇し、囲み取材が行われた。

左から海乃美月、月城かなと、小池修一郎、杜けあき、鮎ゆうき。

小池は新旧ギャツビー&デイジーがそろったことに「私の31年間がぐわっと集まった感じがして、言葉になりません」と感激した様子。通し舞台稽古を観た杜は「しみじみと『宝塚歌劇って良いな』と実感しました。いろいろなことが起きる世の中に、このような世界は必要不可欠だと。OGとしてだけではなく、いち観客として巡り会えて良かったと思える作品です」と語る。鮎は「自分の心の奥に大切にしまっていたものに再会した懐かしさと、初めて観る新鮮な世界とで、楽しませていただきました。価値観が変わっていく中で、この作品にある“核”は変わらないのだなと思いました。出演者、関係者の皆様が『グレート・ギャツビー』を味わい尽くせるよう、心からお祈りしております」とコメントした。

月城かなと

月城は明日、東京公演の初日を迎えることと、杜、鮎の来訪に感謝を述べ、「この時代に宝塚歌劇が必要不可欠だという言葉に背中を押していただきました。振り返ったときに、海乃と共に、私たちにとっても『宝物だった』と言える作品になるように、また次の時代につないでいけるように明日から精一杯がんばって参りたいと思います」と言葉に力を込める。また、海乃は「杜さん、鮎さんにも観ていただくという機会をいただけたことにご縁があると感じており、幸せでございます」と2人に視線を向けた。

海乃美月

大切にしているシーンについて問われた月城は、「ギャツビー自身のストイックさに付いていけているのだろうかと思うときもありますが、墓場のシーンでお父さんが“息子はこういう子でした”と語るセリフを聞きながら、自分はそういう人間として演じられただろうかと毎公演、自分自身と自分が演じたギャツビーに聞いて、“気”を入れています」と明かす。また、作品のキーを「出会いの場面」という海乃は、「運命というものを私自身も新鮮に、毎公演感じながら演じられるように務めております」と言う。フィナーレについて「(物語の先にもし)どこかで出会えていたら」という思いを込めて演じているという月城と海乃。海乃は「フィナーレナンバーまでお芝居をさせていただいている感覚でやらせていただいております」と語った。

最後に小池が「処女作も杜けあきさんの主演作で、その後、私がやりたかった『グレート・ギャツビー』を杜さん主演で上演させていただき、今回は14年ぶりにやらせていただく。長い旅路ですが、彼女(月城・海乃)たちとの出会いと作品の巡り合わせがあったということに、私自身の軌跡としてうれしく思います」と言い、囲み取材を締めくくった。

公演は10月9日まで。

この記事の画像(全8件)

宝塚歌劇月組「ミュージカル『グレート・ギャツビー』-F・スコット・フィッツジェラルド作“The Great Gatsby”より-」

2022年7月16日(土)~8月22日(月)※公演終了
兵庫県 宝塚大劇場

2022年9月10日(土)~10月9日(日)
東京都 東京宝塚劇場

脚本・演出:小池修一郎
出演:月城かなと海乃美月 ほか

※7月16日から21日まで、29日から8月18日までの公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

読者の反応

タカラヅカ歌劇ポータル@宝塚歌劇・宝塚OG情報を発信中 @zukazuka_info

【公演レポート】宝塚歌劇団月組「グレート・ギャツビー」東京公演まもなく、月城かなと「“宝物”と言える作品に」(舞台写真 / コメントあり) https://t.co/t5zyMyYuot

コメントを読む(35件)

関連記事

もっと見る閉じる

月城かなとのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 月城かなと / 海乃美月 / 小池修一郎 / 宝塚歌劇団 / 鳳月杏 / 風間柚乃 / 彩みちる / 杜けあき の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします