やるっきゃない!朝夏まなとがエネルギーあふれるモダンガールに「モダン・ミリー」開幕

13

378

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 93 275
  • 10 シェア

ミュージカル「モダン・ミリー」が、本日9月7日に東京・シアタークリエで開幕。これに先駆け昨日6日に、ゲネプロが行われた。なお記事には舞台写真が多数含まれるため、ネタバレを避けたい読者は注意してほしい。

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

大きなサイズで見る(全26件)

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

本作は、1967年の映画「モダン・ミリー」を原作としたミュージカルで、2002年にトニー賞ミュージカル作品賞ほか5部門を受賞した作品。2020年4月に小林香による演出・翻訳で上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響により開幕直前に中止となった。今回は2年越しに上演が実現する。

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

舞台は1920年代のニューヨーク。ミリー(朝夏まなと)は「大切なのはロマンスよりも理性!」をモットーに田舎町からやって来た。ミリーは下宿先で知り合ったドロシー(実咲凜音)や偶然の出会いを繰り返すジミー(中河内雅貴)と仲良くなったり、玉の輿を狙って就職した会社の社長・グレイドン(廣瀬友祐)に猛アプローチしたり、世界的歌手マジー(保坂知寿)のパーティに参加したりと新生活を楽しんでいる。しかしあるとき、ドロシーが行方不明に。下宿先の女主人ミセス・ミアーズ(一路真輝)が身寄りのない女性を誘拐していると知り、ミリーたちは救出作戦を決行するが……。

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

舞台の両サイドにはニューヨークの高層ビルをイメージしたパネルが設置され、背景幕にも摩天楼が描かれた。キャストたちは1920年代をイメージしたカラフルな衣裳を身に着け、華やかなパフォーマンスを展開した。

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

物語は、軽快な音楽とダンス、出演者たちの息の合ったやり取りに乗せてテンポ良く進む。朝夏ははつらつとした演技と伸びやかなダンスで、バイタリティあふれるミリー像を具現化。タイピストとして働く様子を表すダンスシーンでは、椅子に座ったままタップシューズをにぎやかに鳴らし続けてタイプ音を表現し、観客を沸かせる。また合理的なモダンガールであろうとするミリーがジミーへの恋心を自覚する場面で、朝夏はミリーの戸惑いを豊かな表情でキュートに表現した。

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

軽薄なプレイボーイだったジミーは、ミリーとの出会いをきっかけに変わっていく。中河内はシャープなダンスで魅せつつ、ミリーに好かれようとジミーが必死にアプローチする様で観客を和ませる。実咲と廣瀬はドロシーとグレイドンが運命的な出会いを果たすシーンで、うっとりした表情を浮かべながらダイナミックなペアダンスを披露し、笑いを誘った。

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

保坂はミリーの良き相談相手となるマジーを、穏やかな語り口でチャーミングに演じる。また一路は長い三つ編みを振り回しながら人身売買の企てを語り、ミセス・ミアーズを悪役でありながら憎めない、コミカルなキャラクターとして立ち上げた。ミセス・ミアーズとマジーの対決で一路と保坂が繰り広げる、息ぴったりの掛け合いをぜひ劇場で楽しんでみては。

ミュージカル「モダン・ミリー」ゲネプロより。

開幕に際し、朝夏からのコメントも到着。朝夏は「2年と5ヶ月前、立つことができなかったセットの中に立てていることが幸せです」と公演が実現した喜びをかみ締め、「ご覧になったお客様が少しでも『前を向いて歩こう』とか『明日も頑張ろう』と思って下さるようにやるっきゃない!精神で頑張ります」と意気込みを語った。

上演時間は休憩25分を含む2時間50分を予定。東京公演は9月26日まで行われ、10月1・2日には大阪・新歌舞伎座でも上演される。

朝夏まなとコメント

2年と5ヶ月前、立つことができなかったセットの中に立てていることが幸せです。

稽古中から新キャストを含めての2022モダンミリーカンパニーが、前回よりもさらにパワーアップしようと演出の小林香さんのもと、ひとつにまとまって、この作品を楽しく元気に!お届けしたいと盛り上がっています。

ご覧になったお客様が少しでも「前を向いて歩こう」とか「明日も頑張ろう」と思って下さるようにやるっきゃない!精神で頑張ります。

この記事の画像(全26件)

もっと見る 閉じる

ミュージカル「モダン・ミリー」

2022年9月7日(水)~26日(月)
東京都 シアタークリエ

2022年10月1日(土)・2日(日)
大阪府 新歌舞伎座

脚本:リチャード・モリス、ディック・スキャンラン
新音楽:ジニーン・テソーリ
新歌詞:ディック・スキャンラン
原作 / ユニバーサル・ピクチャーズ同名映画脚本:リチャード・モリス
演出・翻訳:小林香

キャスト

ミリー・ディルモント:朝夏まなと
ジミー・スミス:中河内雅貴
ミス・ドロシー・ブラウン:実咲凜音
トレヴァー・グレイドン:廣瀬友祐
マジー・ヴァン・ホスミア:保坂知寿
ミセス・ミアーズ:一路真輝

ミス・フラナリー:入絵加奈子
バン・フー:安倍康律
チン・ホー:小野健斗

工藤広夢、砂塚健斗、高木裕和、堀部佑介、丸山泰右大月さゆ小林由佳、島田彩、高橋千佳、花岡麻里名、吉田萌美

※高橋千佳の「高」ははしご高が正式表記。

※2022年9月13日追記:9月10日から12日までの公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。また14日から当面の間、安倍康律に代わって丸山泰右がバン・フー役を務めます。

読者の反応

宮川克斗 / MIYAKAWA Katsuto @miyakawakatsuto

本日よりスタートのこちらにドラム&パーカッション&エレクトロニックパッドで参加しております!🥁

Soooooooooo HAPPYな作品を素敵な音楽で彩れるのが最幸です!

宜しくお願い致します!🔥
#モダンミリー
#モダン・ミリー https://t.co/LTQ2LbZhUa

コメントを読む(13件)

関連記事

朝夏まなとのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 朝夏まなと / 中河内雅貴 / 実咲凜音 / 廣瀬友祐 / 保坂知寿 / 一路真輝 / 入絵加奈子 / 安倍康律 / 小野健斗 / 工藤広夢 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします