ミュージカル「MEAN GIRLS」上演決定、主演の生田絵梨花「まさか叶う日が来るとは」

63

2207

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 492 1661
  • 54 シェア

生田絵梨花が主演を務めるブロードウェイミュージカル「MEAN GIRLS」が、来年1・2月に東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で上演される。

ブロードウェイミュージカル「MEAN GIRLS」ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「MEAN GIRLS」は2004年に制作されたアメリカ映画。作中では、アフリカで生まれ育った主人公ケイディが16歳で初めて学校に通い、スクールカーストトップの女の子たちと過ごす中で、笑顔の裏に隠された弱肉強食の世界に触れ、大切なことを学んでいく様子が描かれる。

2018年にブロードウェイで開幕したミュージカル版「MEAN GIRLS」では、映画版の脚本も手がけたティナ・フェイが脚本を務めたほか、音楽をジェフ・リッチモンド、作詞をニール・ベンジャミンが担当。同年のトニー賞では、作品賞、主演女優賞、脚本賞など12部門にノミネートされた。初の日本版となる今回は演出・上演台本・訳詞を小林香、ケイディ役を生田が担う。

小林は「生田さんがもともと持っている太陽のような生命力で、愛しくもアクの強い面々に囲まれて青春を生き抜いていただきたい」と生田に期待を寄せ、「私たちも抱腹絶倒のノリとカッコ良さで日本版「ミーンガールズ」をお届けいたします。皆様、劇場でお待ちしております……So Fetch!!」とメッセージを送る。

また生田は、過去に自身が「いつか『MEAN GIRLS』をやりたい」と発言していたことを振り返って「まさか叶う日が来るとは……。4年前の自分に報告してあげたいです。実際ブロードウェイに観に行き、これまで自分が関わってきた作品とはまた違うポップさやキュートさに心がときめきました。日本版『ミーンガールズ』、皆さまとどのように作っていけるのか、今から楽しみです!」とコメントした。なお本作は地方公演も行われる予定だ。詳細は続報を待とう。

小林香コメント

アフリカ育ちの女の子がアメリカのスクールカーストを闊歩する……

生田絵梨花さんの広い間口をさらに広げて振り幅の大きなユニークなキャラクターを作って頂こうと今からとっても楽しみにしています。

生田さんがもともと持っている太陽のような生命力で、愛しくもアクの強い面々に囲まれて青春を生き抜いていただきたい。

原作では、リンジー・ローハン、レイチェル・マクアダムス、アマンダ・サイフリッド、未来の大スターたちが溢れんばかりのエネルギーを輝かせ、ブロードウェイ版は笑いとパワーに満ちていました。

私たちも抱腹絶倒のノリとカッコ良さで日本版「ミーンガールズ」をお届けいたします。

皆様、劇場でお待ちしております……So Fetch!!

生田絵梨花コメント

2018年のトニー賞でノミネートされたこの作品。

当時、授賞式の番組中継のナビゲーターをさせていただいていた私は「いつか『ミーンガールズ』やりたい!」と発言していました。

まさか叶う日が来るとは……。

4年前の自分に報告してあげたいです。

実際ブロードウェイに観に行き、これまで自分が関わってきた作品とはまた違うポップさやキュートさに心がときめきました。

日本版「ミーンガールズ」、皆さまとどのように作っていけるのか、今から楽しみです!

この記事の画像(全4件)

ブロードウェイミュージカル「MEAN GIRLS」

2023年1・2月
東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
※地方公演あり

脚本:ティナ・フェイ
音楽:ジェフ・リッチモンド
作詞:ニール・ベンジャミン
演出・上演台本・訳詞:小林香
出演:生田絵梨花 ほか

読者の反応

田端@ツイッター成長請負人 @tabbata

ミュージカル「MEAN GIRLS」上演決定、主演の生田絵梨花「まさか叶う日が来るとは」(コメントあり) https://t.co/AR9Q35Wao4

コメントを読む(63件)

関連記事

生田絵梨花のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 生田絵梨花 / 小林香 / ティナ・フェイ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします