海外のステージ情報をお届け [バックナンバー]

Broadway! 2023年3月後半はリバイバルものとイギリス発の「バッド・シンデレラ」「ライフ・オブ・パイ」に注目

ジェシカ・チャステインが主演する「人形の家」も

3

51

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 3 36
  • 12 シェア

注目作が続々と開幕する、3月後半のアメリカ・ニューヨークのオンブロードウェイ。リバイバルものでは、ボブ・フォッシーが手がけたダンスパフォーマンスが堪能できる「ボブ・フォッシーズ・ダンシン」、ジョシュ・グローバンが復讐の鬼に扮する「スウィーニー・トッド」がお目見え。また、イギリスからはアンドリュー・ロイド=ウェバー作曲による新作ミュージカルの改訂版が登場するほか、躍動感あふれる人形たちが見どころの「ライフ・オブ・パイ」がオープンする。

「ボブ・フォッシーズ・ダンシン」

Bob Fosse's Dancin'

「ボブ・フォッシーズ・ダンシン」より。(Photo by Julieta Cervantes)

2023年3月19日(日)~
ミュージック・ボックス劇場

演出・ミュージカルステージング:ウェイン・シレント
振付:ボブ・フォッシー
再振付:クリスティン・コルビー・ジャック
出演:イオアナ・アルフォンソ、イエマン・ブラウン、ピーター・ジョン・チュールシン、ディリス・クロマン ほか

1978年に初演された、ボブ・フォッシーのダンス作品「ダンシン」が、オリジナルキャストであり、同作でトニー賞候補に挙がったウェイン・シレントの演出・ミュージカルステージングでよみがえる。作中では、フォッシー作品のアイコン的なナンバーとしても知られる「Sing, Sing, Sing」「Mr. Bojangles」「I Wanna Be a Dancin' Man」などを取り入れたパフォーマンスが展開する。

ミュージカル「バッド・シンデレラ」

Bad Cinderella

ミュージカル「バッド・シンデレラ」ビジュアル

2023年3月23日(木)~
インペリアル劇場

脚本:エメラルド・フェネル
作詞:デイヴィッド・ジッペル
作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
演出:ローレンス・コナー
振付:ジョアン・M・ハンター
出演:リネディ・ジェナオ、キャロリー・カーメロ、グレース・マクリーン、ジョーダン・ドブソン、サミ・ゲイル、モーガン・ヒギンズ、キャメロン・ロイヤル、クリスティーナ・アコスタ・ロビンソン ほか

2021年にイギリス・ロンドンで初演されたアンドリュー・ロイド=ウェバー作曲の新作ミュージカル「シンデレラ」は、女優や映画監督としても活動するエメラルド・フェネルが脚本を手がけ、「シンデレラ」の物語を現代版として立ち上げた作品。同作が「バッド・シンデレラ」としてアメリカに上陸する。演出はローレンス・コナー。シンデレラ役を、オンブロードウェイ初主演となるリネディ・ジェナオが務める。

ミュージカル「スウィーニー・トッド」

Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street

ミュージカル「スウィーニー・トッド」ビジュアル(Photo by Franz Szony)

2023年3月26日(日)~
ラント・フォンティーン劇場

脚本:ヒュー・ウィーラー
作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
演出:トーマス・カイル
振付:スティーヴン・ホゲット
出演:ジョシュ・グローバン、アナリー・アシュフォード ほか

ヒュー・ウィーラー脚本、スティーヴン・ソンドハイム作詞・作曲によるミュージカル。劇中では、無実にもかかわらず流罪となったベンジャミン・パーカーが、脱獄し、スウィーニー・トッドとしてロンドンのフリート街で理髪店を営みながら復讐を果たそうとする様子が描かれる。今回のトーマス・カイル演出版では、1979年のオンブロードウェイ初演以来、初めて26人体制のオーケストラで楽曲が奏でられることも話題だ。シンガーソングライターのジョシュ・グローバンがタイトルロールを演じ、彼の復讐を手助けするパイ屋のミセス・ラヴェット役でアナリー・アシュフォードが出演。

「ライフ・オブ・パイ」

Life of Pi

「ライフ・オブ・パイ」より。(Photo by Johan Persson)

2023年3月30日(木)~
ジェラルド・ショーエンフェルド劇場

原作:ヤン・マーテル
脚本:ロリータ・チャクラバーティ
楽曲:アンドリュー・T・マッケイ
演出:マックス・ウェブスター
出演:ハイラム・アベセカラ、ブライアン・トーマス・アブラハム、ラジェス・ボーズ、ニッキ・カロンジュ、フレッド・デイビス、スカーレット・ウィルダーリンク ほか

映画化(邦題「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」)もされた、ヤン・マーテルによる小説「パイの物語」の舞台版。ロリータ・チャクラバーティが脚本を手がけ、昨年のローレンス・オリヴィエ賞で5部門に輝いた作品が、オンブロードウェイ入りする。乗っていた船が沈没し、オランウータン、ハイエナ、シマウマ、ベンガルトラと共にライフボートに残された16歳の少年パイ。最終的にベンガルトラと海をさまようことになり……。2019年の初演よりパイ役を演じているハイラム・アベセカラが、今回も続投する。人形で表現される動物たちの姿にも注目だ。

バックナンバー

この記事の画像(全5件)

読者の反応

  • 3

🌸明潭動漫新聞🌸いちご甲鉄要塞🍓庫洛魔法使 @SMLNewsCaptor

[ステージナタリー]海外のステージ情報をお届け Broadway! 2023年3月後半はリバイバルものとイギリス発の「バッド・シンデレラ」「ライフ・オブ・パイ」に注目 https://t.co/WngGS1UGu3

コメントを読む(3件)

おすすめの特集・インタビュー

関連記事

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ボブ・フォッシー / エメラルド・フェネル / アンドリュー・ロイド=ウェバー / ローレンス・コナー / サミ・ゲイル / スティーヴン・ソンドハイム / ジョシュ・グローバン / アナリー・アシュフォード / ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします