カラダは正直~わたしの日々の磨き方~ Vol.12 [バックナンバー]

王下貴司と腰をいたわるストレッチ

「腰の調子がおかしいな?」と思ったらご一緒に

3

59

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 3 6
  • 50 シェア

舞台人は、日々 “身体”をどのようにケアし、磨き上げているのだろうか? ステージナタリーのコラム「カラダは正直~わたしの日々の磨き方~」では、アーティストたちに日々行っているストレッチやトレーニングを動画で披露してもらう。

今回は、東京・東京芸術劇場前のGLOBAL RING THEATRE 〈池袋西口公園野外劇場〉で行われる野外劇「嵐が丘」への出演を控えた王下貴司が登場。身ひとつで作品の世界観を巧みに表現する王下が紹介してくれるのは、「腰の調子がおかしいな?」と思ったときにやる2つのストレッチ。後半には「嵐が丘」の出演者も登場し、作品の雰囲気を届けてくれた。

普段、どんなときにストレッチやトレーニングを行っていますか?

動画のストレッチは主に稽古前や就寝前にやることが多いです。あと、稽古中の空き時間とかにもやるときはあります。

ストレッチやトレーニングのときに流す、おすすめの楽曲は?

アップで10分くらいの簡易なトレーニングをするのですが、そのときは決まった音楽を聴きながらやります。Guedra Guedraというアーティストの「Son of Sun」というEPを流します。あと、ストレッチのときは、その日の気分や体調で聴く音楽を変えたりしています。

プロフィール

1981年、広島県生まれ。ダンサー・俳優・振付家。近年の出演作に「2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”『豊饒の海』」世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009「キネマと恋人」KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~」PARCO PRODUCE 2021「ピサロ」小野寺修二 カンパニーデラシネラ「ふしぎの国のアリス」COCOON PRODUCTION 2022 NINAGAWA MEMORIAL「パンドラの鐘」など。10月17日に開幕する野外劇「嵐が丘」への出演が控える。

バックナンバー

この記事の画像・SNS投稿(全2件)

読者の反応

  • 3

@Q0gtO43etrrfg

ステージナタリー / カラダは正直~わたしの日々の磨き方~ Vol.12 王下貴司と腰をいたわるストレッチ https://t.co/y05idD0yC0 https://t.co/vO3VIp5bDO

コメントを読む(3件)

関連記事

王下貴司のほかの記事

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 王下貴司 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします