最KIYOUで悪いか?モーニング娘。’24、日本武道館でニューシングル2曲を初披露

31

2583

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 543 1992
  • 48 シェア

モーニング娘。'24の単独コンサート「モーニング娘。'24 コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL」が本日5月27日に東京・日本武道館で開催された。

「モーニング娘。'24 コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL」の様子。(提供:株式会社アップフロントグループ)

大きなサイズで見る(全7件)

卒業発表の石田亜佑美「モーニング娘。の魂が大好き」

昨年11月に卒業した譜久村聖から生田衣梨奈がリーダーの座を引き継ぎ、現在13人体制で活動しているモーニング娘。'24。今回の日本武道館ライブは今年3月にスタートした全14会場32公演におよぶ春ツアーの千秋楽で、約9000人のファンを動員した。

「モーニング娘。'24 コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL」の様子。(提供:株式会社アップフロントグループ)

メンバーたちは「One・Two・Three(23 ver.)」を皮切りに、エネルギッシュなパフォーマンスを繰りげて場内に熱気を生み出していく。グループおよびハロー!プロジェクトを卒業することを昨日5月26日に発表したサブリーダー・石田亜佑美は「一晩で本当にたくさんの応援の声、『寂しい』という声が届いて、ありがとうございます。皆さんの反応をあんまり見ると今日目が腫れる気がしたので(笑)、一旦さらっとだけ見させていただきました」と切り出し、「今回のツアーはタイトルに『MOTTO』とあって。『もっとやれる』『もっと上を目指す』など、『現状で満足するな』というメッセージを込めて全国を回ってきました。私はこのモーニング娘。の魂が大好きなんですね。私は卒業を発表しましたが、今日はツアーファイナルということで、もっともっともっとモーニング娘。の魅力を皆さんにぶつけていきます!」と笑顔で会場のファンに語りかけた。

“最KIYOU”なニューシングル初披露

石田の挨拶が終わると、彼女たちは8月14日発売の両A面シングル「なんだかセンチメンタルな時の歌 / 最KIYOU」より、児玉雨子が作詞、大久保薫が作曲を手がけた「最KIYOU」をライブ初披露。「最KIYOUで悪いか?」というパンチラインをはじめする自己肯定感全開の歌詞、ダンサブルなサウンドを生き生きと届けるメンバーの姿に会場中の観客が夢中になった。

「モーニング娘。'24 コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL」の様子。(提供:株式会社アップフロントグループ)

「モーニング娘。'24 コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL」の様子。(提供:株式会社アップフロントグループ)

メンバーを分けてのパフォーマンスブロックや怒涛のメドレーを挟み、ライブ本編は「わがまま 気のまま 愛のジョーク(23 ver.)」でフィニッシュ。場内に熱気が立ち込める中、アンコールではつんく♂が作詞作曲を手がけたニューシングルのもう1つの表題曲「なんだかセンチメンタルな時の歌」が披露された。メンバーはタイトル通り感傷的な歌詞を切なげに歌唱。観客の視線を釘付けにした。

左から野中美希、岡村ほまれ、石田亜佑美。(提供:株式会社アップフロントグループ)

なお、メンバーのうち弓桁朱琴は体調不良により公演の途中からパフォーマンスに参加していなかったが、アンコールでステージに復帰。「すごい悔しかったのでこの経験を糧にこれからもっとがんばっていこうと思います!」と話す彼女に大きな拍手が送られた。また石田は「モーニング娘。には本当に長い歴史がありますが、どの時代にもそのときならではの素敵なところがあって。今も今しかない、今の魅力があると思っています。その今を応援してくれているみんなにありがとうの気持ちを届けたいです」とファンに向けて感謝の気持ちを述べ、「最後まで本気で魂燃やして駆け抜けますので、応援よろしくお願いします!」と呼びかけた。

そして13人はファンへの思いを込めて「Be Alive」を歌い上げ、ラストに「ここにいるぜぇ!(23 ver.)」をパワフルにパフォーマンス。約2時間半、計32曲におよぶコンサートを締めくくった。なお本公演の模様をライブ配信したHuluでは、6月3日23:59まで見逃し配信を実施している。

この記事の画像(全7件)

セットリスト

「モーニング娘。'24 コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL」2024年5月27日 日本武道館

01. One・Two・Three(23 ver.)
02. Wake‐up Call~目覚めるとき~
03. Happy birthday to Me!
04. HEAVY GATE
05. 最KIYOU
06. ギューされたいだけなのに
07. 私のなんにもわかっちゃない
08. 青春小僧が泣いている
09. KOKORO&KARADA
10. 恋は時に
11. 春 ビューティフル エブリデイ
12. Style of my love
13. INDIGO BLUE LOVE
14. 彼と一緒にお店がしたい!
15. 怪傑ポジティブA
16. 色っぽい じれったい
17. ロマンスに目覚める妄想女子の歌
18. よしよししてほしいの
19. SONGS
20. Tokyoという片隅
21. 君さえ居れば何も要らない
22. Teenage Solution
23. 純情エビデンス
24. What is LOVE?(23 Ver.)
25. Are you Happy?
26. 君の代わりは居やしない
27. Password is 0
28. わがまま 気のまま 愛のジョーク(23 ver.)
<アンコール>
29. なんだかセンチメンタルな時の歌
30. HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
31. Be Alive
32. ここにいるぜぇ!(23 ver.)

読者の反応

NEMO @mtokj307

最KIYOUで悪いか?モーニング娘。’24、日本武道館でニューシングル2曲を初披露
https://t.co/MIordufXwh

コメントを読む(31件)

おすすめの特集・インタビュー

モーニング娘。'24の画像

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 モーニング娘。'24 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。