Dios初の対バンツアーが閉幕、ファイナルはDaokoとともにコラボ新曲披露

6

398

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 44 332
  • 22 シェア

Diosが対バンツアー「Dios &LIMITED Tour」の最終公演を4月4日に東京・Spotify O-EASTで開催した。「Dios &LIMITED Tour」はDiosにとって初の対バンツアー。東名阪の3カ所で行われ、くじら、Cö shu Nie、Daokoの3組が対バンゲストとしてそれぞれ出演した。ツアーファイナルでDiosとDaokoは、前日にリリースしたコラボ曲「トロイ feat.Daoko」を含め、さまざまな楽曲を披露した。

「Dios &LIMITED Tour」最終公演の様子。(Photo by Yukitaka Amemiya)

大きなサイズで見る(全14件)

Daoko

Daoko(Photo by Yukitaka Amemiya)

Daoko(Photo by Yukitaka Amemiya)

開演時刻を迎えるやいなやDaokoが登場し、「御伽の街」で会場の熱を高める。重低音の利いたトラックにコケティッシュな歌声が乗る「MAD」からフロアに揺れが広がっていき、「Spoopy」でその揺れは大きくなった。その後Daokoは「ぼく」「はじめましての気持ちを」などメロディアスな楽曲を披露。時に儚く、時にエモーショナルに歌声を聞かせる。MCでDaokoは、今回のライブ出演について「ササノマリイさんの『戯言スピーカー』を15歳の頃にカバーさせていただいて、たなかさんは同じニコラップ(ニコニコ動画に投稿されたオリジナルのラップ)出身で同郷みたいなものだと勝手に思っておりまして。なので感慨深いというか、こんなご縁もあるんだなとうれしく思います」と言葉を紡ぐ。未発表曲「天使がいたよ」ではフロアにハンドクラップが巻き起こり、会場中が一体感に包まれた。その後Daokoは「ステップアップLOVE」「打上花火」「水星」と代表的なナンバーを立て続けにパフォーマンス。ラストは「ぼくらのネットワーク」を披露し、ステージをにぎやかに締めくった。

Dios

「Dios &LIMITED Tour」最終公演の様子。(Photo by Yukitaka Amemiya)

Diosはサポートメンバーのオオツカマナミ(B)と山本晃紀(Dr / LITE)とともに姿を現し、「Bloom」でライブをスタート。たなか(Vo)の艶やかな歌声とIchika Nito(G)による流麗なギターサウンド、ササノマリィ(Key)が奏でる鍵盤の音が重なり、Diosの世界がたちまち形作られる。その後彼らは「逃避行」「鬼よ」「アンダーグラウンド」を休む間もなくパフォーマンスし、観客のボルテージを引き上げた。たなかは初めての対バンツアーについて「自分たちでキャスティングを考えるのが初めてだったんですけど、すごい楽しいね。すごくない? この人にやってほしいなと思ってお願いしたらやってくれるんだよ? ぜいたくな話だよね」と語り、「Daokoさんに負けずに僕らもぶちかましていくので、好き勝手に楽しんでください」と宣言。「ダークルーム」「花束」を経て、たなかの「次の曲は……」という言葉を受けたササノがステージ前方に進み出ると、フロアからは黄色い声が。Diosは、たなかとササノのツインボーカル曲「スタンダロン」を披露し、表情の異なる歌声で観客を魅了した。

「Dios &LIMITED Tour」最終公演の様子。(Photo by Yukitaka Amemiya)

ライブ中盤、たなかが「このツアー、みんなと祝いたいことが2つありまして……まず、結婚おめでとうございます!」と、3月に結婚を発表したIchika Nitoに向けて言うと、客席から祝福の拍手と歓声が贈られる。それを受けてIchikaは「これ、各会場で祝ってもらってるけど毎回うれしいな」と喜びながら、「これからも変わらずガンガン音楽作っていくんで、よろしくお願いします」と宣言。さらにたなかが「裏テーマがあって。3曲前に『花束』という曲をやったんですけど、実は『Ichikaおめでとう』という気持ちで歌っていて。『末長く! 末長く!』みたいな気持ちで歌ってました」と明かすと、Ichikaは驚きながら「それは普通にうれしいな」と笑みをこぼした。そしてもう1つの“祝いたいこと”はDiosのデビュー3周年。たなかは「3年も経ったんだね……これからも無限に曲を作っていきますので。今年Dios気合い入ってますんで、皆さんも付いてきてください」と意気込んだ。

「Dios &LIMITED Tour」最終公演の様子。(Photo by Yukitaka Amemiya)

その後Diosは「王」「紙飛行機」「切り裂くほどの暗闇を」とハードなサウンドの楽曲を連投。3人の演奏と歌声に負けじとオーディエンスも腕を大きく振り上げ、会場には異様な熱気が渦巻いた。それでもDiosの勢いは止まることなく、彼らは「劇場」「&疾走」「ラブレス」をプレイ。ハンドクラップやコール&レスポンスなど、さまざまな形でステージとフロアが一体になる。そして最後にDiosは「Virtual Castle」で観客の体を突き動かし、ステージをあとにした。

DiosとDaokoのコラボの様子。(Photo by Yukitaka Amemiya)

DiosとDaokoのコラボの様子。(Photo by Yukitaka Amemiya)

アンコールの拍手を受けてDiosは舞台に再登場。たなかはDaokoを呼び込むと、「今回Daokoパイセンに歌っていただいて、『トロイ』という曲が完成しました。ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べる。そしてDiosとDaokoは前日にリリースしたばかりのコラボ曲「トロイ feat.Daoko」を披露。メロウなサウンドにDaokoとたなかが美しいハーモニーを乗せ、会場を情緒的な空気に包み込んだ。最後にたなかが「今回の対バンツアー、勉強になることが多くて。次に生かせそうだなと思っておりますので、これからもさらに巨大化していくDiosをお楽しみに」と告げ、Diosは「自由」をパフォーマンス。壮大なサウンドを作り出し、初の対バンツアーに幕を下ろした。

Dios - トロイ feat.Daoko (Dios - Troy feat.Daoko / Official Audio Video)

「Dios &LIMITED Tour」Spotify O-EAST 2024年4月4日 セットリスト

Daoko

01. 御伽の街
02. MAD
03. Spoopy
04. ぼく(Re-Arrenge)
05. かけてあげる
06. はじめましての気持ちを
07. Cinderella step
08. 天使がいたよ
09. ステップアップLOVE
10. 打上花火
11. 水星
12. ぼくらのネットワーク

Dios

01. Bloom
02. 逃避行
03. 鬼よ
04. アンダーグラウンド
05. ダークルーム
06. 花束
07. スタンダロン
08. また来世
09. 王
10. 紙飛行機
11. 切り裂くほどの暗闇を
12. 劇場
13. &疾走
14. ラブレス
15. Virtual Castle
<アンコール>
16. トロイ feat.Daoko
17. 自由

この記事の画像・動画(全14件)

もっと見る 閉じる

読者の反応

  • 6

Dios @_d_i_o_s_info_

((( report )))

Dios初の対バンツアーが閉幕、ファイナルはDaokoとともにコラボ新曲披露
-音楽ナタリー(@natalie_mu )

▼記事
https://t.co/kfiJtfzQIW

ライブレポです💭

コメントを読む(6件)

おすすめの特集・インタビュー

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Dios / Daoko の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。