妖怪爆誕にUFO回避!小笠原海×船津稜雅「稜海しました!」第2弾も盛況「伝説は始まったばかり」

64

4700

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 768 3915
  • 17 シェア

超特急のカイとリョウガこと小笠原海船津稜雅のトークライブ「稜海しました!」が、昨日2月25日に東京・大手町三井ホールで行われた。

小笠原海と船津稜雅。

大きなサイズで見る(全11件)

【第1部レポート】拘束衣まとったオープニング、そして今回もジャージ

小笠原海と船津稜雅。

「稜海しました!」は、超特急のMC担当かつ“おしゃべりモンスター”の異名を持つカイとリョウガ、通称「稜海」コンビが、小笠原海と船津稜雅として行うトークライブ。昨年10月の初開催に続き、今回が第2弾の公演となる。2月3日の愛知・今池ガスホール公演を皮切りに、12日の富山・高岡市生涯学習センターホール公演を経て、この日の大手町三井ホール公演は追加公演という位置付けで実施されたもの。ステージ上にはセットなし、台本もなしというストロングスタイルは前回そのままに、巧みな話術と満点のサービス精神で来場者を楽しませた稜海。この記事では、昼夜2部にわたったライブの模様をレポートする。

稜雅の“隠し子騒動”

海と稜雅がスタイリッシュなスーツに身を包み登場した前回のオープニングムービーとは打って変わって、今回の「稜海しました!」の幕開けを飾ったのは真っ白な拘束衣を着せられた2人が廃墟でさまよう姿を捉えた、退廃的な世界観の映像。拘束を解き、お互いを見つけた2人が光の先へと進んだ瞬間、ステージには白いセットアップジャージにサンダル姿の海と稜雅が現れた。

小笠原海と船津稜雅。

稜海ファンで埋め尽くされた会場を「いつもより広いね」と眺めながら、海は「今回から、新しい生写真が出ました」と切り出す。「開口一番グッズの話すんの?(笑)」と驚く稜雅をよそに、海は頭に思い描いている「今後出したい稜海グッズ」の案を次々と披露。「お箸作りたいんだよね。先っちょに2人の顔が描いてあるの。あとは“ニコイチマグカップ”。表と裏に、稜海の顔の下半分がプリントしてあって……」と、淀みなくあふれるグッズのアイデアに客席はさっそく大盛り上がりで反応し、そのリアクションのよさに稜雅は「ごめん、サクラ雇ってる?(笑)」と疑いの目を向けていた。

開幕から7分が経過しても続々とやってくる来場者に稜雅が「遅刻者多いな!?」とツッコみ、カイが壇上から「こちらですー」と座席を逐一案内するというリラックスムードの中で進んでいくオープニングでは、それぞれのスマートフォンに届く怪しいメールの話題で盛り上がった2人。「あなたのお子様が窃盗容疑で逮捕された」というメールが届いたという稜雅は「俺の知らないところで俺の子供が窃盗した……!?」と訝しがり、海は思わず「ってか“隠し子騒動”じゃん!」と驚きの声を上げる。突飛な内容の迷惑メールを面白がる2人だったが、稜雅は「皆さんも例外じゃないですからね」と注意喚起したうえで「迷惑メールとかには騙されてほしくないけど、俺たちには騙されてます。そこの自覚は持って?(笑)」と、自分たちのトークライブに好んでやって来る熱心なファンを変わり者扱い。これには海も「(来場者は)“重症者”だからね(笑)」と同調して盛り上がっていた。

稜海と背後霊の健康的な生活

「意外とここらへんにいるかもしれない」と、腰から覗く背後霊をイメージしてみる船津稜雅(奥)。

フリーテーマで2人が20分以上しゃべり続けたオープニングを経て、最初のコーナー「稜海の妄想タイム」では、突飛な設定のトークテーマに対して稜海の2人が豊かな妄想力、発想力を発揮しながら会場を盛り上げた。まず「生まれ変われるなら何バーガーに生まれ変わりたい?」というテーマが投げかけられると、稜雅は「ダブチ(ダブルチーズバーガー)になっちゃうかな。定期的に来るのよ、マック食べたい波が。そのときに頼むのがダブチのピクルス抜き。それかサムライマック」と答える。一方の海が「二択なんですよ。月見かグラコロ」と言うと、稜雅のときよりも大きな共感の声が漏れ、さらに稜雅が「どっちも食べたことないわ」と言うと「ええー!」という声が飛ぶ。思わぬ逆風に、稜雅は「おかしくない? ここって、俺ら全肯定の場所じゃないの?(笑)」と思わずひと言。客席のリアクションに翻弄されながらも、スクリーンに映し出されたドライブスルーのメニュー画像を見ながらお気に入りのフード選びを楽しんだ2人は、最終的に「月見バーガー」(海)、「サムライマック」(稜雅)という答えを導き出した。

続いて「背後霊と仲よくするためにはどうしたらいい?」というテーマが投げかけられると、お互いに背後霊を実演しながら距離を縮める方法を探っていった2人。稜雅が「一緒にきれいなイルミネーションを見るとか?」とロマンチックな提案をすると、海は「定期的に自撮りをする。カメラアプリで“顔交換”とかしてみたくない!?」と楽しそうに想像。そして、思案するうちに酒を酌み交わすコミュニケーションを思い付くも「(霊が)清められちゃう」と気付いた海は「そうしたら塩も減らさないと。塩を控えて、お酒をやめて……。自分も健康になるし、背後霊も超うれしい!」という結論に行き着く。すると海は流れるように1歩前へと踏み出し、両手を広げながら「皆さんが健康的に暮らすことによって、私たちの背後霊と良好に過ごすことができるのです……」と、穏やかな口調で観客に語りかけた。彼の真っ白な衣装も相まって醸し出された“セミナー感”に、稜雅と観客は爆笑。稜雅は思わず「今のシーンだけネットに載せたい!(笑)」とつぶやいた。

稜海、超特急カイを褒める

続いてのコーナーは、スタッフからのリクエストに稜海が応えていく「稜海へ!コレお願いします」。このコーナーでは、「海と稜雅へ、超特急のカイをとにかく褒めちぎって」という“お願い”が稜海に投げかけられた。本名名義でのイベント「稜海しました!」では、超特急のカイとリョウガは別人格という設定を頑なに守っている2人。海が即座に「まず、彼はすごいがんばってる!」と言うと、稜雅は「ノリノリだな?」と笑いつつ「それこそバラエティとかでさ、正解がわからないチャレンジを最初にやってくれて、模範解答を出してくれるのはカイだよね」と、超特急の“先頭車両”としての頼もしさを言葉にする。すると海は「彼、ドラマを観ながら湯船に浸かるらしくて。で、1話が終わりそうなタイミングでいい感じに上がりたいから、そろそろかなと思ったときに栓を抜くらしいのね」と、本人しか知り得ないようなプライベート感満載のエピソードを披露。「でもネット配信のドラマ、特に韓国ドラマとかだと思ったより1話が長くて、すっぽんぽんのカイが空の浴槽に横たわってるときがけっこうあるらしくて(笑)。最後まで観たいからそのまま観るらしいんだけど、結局ちょっと寒くなってるのがかわいいな、愛らしいなって」と続け、微かに照れ笑いを浮かべる。その後も稜雅から「ライブのリハーサルでのカメラ位置確認のとき、全力でカメラマンさんに手を振り返す」「隙がないように見えて意外と弱点がある。鎖骨を触られるのが弱かったり、コーンが食べられなかったり」といったエピソードが上がるたびに、客席からは「かわいい!」の声が。カイの魅力をたっぷりと浴びた海は「ギャップみたいな部分がある人なのかな。魅力が尽きない、いいところだらけですね!」と、笑顔でコーナーをまとめていた。

稜雅が生み出した妖怪

妖怪おぶつきばばあ(船津稜雅)に“おぶつかれた”小笠原海。

第1部の最後に用意されていたのは、来場者から集めた質問に稜海が次々と答えていく「稜海質問コーナー」。稜海いわく「俺たちに騙されている」熱心な稜海フリークたちの質問は日常生活にまつわるニッチなトピックや人生相談など多岐にわたったが、稜海はときに質問者と直でやりとりをしながら、真摯に楽しく1つひとつの問いかけに答えていった。「お互いを犬か猫に例えるなら?」という質問に稜雅が「海ってどっちの要素もあるよね。だからミックスだ。犬猫のミックス」と言うと、対する海も「稜雅さんも犬っぽいところ、猫っぽいところ、両方ある」と応じ、結果的に「海は顔が猫、体が犬のミックス、稜雅は顔が犬、体が猫のミックス」という回答に着地。稜海の自由な発想が炸裂する中、このコーナーで最も波乱を呼んだのは「好きな妖怪はなんですか? 私は『すねこすり』です」という質問だった。

前提としてどんな妖怪がいるのかを確かめながら話を進める中、話題をリードしたのは稜雅。いくつか妖怪の名前を挙げたのち、彼は突然「だっこばばあ? おぶつきばばあ?っていう妖怪いるよね?」と客席に語りかけた。「おぶつきばばあ」という聞き慣れない名前に、その場の全員がクエスチョンマークを浮かべる中、はっとした表情を浮かべた稜雅は「違う、子泣きじじいだ。子泣きじじいと砂かけばばあが混ざった!(笑)」とひと言。まさかの展開に海は崩れ落ちて大笑いし「一番好きなのは、おぶつきばばあです!」と、稜雅が生み出したおぶつきばばあを“推し妖怪”として挙げる。会場がこの日一番の笑いに包まれる中、稜雅はおぶつきばばあが人間に取り憑く様子も実演して、さらなる笑顔を誘っていた。

“親指消失マジック”で、船津稜雅の親指が小笠原海の足を伝って移動する様子。

質問コーナーの最後に投げかけられたのは「マンガのまとめ買い、電子か紙か迷っています。どちらがいいと思いますか?」という質問。「基本電子」という稜雅だが「『浦安鉄筋家族』だけは全巻単行本でそろえた」と明かし、海も「今になって『HUNTER×HUNTER』をちゃんと読んでる」と、最近のマンガ事情を明かした。稜雅が「電子」、海が「紙」を推したところで、ライブはエンディングへ。「緊張するかと思ったらまったくそんなことなく、惰性のままでいられたので楽しかったですね」と稜雅がまとめると、海も「本番2分前くらいまで楽屋にいるんですよ(笑)。本当に何も考えずしゃべってるし、何も推敲せずに出て来る言葉だから」と続く。2人が挨拶をしてステージから姿を消すと、スクリーンには“緊急告知”として「『稜海しました!』LINEスタンプ制作予定!」という知らせが映し出された。

次のページ
【第2部レポート】稜雅のパパはフラットアーサー

読者の反応

ほ🧸ྀི @Hono12__

クレッシェンド風に撮ってるのやばいwwww https://t.co/INZ2Y7FFh4

コメントを読む(64件)

おすすめの特集・インタビュー

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 超特急 / 小笠原海 / 船津稜雅 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。