「2022 MAMA」でスキズ、JO1、TXT、ルセラ、Kep1erら競演!“第4世代”コラボはあの曲で大団円

9

1968

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 502 1465
  • 1 シェア

CJ ENMが主催する音楽授賞式「2022 MAMA AWARDS」が、11月29日から2日間にわたり大阪・京セラドーム大阪で開催されている。本稿では、開幕日である昨日29日公演の模様をレポートする。

Stray Kids (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

大きなサイズで見る(全29件)

「2022 MAMA AWARDS」は、MnetおよびMnet Smartを運営するCJ ENMが主催するアジア最大級の音楽授賞式。初日であるこの日は、Stray KidsTOMORROW X TOGETHERJO1Kep1er、HYOLYN(ヒョリン)、Forestella、 BIBI、NMIXXLE SSERAFIM、STREET MAN FIGHTER、KARA、DKZらがパフォーミングアーティストとしてライナップされた。

オープニングの様子。 (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

オープニングでは、「2022 MAMA」のホストを務めるチョン・ソミや、ダンスサバイバル番組「STREET WOMAN FIGHTER」で名を上げたダンサー・LEEJUNG LEEを筆頭にSEVENTEENの「HOT」、TWICEの「Talk that Talk」、NCT 127の「2 Baddies」、TREASUREの「JIKJIN」、ATEEZの「Guerrilla」、BLACKPINKの「Pink Venom」など、2022年のヒットナンバーを次から次へとダンスカバー。今年を代表する楽曲がノンストップで繰り出され、客席のみならずアーティスト席も大盛り上がり。この日の出演者だけでなく、IVEやTREASUREなど“DAY2”のパフォーミングアーティストたちも音楽に身を委ねて体を揺らした。

NMIXXのステージの様子。 (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

この1年を総括するかのような豪華絢爛なオープニングを経て、授賞式はNMIXXのステージで口火が切られた。航海中の船を思わせるセットをバックに、彼女たちはデビュー曲「O.O」をパワフルにパフォーマンス。続く「DICE」ではステージ奥に設置されたセットの最上部にギュジンが1人で姿を現し、客席を見下ろしながら高笑いを響かせ観客の心を鷲掴みにした。

DKZ (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

BIBIとHYOLYNのステージの様子。 (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

Mnet Plusのオリジナルコンテンツ「ROAD TO MAMA AWARDS」で優勝を果たし、「MAMA」への出場権を勝ち取ったのはDKZ。「THE FINAL DESTINATION」と題された彼らのステージでは、ジェチャンがバイクに跨りスタンバイする演出や、獰猛な虎が荒々しく直進する映像を背に「Uh-Heung」を歌い踊る激しいパフォーマンスが展開され、会場のボルテージが急速に高まった。ヒョリンとBIBIのステージは、京セラドームの上空をフライングしたり、バスタブを模したセットの中から挑発的な眼差しを送ったりするインパクト大の演出で幕開け。ヒョリンが「Layin' Low」、BIBIが「Vengeance」を貫禄たっぷりに披露したのち、2人は各自の持ち歌である「youknowbetter」「LAW」のコラボパフォーマンスでオーディエンスを釘付けにした。

JO1のステージの様子。 (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

JO1のステージは川西拓実、豆原一成、川尻蓮の3人による流麗なダンスで幕を開けた。禍々しい石膏像と仮面の映像が交互に映し出される中、11人は一糸乱れぬ群舞で観客を圧倒。仮面舞踏会を彷彿とさせるマスクを装着したオーケストラ隊は荘厳な音色を奏で、「SuperCali」の妖しさや神秘性を増幅させた。バイオリニストと目線を交わす白岩瑠姫のパートや、白い仮面を装着したダンサーたちが一斉にその場に倒れ込むラストシーンなど「MAMA」ならではの演出でステージを掌握した。

LE SSERAFIM (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

LE SSERAFIMは、ホワイト基調の装いにシンクロするかのような雪山を思わせるステージで「ANTIFRAGILE」をパフォーマンス。無数の火花が噴出される中でダンスブレイクを展開し、そのまま「FEARLESS」のステージへ。大勢のダンサーとともに巨大なV字を形作るなど、くるくるとフォーメーションを変えながら楽曲の世界観を鮮やかに表現した。

Kep1er (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

2幕のトップバッターを飾ったのはKep1er。「Up!」や「We Fresh」など、今年1月のデビュー以降、キュートなコンセプトの楽曲でカムバックしてきた彼女たちだが、「MAMA」のステージは、そうしたイメージを覆す「THE GIRLS(Can't turn me down)」でスタートした。キレのある激しい振付も完璧にこなしてポテンシャルの高さを垣間見せた彼女たちは、その後はクールな表情から一転、弾けるような笑顔でデビュー曲「WA DA DA」を披露。Kep1erを代表するエナジーあふれるキャッチーなこの曲をエンジン全開で歌い届け、グループとしての振れ幅の広さをアピールした。

Forestellaのステージの様子。 (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

STREET MAN FIGHTERクルー (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

Forestellaは黒いマントを纏い、4つのスポットライトに照らされながらステージへ。激しい炎が燃え盛る映像を背に、BTSの人気曲「FAKE LOVE」を重厚なハーモニーでカバー。日本人の作曲家が手がけた楽曲「Save our lives」では感情を爆発させるようなダイナミックな歌声で京セラドームを包み込んだ。Mnetで放送されていたダンスサバイバル番組「STREET MAN FIGHTER」に出演したJUSTJERK、WE DEM BOYZ、MBITIOUS、YGXらからなるSTREET MAN FIGHTERクルーによるステージでは、同番組のMCを務めたKANGDANIEL(カンダニエル)も登場し会場の熱狂を大いに煽った。

開催前から大きな話題を呼んでいたのは、IVE、Kep1er、NMIXX、LE SSERAFIM、NewJeansという“第4世代”のガールズグループ5組が一堂に会するコラボステージ。各グループのデビュー曲がメンバーシャッフルで披露されることは事前に予告されていたものの、そのメンバー構成は明かされていなかった。会場の期待が渦巻く中、ステージに各グループが登場すると、IVEの「ELEVEN」をウォニョン(IVE)、DANIELLE(NewJeans)、シャオティンとヒュニンバヒエ(Kep1er)、SAKURA(LE SSERAFIM)、ソリュン(NMIXX)が、LE SSERAFIMの「FEARLESS」をHUH YUNJIN(LE SSERAFIM)、ユジン(IVE)、ヨンウン(Kep1er)、HYEIN(NewJeans)、ベイ(NMIXX)が、NMIXXの「O.O」をリリーとジニ(NMIXX)、ガウル(IVE)、イェソとダヨン(Kep1er)、MINJI(NewJeans)、KAZUHA(LE SSERAFIM)がパフォーマンス。そしてKep1erの「WA DA DA」にはチェヒョン、ヒカル、マシロ(Kep1er)、レイとリズ(IVE)、HONG EUNCHAE(LE SSERAFIM)、HANNI(NewJeans)、へウォンとジウ(NMIXX)が、NewJeansの「Hype Boy」にはHAERIN(NewJeans)、イソ(IVE)、ユジン(Kep1er)、ギュジン(NMIXX)、KIM CHAEWON(LE SSERAFIM)が参加した。ノンストップで繰り出されるサプライズステージに息つく間もなく、ラストは32名全員でTWICEのヒット曲「CHEER UP」を披露し大団円。「MAMA」ならではの大胆なコラボで場内のボルテージは最高潮に達した。

TOMORROW X TOGETHER (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

TOMORROW X TOGETHERは、無数のロウソクが灯された教会のようなセットを背に「Opening Sequence」をロマンチックに踊り、開始間も無くオーディエンスを幻想的な世界観へ誘った。楽曲の終盤には背後のセットが真っ二つに割れ、YEONJUNがステージ奥の暗闇の中へ。しばらくすると、彼は再びステージに現れHUENINGKAIとのユニット曲「Lonely Boy」のソロパフォーマンスを繰り広げる。恋焦がれるかのような情熱的なダンスでオーディエンスを釘付けにしたのち、最後は5人で「Good Boy Gone Bad」のステージを展開。純白の布を目隠しに見立てる妖艶なパフォーマンスで、会場の悲鳴を引き出した。

KARA (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

KARAはこの日の「MAMA」で、約7年ぶりの“完全体カムバック”を果たした。煌びやかなシルバーの衣装に身を包み、2010年から2011年にかけてリリースした「Lupin」「STEP」「ミスター」というヒット曲の数々をメドレーで披露。その後は「MAMA」の同日にリリースされたデビュー15周年記念アルバム「MOVE AGAIN」のリード曲「WHEN I MOVE」で華やかなステージを繰り広げ、確かなキャリアと貫禄を十二分に示した。

Stray Kidsのステージの様子。 (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

フィナーレを飾ったのはStray Kids。グリッチがかかる小さなモニターをマスク代わりに装着したダンサーたちが縦横無尽にステージを駆け回る中、彼らをかき分けてメンバーたちが続々とステージに現れる。ヒョンジンは、毒々しい緑色の光を放つ巨大な蜘蛛のようなクリーチャーが映し出されたステージ上空から宙に吊られてステージへ。Stray Kidsらしいダイナミックで奇抜な演出で「VENOM」を激しく歌い踊る。「MANIAC」では、光のチューブがあちこちにぶら下がる円柱型の巨大カプセルの中からフィリックスが飛び出し、会場は大盛り上がり。楽曲のクライマックスで8人は、黒いマスクを装着した無数のダンサーたちを従えてセンターステージへ続く花道を全力疾走。自身の「MAMA」のステージを「会場を奇怪な実験室に見立てたパフォーマンス」と予告していた彼らの言葉通り、見る人の度肝を抜く演出の数々で会場を沸き立たせ、圧巻のステージで「MAMA」のDAY1を締めくくった。

「2022 MAMA AWARDS」の様子。(c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

この記事の画像(全29件)

もっと見る 閉じる

読者の反応

  • 9

JO1情報更新 @JO1_JAM_info

2

🏆『2022 MAMA AWARDS』関連 JO1

ザテレビジョン
✔︎ https://t.co/sAw8wAQOP2
✔︎ https://t.co/9ofiEwIi0P
マイナビニュース
✔︎ https://t.co/xgM1pKGVIL
Spotify kpop
✔︎ https://t.co/vRs5mDOjr1
GYAO!
✔︎ https://t.co/7jls32yYKM
音楽ナタリー
✔︎ https://t.co/OKRdYc09ZL

コメントを読む(9件)

関連記事

もっと見る閉じる

Stray Kidsのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Stray Kids / TOMORROW X TOGETHER / JO1 / Kep1er / NMIXX / LE SSERAFIM / KARA / SEVENTEEN / TWICE / NCT 127 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。