ネクライトーキーの夏これにて終了!石風呂の曲をたっぷり披露したツアー、大阪で幕

3

395

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 57 336
  • 2 シェア

ネクライトーキーが9月29日に全国ツアー「ゴーゴーメモリーズ!2022 夏」の振替公演を大阪・BIGCATで開催し、ファイナルを迎えた。

ネクライトーキー(撮影:キムラユキ)

大きなサイズで見る(全77件)

BIGCAT公演はもともと8月4日に開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期に。ネクライトーキーは8月18日に東京・LIQUIDROOMで一旦ツアーファイナルを迎えたが、延期となっていた青森・青森Quarter公演、宮城・darwin公演、愛知・THE BOTTOM LINE公演を9月に行い、メンバーの大半の地元である関西でツアーを締めくくることとなった。

もっさ(Vo, G)(撮影:キムラユキ)

カズマ・タケイ(Dr)(撮影:キムラユキ)

中村郁香(Key)(撮影:キムラユキ)

ネクライトーキーは序盤に「魔法電車とキライちゃん」「ゆるふわ樹海ガール」を連投。6月に発売された朝日のボカロP名義である石風呂の楽曲のセルフカバー作品「MEMORIES2」のリリースツアーということもあり、石風呂楽曲のセルフカバーでライブの幕を開ける。朝日がテンション高く声を上げ、もっさ(Vo, G)がGibsonのファイヤーバードをかき鳴らすと、観客はバンドの演奏に身を任せ、心地よさそうに体を揺らし、拳を掲げた。その後「北上のススメ」「オシャレ大作戦」というネクライトーキーのオリジナル曲の中でも人気の高い曲が続く流れになり、「オシャレ大作戦」ではカズマ・タケイ(Dr)、中村郁香(Key)のソロを織り交ぜた小気味よい楽曲展開に会場全体の熱気が一段と高まった。もっさは「『ゴーゴーメモリーズ!2022 夏』ですが夏ももう終わりですね」と話し、「地元のツアーファイナルうれしいなってしみじみ。だから今日は楽しむよ!」と宣言した。

朝日(G)(撮影:キムラユキ)

藤田(B)(撮影:キムラユキ)

ライブ中盤には朝日が「魂のBPM140に、体を縦に揺らすだけで曲に参加できる。準備はいいですかー!」と煽り、「誰が為にCHAKAPOCOは鳴る」へ。SEとして観客の歓声を用意するという演出も相まって、フロアは大きく盛り上がった。もっさはMCのことを「曲の合間にしゃべるタイムを挟む」とつぶやいてMCコーナーに入り、関西のローカルトークを展開。その後、キャッチーなメロディが突き抜けるような爽快感をもたらす「こんがらがった!」や、藤田(B)の熱唱にも湧いた「壊れぬハートが欲しいのだ」を披露した。MCで朝日は改めて「MEMORIES2」が石風呂楽曲のセルフカバー作品であることを伝え、「実家の玄関近くにある家族共用のパソコンで作って、インターネット上に発表して、オンラインで完結していた(石風呂時代の)曲が、まさかBIGCATで発表できるとは。夢には見ていましたが実現するとは。本当にうれしいです」と語る。そしてライブらしい躍動感のあるアレンジで届けられた「はよファズ踏めや」に続き、石風呂曲の「午前3時のヘッドフォン」「あの子は竜に逢う」「深夜の街にて」が続けて披露された。朝日は「午前3時のヘッドフォン」が石風呂時代には“影の薄い曲”だったと振り返りつつも、ツアー各地で演奏することで「改めて好きになった曲」だと再評価していた。

日本松ひとみ(撮影:キムラユキ)

ライブ後半には「MEMORIES2」のリード曲「君はいなせなガール」でコラボした元東京カランコロンのせんせいこと日本松ひとみがゲストボーカルとして登場し、セッションが展開される。朝日は「最高やないか!」と歓喜し、日本松を見送ったあと、「まだまだライブは続くぜ!」と観客を煽動。ラストスパートとばかりに「夕暮れ先生」「サカナぐらし」と石風呂の曲を畳みかけ、ラストを石風呂名義で昨年発表された「だれかとぼくら」で飾った。

ネクライトーキーと日本松ひとみ。(撮影:キムラユキ)

ネクライトーキー(撮影:キムラユキ)

アンコールを求める拍手に応えてステージに舞い戻ったネクライトーキーは、ライブ翌日にあたる9月30日に「君はいなせなガール」の藤田ボーカルバージョンが配信リリースされることを発表。さらに11月に始まる対バンツアー「オーキートーキーvol.5」の開催を告知した。朝日は「20歳から続けてきた石風呂の活動。その中で俺が一番大切にしている楽曲を、最後に披露してもよろしいでしょうか!」と呼びかけ、大きな拍手が巻き起こる中で「ティーンエイジ・ネクラポップ」を投下してフィニッシュ。石風呂とネクライトーキーの楽曲で構成されたレアなツアーは大盛況のうちに幕を閉じた。

なお11月より行われる対バンツアー「オーキートーキーvol.5」の対バン相手にはWienners、オメでたい頭でなにより、板歯目、突然少年、Hump Backがラインナップされている。チケットは各種プレイガイドで発売中。

この記事の画像(全77件)

もっと見る 閉じる

ネクライトーキー「ゴーゴーメモリーズ!2022 夏」2022年9月29日 大阪・BIGCAT セットリスト

01. 魔法電車とキライちゃん
02. ゆるふわ樹海ガール
03. 北上のススメ
04. オシャレ大作戦
05. ロック屋さんのぐだぐだ毎日
06. きらいな人
07. 誰が為にCHAKAPOCOは鳴る
08. こんがらがった!
09. 朝焼けの中で
10. 壊れぬハートが欲しいのだ
11. はよファズ踏めや
12. 午前3時のヘッドフォン
13. あの子は竜に逢う
14. 深夜の街にて
15. 大事なことは大事にできたら
16. 続・かえるくんの冒険
17. 君はいなせなガール
18. 夕暮れ先生
19. サカナぐらし
20. だれかとぼくら
<アンコール>
21. ティーンエイジ・ネクラポップ

オーキートーキーvol.5

2022年11月16日(水)愛知県 ElectricLadyLand
<出演者>
ネクライトーキー / Wienners

2022年11月17日(木)大阪府 BananaHall
<出演者>
ネクライトーキー / オメでたい頭でなにより

2022年11月20日(日)福岡県 DRUM Be-1
<出演者>
ネクライトーキー / 板歯目

2022年11月25日(金)北海道 BESSIE HALL
<出演者>
ネクライトーキー / 突然少年

2022年12月8日(木)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
<出演者>
ネクライトーキー / Hump Back

読者の反応

  • 3

J_ROCKNews @J_ROCKNews

ネクライトーキーの夏これにて終了!石風呂の曲をたっぷり披露したツアー、大阪で幕 https://t.co/El0HCS7UgW

コメントを読む(3件)

関連記事

ネクライトーキーのほかの記事

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ネクライトーキー の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。