吉田山田の夏祭り、今年も大盛況「次に一緒に歌える日まで歌い続ける」

吉田山田が8月7日に東京・上野水上野外音楽堂にて「吉田山田祭り2022」を開催した。

山田義孝(Vo)(撮影:白石達也)

開演時間を迎えると、吉田山田の2人は夏らしく浴衣姿でステージに登場。彼らは昨年の「吉田山田祭り2021」の最後に披露した「約束のマーチ」を弾き語りで歌い始める。昨年の「祭り」で「また来年も会えるかな。叶うかわからないけど、約束しよう」と呼びかけていた山田義孝(Vo)は、ファンとの約束を果たすことができた喜びを噛み締めながら渾身の歌声をオーディエンスに届けた。「OK」の歌唱中には山田がOKサインを掲げたり、ボディランゲージで「U・E・N・O」の文字を作ったり、オーディエンスが声が出せない代わりに体を目一杯使ったパフォーマンスで観る者を楽しませていた。最新アルバムの表題曲「愛された記憶」では「夏の空に風が吹いて 今あなたがここにいて 何してたの 元気にしてたかい 目一杯今日は楽しもうね」と歌詞を変えてファンを歓迎した。

吉田結威(G, Vo)(撮影:白石達也)

吉田結威(G, Vo)は「いろんな気持ちを持ってこの会場に来てくれたと思いますが、来たからには最高の夏の思い出にして帰って欲しいなと思います!」とファンに挨拶。「吉田山田祭り」では吉田山田がバンドメンバーを迎えて演奏するのが恒例となっており、平畑徹也(Key)を迎えて「キミに会いたいな」、さらに室屋光一郎(Violin)を加えて「カシスオレンジ」と、徐々に演奏人数を増やして楽曲が届けられた。

吉田山田「吉田山田祭り2022」の様子。(撮影:白石達也)

平畑と室屋に加え、高間有一(B)、佐治宣英(Dr)、草刈浩司(G)というサポートメンバーに囲まれた吉田山田は「世界が変わる」「好き好き大好き」の2曲を立て続けにパフォーマンス。4月から6月にかけて開催された弾き語りツアー「愛された記憶」のセットリストを彷彿とさせる流れでありつつ、弾き語りとは異なる重厚なアンサンブルで楽曲の新たな魅力を提示していく。

吉田結威(G, Vo)(撮影:白石達也)

山田義孝(Vo)(撮影:白石達也)

ライブ中盤、涼しげな風が会場内に吹き込む中で披露されたのは、彼らの代表曲「日々」。さらに冬のバラード曲「メリーゴーランド」をしっとりと歌い上げ、会場内をクールダウンさせた吉田山田は、サプライズ発表としてデビュー記念日・10月21日にライブを開催することを発表した。会場内が拍手に包まれると、彼らは13年前にリリースしたデビューシングル「ガムシャランナー」を披露し、「祭り」の終盤に向けてライブを盛り上げていった。

吉田山田(撮影:白石達也)

法被を身にまとった吉田が和太鼓を叩き、山田が篠笛を吹くと一気に“お祭りムード”に拍車がかかり、彼らは毎年恒例の「夏のペダル」を“吉田山田祭りアレンジ”で演奏。2人は声を出せないオーディエンスの分まで「ワッショイ! ワッショイ!」と声を張り上げ、会場内の一体感を高めた。最後のMCで山田は「この蝉の声も聞くと込み上げてくるものが……」と何年も続けている野外ライブへの思いを語り始め、「幸せです」と自信の気持ちを素直に打ち明ける。吉田は「次はあなたがずっと来たかったライブを我慢する日が来るかもしれない。そうなったら今日のことを思い出してほしいし、次に一緒に歌える、踊れる、騒げる日が来るまで。その日まで、歌を歌い続けて、音楽を作り続けて、活動していきます」と、アーティストとしての覚悟を口にした。

なおSpotifyでは本公演のセットリストを再現したプレイリストが公開されている。

この記事の画像(全25件)

もっと見る 閉じる

吉田山田「吉田山田祭り2022」2022年8月7日 東京都 上野水上野外音楽堂 セットリスト

01. 約束のマーチ
02. OK
03. 愛された記憶
04. キミに会いたいな
05. カシスオレンジ
06. 世界が変わる
07. 好き好き大好き
08. もやし
09. 新しい世界へ
10. 街
11. 日々
12. メリーゴーランド
13. ガムシャランナー
14. 涙の海
15. 才能開花前夜
16. 夏のペダル
17. 魔法のような

吉田山田デビュー13周年記念ライブ

2022年10月21日(金)東京都 品川インターシティホール
OPEN 18:00 / START 19:00

吉田山田のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 吉田山田 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。