パンチライン・オブ・ザ・イヤー2021 (後編) [バックナンバー]

DADA、guca owl、Watson、Meta Flower……多彩な才能が台頭する中で選ばれた“パンチライン”は?

言葉という観点からシーンを振り返る日本語ラップ座談会

12

121

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 35 83
  • 3 シェア

「2021年もっともパンチラインだったリリックは何か?」をテーマに、二木信、渡辺志保、YYK、MINORIという4人の有識者たちが日本語ラップについて語り合う企画「パンチライン・オブ・ザ・イヤー2021」。前編の記事ではLEXKOWICHI、C.O.S.A.、Awichらのリリックについてそれぞれが意見を交わしたが、後編ではいよいよ2021年の一番のパンチラインを決定する。

取材・/ 三浦良純 題字 / SITE(Ghetto Hollywood)

KOHHを彷彿とさせるDADA

渡辺志保 去年ヒットした人と言えばDADA。彼の代表曲である「High School Dropout」から「ずっと鳴りっぱなし家の電話 クシャクシャになった金を拾った 弟2人にミルクあげた 小さい身体でママ抱きしめた お前の代わりに働いたし 聴いてくれよ I'm real. dear パパ 何度も言うんだよママが 愛してるって言うママが 何度も言い聞かせるんだdada 大丈夫ってさママ」と長めにヴァースを抜きました。DADAは「Pussy」という曲で2018年にブレイクした太郎忍者のお兄さんなんですが、これも聴き入ってしまいました。

二木信 母親への愛ですね。

渡辺 「ずっと鳴りっぱなし家の電話 クシャクシャになった金を拾った」というリリックからは彼の破綻した家庭が見えてくるわけですが、「お前の代わりに働いたし 聴いてくれよ I’m real. dear パパ」という不在の父親に対する言葉に続けて、「何度も言い聞かせるんだdada」とラップしている。ご自身のMCネームもDADAなわけで、父親という存在を自分の中に落とし込んでるのかなと。

YYK DADAってそういう意味なんですね。

渡辺 DADAはただのエモラッパーではなくて、リル・ウージー・ヴァートの「XO Tour Llif3」を彷彿とさせるような絶望感、厭世的な感じがすごく強く出ている。今の若いラッパーは友達と一緒にいると言いたがるんですけど、DADAは「Void」という曲では「もう要らないfriends」と歌っていて、すごく寂しい感じを受けたんですよね。「High School Dropout」の「愛見えないから身体に描いた」というラインの通り、彼は本当に「愛」ってタトゥーを胸に入れているんですけど、その渇望感が魅力なのかなと。家族や愛を歌うという点で、初期のKOHHを彷彿とさせるところもあります。KOHHも今はいない父親の名前をMCネームにしてるし。

二木 DADAはこの曲が一番のヒット曲なんですか?

渡辺 TikTokでめちゃくちゃ使われてるんですよね。女子高生がメイクしてる動画とかでも使われていたりして(笑)。いったいこれはどういう現象なんだと。

二木 LEXやDADAがTikTokで流行るのはどういうことなんですかね。

渡辺 舐達麻とかもそうだと思うんですけど、過激な表現というか、違う世界の描写が多いからこそ伸びてるんですかね? TikTokで何がどう流行るかは、本当に分からないです。

ヒップホップの詩人たち

MINORI 私は若手だとguca owlの音源に何周もしてしまうほどハマっていて、「High Wall」という曲の「過去には感謝してる 愛してやれねぇが感謝してる」というラインを選びました。この曲が収録されている「past & highway」は1枚通して映画みたいで統一感があるし、ビートも声の出し方も全部合っていて。

二木 guca owlは声がすごくいいし、インディーロックやフォークを聴いてる人にも刺さる気がします。

YYK 最初に「今夜はハダシデ」を聴いたときにこの人は売れるなって思いましたね(笑)。ビデオも含めて全体的に完成度が高いし、明らかにプロフェッショナルじゃないですか。音もアートワークも凝ってるし、アマチュア感がない。MINORIさんが言ってた映画みたいっていうのはその通りで、情景が浮かんでくるような描写が多いですよね。実際に映画好きなんだと思います。僕がguca owlで選んだのは「Am Right?」という曲の「きっと間違いも犯すだろう 俺のことだから何度でも 雨上がりヒロユキミヤサコ 足は止めずにそれでも行こう」というライン。これもギャグみたいなリリックなんですけど(笑)。

二木 「間違いを犯す」から宮迫が思い浮かんだのかな。

渡辺 「雨上がり」という言葉から連想したのかもしれませんね(笑)。

YYK guca owlは時事ネタをけっこう取り入れるんですよね。RedBullのサイファー企画「RASEN」でも時事ネタを取り入れたラップでカマしていたし。

二木 「High Wall」のMVではアジアンヘイトへの抗議を打ち出す場面があります。

YYK 詩的なうえにコンシャスなんですよね。

二木 guca owlと同じように詩的で自分の内面を歌うラッパーとしての表現力を持っている人としては、Watsonもズバ抜けているなと思いました。「ヒップホップの詩人たち」という都築響一さんの本がありましたけど、その本のタイトルを借りれば、Watsonはまさに“ヒップホップの詩人”だなと。まず 「thin gold chain」というEPはタイトルからしてすごくいいんですが、その中の「18K」という曲から「人の目とか少しは気になる方」というラインを選びました。「俺らは他人の目なんて気にしてねぇ」みたいなリリックはここ数年ですごく増えたと思うんですよ。でも、みんな他人の目を気にしてるからこそ「気にしてない」って強がってラップしてるわけで、Watsonはそこで「人の目とか少しは気になる方」と率直に吐露している。その視点がすごくいいなと。

YYK 僕はWatsonで選んだのは「Look」という曲の「自分で証明するイケてること そこには関係ないよパイパンかボーボー」というライン(笑)。見た目は関係ないという話でも、例えば「坊主かドレッド」だったらわかるじゃないですか。でも「パイパンかボーボー」は意味がわからない(笑)。ラップってそういうわけがわからない言葉の面白さもあるんですよね。この曲では「最低100円ばっかで賭けてる競艇 横になって過ごす時間が多め」というラインも面白くて。ラッパーだったら「俺は寝ない」って言うところなんですけど、普通に寝ちゃってるし、ギャンブルやるにしても競艇っていう(笑)。Watsonってフェイスタトゥーが入ってて、見た目は普通にストリートのラッパーなんですけど、人間性が庶民的というか。まだ磨かれてはいないから、そこで好みが分かれるそうですけど、ビートはわりと新しい感じのものを使ってるし、すごくいいと思います。

Lookの再生はこちら

柄悪いけど いいヤツら

二木 LibeRty Doggsの「柄悪いけど」から「柄悪いけど いいヤツら」というストレートなラインを選びました。一般社会のルールに反した悪い行いをするかもしれないし、見た目も怖いかもしれないけど、俺らにも道理がある、というようなテーマについて言葉を尽くすラップミュージックもあるじゃないですか。そういうマインドを端的にズバッと表現した見事なパンチラインですね。

MINORI 確かに(笑)。メロディもいいですよね。

二木 そう! これはレゲエのリズムですよね。ロックとかいろんな音楽を聴いているメンバーがいて、ストリートのヒップホップだけじゃないゆるさ、おおらかさがある。

YYK ほのぼのしてますよね(笑)。

二木 LibeRty DoggsってメインMCは5人ですが、30人くらいのクリエイターの集団らしいですね。

MINORI 多い!

YYK 友達の集まりじゃないですか(笑)。

二木 「柄悪い」つながりで話すと、TAKABO「JIMOTO feat. REAL-T, Jin Dogg」から選んだのが「部落流にブラック・ミュージック」というラインです。こんな韻があったんだという。

渡辺 たぶん、心の中では皆さん一度はよぎったライムでは……。

二木 大阪の生野区出身であるJin DoggとREAL-Tが2020年に「街風」という曲を出していて、そこではJin Doggが「こちら大阪 生野区 朝鮮人部落」とラップしている。それがまず先にあります。TAKABOの地元は北九州ですね。

二木 「JIMOTO」には「部落解放 ダチは財宝 アジア最強」ってユーモアがありながらも重要なメッセージが入ってるラインもあって。「日本最強」じゃなくて「アジア最強」っていう視野の広さは北九州という土地柄が出ているのかなと。

YYK この人はもともと有名だったんですか?

渡辺 お城でMVを撮影した曲が話題になりましたよね。TAKABOのMVには、ジャパニーズマゲニーズとかJin DoggとかBADSAIKUSHとか、みんな一斉に北九州に集まっている様子もすごい。

二木 TAKABOはラップがどんどんうまくなっているのもいいんですよね。

渡辺 わかります。REAL-Tもめちゃめちゃ韻が硬くて、本当に正統派の日本語ラップをする方なんですよね。

二木 ヒップホップとしてめちゃめちゃカッコいいですよね。

YYK Jin Doggも王道のラップができる人だと思います。トラップ系のフロウでラップしたり、裏声でシャウトしたりもするけど、ブーンバップ系のフロウが僕は一番好きだし、本当にうまいんですよ。去年の曲ではANARCHYと一緒にやった「Hooligan」の「もしかしたら謝るくらいWavy 麦茶の様にかっこむHenny」というラインが印象に残っていますね。

渡辺 彼はNIPPSに影響を受けているとも話していました。

YYK 「街風」ではBUDDHA BRANDのラインを引用したりしていて。

二木 「デンジャー 危険だ 黄色い信号」ですね。

次のページ
2021年のパンチライン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは?

読者の反応

Oh!兄さん (๑•̀‧̫•́๑) @Oshiete23ZZ

DADA、guca owl、Watson、Meta Flower……多彩な才能が台頭する中で選ばれた“パンチライン”は? | パンチライン・オブ・ザ・イヤー2021 【後編】|ナタリー
https://t.co/okYRomIZ7o #HipHop

「人の目とか少しは気になる方」

「柄悪いけど いいヤツら」

不在の父親に対する言葉

コメントを読む(12件)

LEXのほかの記事

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 LEX / guca owl / Jin Dogg / ANARCHY / OMSB / SIMI LAB / QN / LSBOYZ / 小林勝行 / 曽我部恵一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。