中島健人が釜山国際映画祭を徹底取材、後編はフィルムマーケット&才能発掘の裏側に

5

932

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 267 663
  • 2 シェア

中島健人Sexy Zone)がMCを務める映画情報番組「中島健人の今、映画について知りたいコト。」の第33回が、12月10日にWOWOWプライム、WOWOWオンデマンドで放送・配信。第28回釜山国際映画祭を中島が取材した模様の後編がオンエアされる。

釜山国際映画祭を訪れた中島健人。

大きなサイズで見る(全2件)

今回のテーマは「映画の売買市場&才能発掘の裏側~」。映画や映像の売買が行われる「アジアコンテンツ&フィルムマーケット」、そして釜山国際映画祭の若手育成プロジェクト「アジア映画アカデミー」に中島が潜入し、今年のアジア映画アカデミー校長を務めた映画監督・諏訪敦彦にインタビューを行った。番組には映画監督の深田晃司も登場する。

中島は「日本企業の方が積極的に韓国の市場にアプローチしている姿にも刺激を受けました。諏訪監督のアジア映画アカデミーは、積極的にメンバーを集め、アジアがどの地域にも劣らないように切磋琢磨できる状況を作っているのが、未来の映画界を廃らせないための重要な要素になると思います」と振り返っている。

WOWOWオンデマンドではプロモーション映像を公開中。第33回の予告映像に加え、前回放送されなかったインタビューの模様や、中島が映画祭のグッズコーナーを楽しむ様子、「将来のリハーサル」と称してレッドカーペットを歩いてみせる一幕など未公開映像も収められた。YouTubeではショートver.が公開されている。

「中島健人の今、映画について知りたいコト。」第33回プロモーション映像(ショートVer.)

中島健人の今、映画について知りたいコト。

WOWOWプライム、WOWOWオンデマンド 毎月第2日曜 0:00~

中島健人 コメント

今、アジアは海外に対して最も積極的な時期だと思いました。国際的な市場にアジアの扉が開かれる様子が、フィルムマーケットでよくわかり、自分が出演した映画も世界に売り出されていたことに驚きました。
また、日本企業の方が積極的に韓国の市場にアプローチしている姿にも刺激を受けました。諏訪監督のアジア映画アカデミーは、積極的にメンバーを集め、アジアがどの地域にも劣らないように切磋琢磨できる状況を作っているのが、未来の映画界を廃らせないための重要な要素になると思います。

関連特集

この記事の画像・動画(全2件)

読者の反応

  • 5

ジャニーズ出演情報 @13xIvlK6CP1hvqe

#中島健人 が釜山国際映画祭を徹底取材、後編はフィルムマーケット&才能発掘の裏側に - 映画ナタリー
#中島健人の今映画について知りたいコト

中島健人の今、映画について知りたいコト。
WOWOWプライム、WOWOWオンデマンド 毎月第2日曜 0:00~

https://t.co/PpVmtUzShG

コメントを読む(5件)

おすすめの特集・インタビュー

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 中島健人 / Sexy Zone / 諏訪敦彦 / 深田晃司 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。