鈴木拡樹、荒牧慶彦ら刀剣男士たち“10振り”が全員集結「映画刀剣乱舞」初日

10

1529

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 359 1160
  • 10 シェア

映画刀剣乱舞-黎明-」の初日舞台挨拶が本日3月31日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で行われ、主人公・三日月宗近役の鈴木拡樹をはじめ刀剣男士を演じた主要キャスト10名が全員集結。監督の耶雲哉治とともに撮影を振り返り、映画の魅力を語り合った。

「映画刀剣乱舞-黎明-」初日舞台挨拶の様子。左から耶雲哉治、本田礼生、定本楓馬、佐藤たかみち、和田雅成、鈴木拡樹、荒牧慶彦、梅津瑞樹、山本涼介、小西詠斗、玉城裕規。

大きなサイズで見る(全23件)

「映画刀剣乱舞-黎明-」の上映スケジュールはこちら

「映画刀剣乱舞-黎明-」ポスタービジュアル

映画シリーズ第2弾となる本作は、歴史修正主義者が放った時間遡行軍に刀剣男士たちが立ち向かう物語。初日には鈴木のほか、山姥切国広役の荒牧慶彦、へし切長谷部役の和田雅成、山姥切長義役の梅津瑞樹、髭切役の佐藤たかみち、膝丸役の山本涼介、骨喰藤四郎役の定本楓馬、堀川国広役の小西詠斗、一期一振役の本田礼生、小烏丸役の玉城裕規が登壇した。

鈴木拡樹

まず映画の感想を聞かれた鈴木は「VFXがすごくて、1000カット以上ですか。ものすごい数。日本映画の中ではかなり多いほう。VFXがナチュラルすぎて、もう、どこに使われているかわからない。そこも作り手の美学だったみたいです」とアピール。荒牧は「始まったときのワクワク感、これから刀剣男士がどんな物語を見せてくれるんだろう?という没入感がすごくて。そのままエンドロールにたどり着いた。ものすごく満足感の高い映画です」と胸を張った。

左から荒牧慶彦、梅津瑞樹。

三日月宗近、山姥切国広、山姥切長義の三つ巴のアクションシーンの話題も。荒牧は「監督から物理的に近い距離で殺陣をしてほしいと要望があって。我々は(衣装に)からまるものが付いてる3組ですので。なかなか大変でした」と切り出し「我々も近ければ、迫力を映し出すためにカメラマンさんも近い。そこでのチームワークもがんばりました。これで決まった!と思ったら、最後の最後、カメラマンさんがツルッとこけて(笑)」と回想する。耶雲も「布が本当にやっかい。でも『こうやって』と伝えると、パッと演じてくれる。もう本当に布のプロ。布プロです」と称賛。荒牧は「そうですね。もう布とは長いお付き合いになりました」とほほえんだ。

和田雅成

定本楓馬

和田は本作における殺陣のこだわりを「前回はナイトのように重心が高いイメージだったんですけど、今回はドシッと下に落として、一撃の重さを意識しました」と説明。定本は「前回は顕現したばかりで右も左もわからない骨喰。それから時間が経って、今作では骨喰としての意思の強さ、芯の強さを表現できたらと思ってました」と明かす。前作からの成長が際立った2人について、耶雲が「4年前と比べてすごく成長してます。和田くんは現場での立ち振る舞いも完全にスター。現場で座らないんですよ。でも和田くんが座らないから周りの人も座れない」と冗談交じりに打ち明けると、和田は「いやいや、ややこしいやつじゃないですか!」とたじろいだ。

小西詠斗

本田礼生

玉城裕規

小西、本田、玉城は本作で「映画刀剣乱舞」に初参戦。普段は舞台に出演することが多い小西は足元の悪い森の中でのアクションに苦労したそうで「いつものような殺陣がなかなかできなかった。やっぱり刀剣男士はすごい」と吐露する。本田は「確か前日が雨で地面もぬかるんでいて。でも一期なので、どんなときでも“ロイヤルに”を心がけてました」と回想。玉城は「立ち回りをやったあとに(カットを割らずに)一連でセリフを言うんですよ。それでも、みんな乱れてないのがすごい。僕も息切れせずに言えたので、自分もまだまだ行けるなと思いました(笑)」と語った。

山本涼介

佐藤たかみち

同じく初参戦の佐藤と山本は兄弟役で出演。クランクインの前に2人で散歩して仲を深めたそうで、山本は「2時間くらい一緒に(笑)。いろいろ役の相談をしたり、人生について話したり。仲を深めて兄弟感を出せるように意識しました」と振り返る。佐藤は刀を使ったアクションにも初挑戦。「これはマズい!と思って竹光を買いました。家の近くの大きな公園で、ひたすら夜中に振ってたんですね。まず100本振って、それから殺陣を練習してたんです」と述べつつ、「風のうわさで本田礼生くんが1日に1000本振ってると聞いて、そこから毎日1000本振るようにしました(笑)」と打ち明け、笑いを誘う。

左から和田雅成、鈴木拡樹、荒牧慶彦。

唯一イラストで勝負した荒牧慶彦。小鬼の右下には「何色あったでしょう?」と書かれている。

キャスト陣は「私の注目ポイントは…」と題して映画の細かい見どころも紹介。鈴木は「映画オリジナル設定の神通力」、荒牧は「数多く登場する小鬼がなん色いたか」、梅津は「長義の手」、佐藤は「衣装のマント」、山本は「膝丸が『兄者』と言った回数」、定本は「刀の造形」、小西は「時間遡行軍のぬめっとした質感」、本田は「殺陣」、玉城は「刀剣男士たちの息切れしてない芝居」を挙げる。「4Dバス」と書いた和田はMX4D、4DXでの上映があることに触れ「酔わない人はぜひ、酔う人も酔い止めを飲みながら一緒にがんばりましょう。桜の匂いもするらしいです」とアピール。耶雲は4D演出について「ちゃんとバスのエンジンの振動と路面の揺れを再現しました。バスファンの方の要望にも応えられていると思います」と意外な見どころを明かした。

この記事の画像・動画(全23件)

もっと見る 閉じる
(c)2023 「映画刀剣乱舞」製作委員会/NITRO PLUS・EXNOA LLC

読者の反応

澪💖5/21田淵累生カレイベin大阪参戦❣️(∩´∀`∩)💕 @wmsy139

まっきーが描いた小鬼の絵、可愛いかった❣️🥰💕💛
まーしーのツッコミも炸裂してた笑ꉂ(ˊᗜˋ*) https://t.co/hy1rhYwJaP

コメントを読む(10件)

おすすめの特集・インタビュー

関連記事

もっと見る閉じる

鈴木拡樹のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 映画刀剣乱舞-黎明- / 鈴木拡樹 / 荒牧慶彦 / 和田雅成 / 梅津瑞樹 / 佐藤たかみち / 山本涼介 / 定本楓馬 / 小西詠斗 / 本田礼生 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。