長尾謙杜が木村文乃を抱き寄せる、「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」特報

35

2352

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 464 1872
  • 16 シェア

高橋一生主演の映画「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」の本ビジュアル、キャラクタービジュアル、特報映像が解禁された。

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」本ビジュアル

大きなサイズで見る(全8件)

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」の上映スケジュールはこちら

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」キャラクタービジュアル

荒木飛呂彦のマンガをもとにした本作では「この世で最も黒く、邪悪な絵」の謎を追い、主人公の岸辺露伴がフランス・ルーヴル美術館を訪れる。これまでのドラマ「岸辺露伴は動かない」では描かれなかった彼のルーツも明らかになる。高橋が露伴を演じ、飯豊まりえが編集者の泉京香、木村文乃が謎多き黒髪の女性・奈々瀬、長尾謙杜なにわ男子)が若き露伴、安藤政信が東洋美術専門家・辰巳隆之介、美波がルーヴルに眠る秘密に対峙する美術館職員エマ・野口に扮した。

ルーヴルの敷地内で撮影されたという本ビジュアルは、黒いロングコートをまとった露伴が美術館を背景に佇む様子を捉えたもの。一方のキャラクタービジュアルには「絶対的な黒が映し出すもの、それは──」というキャッチコピーとともに、メインキャラクターが勢ぞろいしている。

YouTubeで解禁された特報映像には「この世で最も黒い色を見たことがあるか?」という露伴のセリフに続いて、「最も黒く邪悪な絵」という意味深な言葉を発する奈々瀬、彼女を優しく抱き寄せる若き露伴、一心不乱にキャンバスを黒く塗りたくる謎の画家などが次々と映し出される。

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」は5月26日より全国ロードショー。脚本を小林靖子が手がけ、監督を渡辺一貴が務めた。

この記事の画像・動画(全8件)

(c)2023「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」製作委員会 (c) LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

読者の反応

Chiaki @ Dorama World ドラマワールド @doramaworld

PR poster of new movie "Kishibe Rohan Louvre e iku" starring Takahashi Issei, Iitoyo Marie, Nagao Kento, Ando Masanobu, Minami & Kimura Fumino; showing from 26 May 2023
https://t.co/w3aqoDH6Jv https://t.co/7Rd8XeZuMs

コメントを読む(35件)

おすすめの特集・インタビュー

関連記事

高橋一生のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 岸辺露伴 ルーヴルへ行く / 高橋一生 / 飯豊まりえ / 木村文乃 / 長尾謙杜 / なにわ男子 / 安藤政信 / 美波 / 渡辺一貴 / 小林靖子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。