高橋文哉が映画「ブラッククローバー」に参加、原作者・田畠裕基は「感無量です!!!」

10

491

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 109 371
  • 11 シェア

高橋文哉が「ブラッククローバー 魔法帝の剣」に映画オリジナルキャラクターのジェスター・ガランドロス役で出演しているとわかった。

左から高橋文哉、ジェスター・ガランドロス。

大きなサイズで見る(全4件)

原作者の田畠裕基が総監修・キャラクター原案を担当した本作では、魔法帝のオリジナルストーリーがつづられる。梶原岳人、島崎信長、諏訪部順一、優木かな、関俊彦、飯豊まりえがボイスキャストとして参加した。

ジェスターは、先代魔法帝のコンラートと行動をともにする謎の魔道士。高橋は「とんでもない役をいただけたなという思いが募ってきました」と台本を読んだときの心境を伝え、田畠は「妻に勧められたドラマ『最愛』で知ったのですが、とても素晴らしい役者さんで…そんな方に声優をお願いできるなんて、感無量です!!!」とコメントした。

なお高橋は、12月17日に千葉・幕張メッセで行われるジャンプフェスタ2023の「ブラッククローバー」スーパーステージにコメント出演。同イベントではジェスターの詳細やキャラクターボイスも解禁される。

「ブラッククローバー 魔法帝の剣」本ビジュアル

「ブラッククローバー 魔法帝の剣」入場者特典となる23.5巻のビジュアル。

このたび、アニメシリーズのキャラクターデザインを手がける竹田逸子が描き下ろした本ビジュアルが到着。さらに劇場入場者特典の「ブラッククローバー」コミックス23.5巻が、公開初日より1週間限定で配布されることも明らかになった。23.5巻には設定資料、ジョニー音田の書き下ろし小説、高橋や飯豊も含めたキャスト陣のインタビューが収められる。

「ブラッククローバー 魔法帝の剣」は3月31日に劇場公開され、Netflixで全世界配信。A5クリアファイル付きムビチケが12月16日に発売される。

※島崎信長の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

高橋文哉 コメント

ジェスターの声を担当しました高橋文哉です。
今回、声優に初挑戦させて頂いて、ジェスターという癖のある役を大切に演じました。
映画の台本を読ませて頂き、僕はとんでもない役をいただけたなという思いが募ってきましたし、読んでいてとても楽しかったです!
実は、お話をいただく前からブラクロを漫画やアニメでみていて、シャーロットが好きでした。最初はツンツンしていたのですが、ヤミへの気持ちが表れてきた時に、自宅で思わず「まじかよ!」と言ったくらい衝撃も受けました。スタッフの皆さんと共に作り上げたジェスターが、アスタやユノ、ヤミとどのように関わっていくのかを是非楽しんでいただけたら嬉しいです!

田畠裕基 コメント

重要な役割を担うキャラクター「ジェスター」役が高橋文哉さんに決定しました! 妻に勧められたドラマ「最愛」で知ったのですが、とても素晴らしい役者さんで…そんな方に声優をお願いできるなんて、感無量です!!! ジェスターも難しい役どころなのですが、完成をとても楽しみにしています!

この記事の画像(全4件)

(c)2023「映画ブラッククローバー」製作委員会 (c)田畠裕基/集英社

読者の反応

鼻水の人 @zzzzo96

まじか!!! https://t.co/GWsGHZfkSn

コメントを読む(10件)

関連記事

高橋文哉のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ブラッククローバー 魔法帝の剣 / 高橋文哉 / 飯豊まりえ / 田畠裕基 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。