三池崇史、コ・ギョンピョとの撮影は「喉をぷにぷにすることで1日が始まる」

2

63

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 2 7
  • 54 シェア

ディズニープラスオリジナルシリーズ「コネクト」の記者会見が12月1日、シンガポールで開催中の「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」内で行われた。

左から三池崇史、チョン・ヘイン、コ・ギョンピョ、キム・ヘジュン。

大きなサイズで見る(全6件)

「コネクト」は自己治癒能力を持つ不死身の新人類“コネクト”のハ・ドンスを主人公にしたクライムSFスリラー。三池崇史が「愛の不時着」などで知られるスタジオドラゴンとタッグを組み、監督を務めた。

「コネクト」記者会見の様子。

会見には三池のほか、ドンス役のチョン・ヘインコ・ギョンピョキム・ヘジュンが参加。三池は作品が世界で配信されることについて「初めての経験で、しかもそれが自分にもっとも遠いディズニープラスから。助監督時代にタイムスリップできるとしたら『お前大丈夫だよ、ディズニープラスで作品を撮ることになるから』と教えてあげたいです」と口にする。チョン・ヘインは「たくさんの方に観ていただけるのは幸せなこと。本当に自分は運がいいです」と笑顔で述べた。

左から三池崇史、チョン・ヘイン。

左からコ・ギョンピョ、キム・ヘジュン。

続けて三池は「もともと韓国作品のファンです。日本の俳優と何が違うんだろうと、それを確かめに行きました。皆さん人間としてのエネルギーが強くて、それは演技力を超えて、もっとも役者にとって大事なもの」と力強くコメント。また殺人犯を演じたコ・ギョンピョとの撮影を振り返り「サイコパスの役で、肉体で表現するとしたら痩せていて冷徹な感じになると思うんです。にもかかわらず、彼が選択したのはちょっとぷくっとしているサイコパス。彼の喉をぷにぷにすることで1日が始まっていました」と裏側を明かすと、コ・ギョンピョは「ダイエットに失敗したことのお詫びとして申し上げるんですが、役にハマろうとがんばりました。ちょっとぷくっとした新しいサイコパス像を作ったと思います」とジョークを交えて会場に笑いを起こす。

キム・ヘジュンは「アクションシーンの撮影では、監督がお手本を見せてくださいました。ダウンジャケットを着ていたのに動きが素早くて」と回想する。ステージで“蹴り”を見せてほしいと要望があると、三池は「撮影しているときはできたんですけど、(別の現場で)脚をポキっと折ったことがあって。今は現場ではなるべくおとなしくしてようと思っています」と自身の体験を伝え、披露を避けた。

全6話の「コネクト」は12月7日に一挙配信。

この記事の画像・動画(全6件)

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正します

(c)2022 Disney and related entities

読者の反応

  • 2

Hanpen @hotokebawwaw

ネトフリCMにちょいちょい映る「ダイエットに失敗したのでぷくっとしたサイコパスをやりますコギョンピョです」が映るのホントにぷくぷくで毎回(おいwwマジかギョンピョ‼︎)ってなった https://t.co/1jROLZOg8E

コメントを読む(2件)

関連記事

三池崇史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 三池崇史 / チョン・ヘイン / コ・ギョンピョ / キム・ヘジュン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。