二宮和也「TANG タング」に込めた思い語る、京本大我はナルシストポイントをアピール

TANG タング」の公開記念舞台挨拶が本日8月14日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、キャストの二宮和也満島ひかり小手伸也奈緒京本大我SixTONES)、監督の三木孝浩が登壇した。

「TANG タング」公開記念舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全8件)

「TANG タング」の上映スケジュールはこちら

デボラ・インストールの小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」をもとにした本作では、ダメ男・春日井健と、記憶をなくした迷子のポンコツロボット・タングの冒険が描かれる。二宮が健、満島が健の妻・絵美を演じた。

二宮和也(左)とタング(右)。

京本大我

本作の中でもう一度注目して観てほしいシーンやポイントを尋ねられた登壇者たち。二宮は「VFXの技術の高さを体感していただきたい。実機を使っているシーンがいくつもあるので、予想しながら観ていただくのもいいのかなと」と回答する。京本は「ちょっとした仕草でもナルシストポイントがたくさんあるので、発見していただけたらなと思います」とアピールした。

満島ひかり

「二宮さんと夏にやってみたいことは?」と問われた満島は「レジャー体験がしたい。川下りとか」と答える。奈緒は満島と夏にやりたいこととして、「舞台『かもめ』に出演されているのを観てから、いつか舞台でご一緒したいと思っています」と告白した。

同じ大学の演劇サークルに所属していたという小手と三木。小手は「(三木が)本作では、家族に対する思いを真摯につづっていた。それは家族を持ったからだと思うし、僕も家族を持って物の見方が変わった。これから家族ぐるみの付き合いをしてみたいです」と述べる。

終盤に、二宮は「こういう世の中だからこそ映画というエンタメの世界が、前向きなことを前面に押しすぎると、前をそこまで向きたくない人まで向かせてしまうのではという不安があり。なのでこの映画は、一歩踏み出すことの大切さというよりも、失敗した人間がマイナスからゼロに戻って、どうリスタートを切るかは自分で決めて、自分のペースでいけばいいんじゃないかということを伝える作品ですね」と本作に込めた思いを語った。

この記事の画像(全8件)

(c)2015 DI (c)2022映画「TANG」製作委員会

関連特集

関連記事

もっと見る閉じる

二宮和也のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 TANG タング / 二宮和也 / 満島ひかり / 小手伸也 / 奈緒 / 京本大我 / SixTONES / 三木孝浩 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。