小松菜奈が「余命10年」主題歌のよさに頭抱える、坂口健太郎も野田洋次郎の生歌で感動

4

780

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 59 653
  • 68 シェア

余命10年」の大ヒット御礼挨拶が本日3月17日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの小松菜奈坂口健太郎、劇伴および主題歌を担当したRADWIMPSより野田洋次郎が登壇した。

「余命10年」大ヒット御礼挨拶の様子。左から坂口健太郎、小松菜奈、野田洋次郎。

大きなサイズで見る(全10件)

小松菜奈

坂口健太郎

難病により2017年に死去した小坂流加による同名小説を、藤井道人が映像化した本作。難病を患い恋はしないと決めた高林茉莉と、生きることに迷い自分の居場所を見失った真部和人の織りなす恋模様が描かれる。茉莉を演じた小松は昨夜の地震のことを言及しつつ、「『何が起こるかわからない日々の中で、自分と大事な人を守り明日を生きる』というメッセージをこの作品の中に閉じ込めています」と述懐。和人を演じた坂口も「こういった世の中で、この映画を届けられた。そして皆さんの心に残せたかなと思うとうれしいです」と思いを伝える。

野田洋次郎

野田は「いち音楽監督がこういう場に来るのは気が引けたんですが、今日はおめでとうを伝えに来ました」と挨拶。「毎日スタジオに行って、毎日和人と茉莉に会って、涙を流しながら音を付けました。ああいう体験は今までになかったですし、この先もないだろうなという貴重な時間でしたね。この中では僕が断トツで観ている回数が多いと思うので、皆さんにもぜひ追い付いてほしいですね」と笑顔を見せた。

小松菜奈

坂口健太郎

野田は藤井から「和人と茉莉の道標になるような音楽を」とリクエストされ、主題歌「うるうびと」を制作。撮影前にすでに曲はできていたそうで、小松は「RADWIMPSさんが担当されるということで、聴く前から『1000%いいに違いない』と思ったんですが、実際に本当に素晴らしくて頭を抱えました。『この音楽を超えるものを作らないと』と目指す場所ができたので、曲に日々助けられていました」と振り返る。一方坂口は「台本を読んだときは、自分の役や輪郭がまだあまり見えてませんでした。そして和人の“残されるつらさ”についてすごく考えたんです。でも曲を聴いて、つらさよりも“出会ってくれた幸せ”のほうに転換された。和人を作るうえで助けになったし、気が引き締まったような感覚もありました」と影響を語った。

また本作の見どころを尋ねられると、小松は「(茉莉が撮っている設定の)ハンディカメラの映像は、私が撮りました。この映像が本編にも使われると聞かされて、『私次第じゃん!』とプレッシャーに感じたのですが(笑)、茉莉の視点を感じてもらえたらいいなと思ってやらせていただきました」とコメント。すると坂口が「あれ? 僕が撮ったパターンのやつは本編で使われたのかな……?」とふと口にして会場の笑いを誘う。続けて、坂口は桜が映るシーンを印象的なシーンとして挙げ「本作では四季を丁寧に追っていますが、同じ桜でも(場面によって)こんなに感じ方が違うんだと改めて思わされました」と話した。

野田洋次郎

イベントでは、野田が劇伴のピアノ演奏と「うるうびと」の弾き語りを披露。パフォーマンスが終わると小松は「すごい、すごすぎます。言い表せないというか……超ぜいたくな時間だなと噛み締めちゃいました」と言い、坂口も「胸いっぱいになっちゃうというか……ねえ」「これが感想です(笑)」と感極まった様子を見せていた。

「余命10年」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全10件)

(c)2022 映画「余命10年」製作委員会

読者の反応

  • 4

おにだ ぐんきち @onida_g_

「余命10年」の大ヒット御礼挨拶が本日3月17日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの小松菜奈、坂口健太郎、劇伴および主題歌を担当したRADWIMPSより野田洋… / https://t.co/E7h54XFFWe / 小松菜奈が「余命10年」主題歌のよさに頭抱える、坂口健太郎も野田洋次郎の生歌で感動 - 映画ナタリー https://t.co/oaWbWW5H4O

コメントを読む(4件)

関連記事

小松菜奈のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 余命10年 / 小松菜奈 / 坂口健太郎 / RADWIMPS / 野田洋次郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。