嵐のライブを堤幸彦が記録した「ARASHI 5×20 FILM」上海映画祭で初上映

16

11912

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 2718 9129
  • 65 シェア

のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」のワールドプレミアが、中国・上海の第24回上海国際映画祭で行われる。

「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」ビジュアル

大きなサイズで見る

「《ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”》」の上映スケジュールはこちら

2018年11月から2019年12月まで計50公演行われ、累計237万5000人の動員を記録した嵐の20周年ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。この映画は、2019年12月23日の東京ドーム公演を100台以上のカメラで記録したものだ。嵐にとってもジャニーズ事務所にとっても、初のライブフィルムとなる。嵐が2002年に初主演した映画「ピカ☆ンチ・LIFE IS HARDだけどHAPPY」の堤幸彦が監督を務めた。堤は撮影当日、リハーサルを終えた時点で「たくさんライブ映像を撮ってきましたが、間違いなく自分が撮った中では最高峰になるでしょう」とコメントしている。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け2020年に予定されていた嵐の北京ライブは中止となったが、6月11日から20日に開催される上海国際映画祭のGala部門とDolby Vision部門へ、本作が出品されることが決定した。両部門同時出品は史上初。ワールドプレミアはドルビーシネマでも実施される。なお本作の日本公開は、現時点では未定となっている。

堤幸彦 コメント

現在2019年12月23日16時30分。リハーサルを終えたところです。
たくさんライブ映像を撮ってきましたが、間違いなく自分が撮った中では最高峰になるでしょう。
お客様が入ったらシューティングライブの準備が全て完了です。
手のひらから飛び立つドローンに5人が映し出されるところから始まって、彼らの手に戻っていく。
素敵な入り口と出口になるのかなと思っています。
回る地球と東京ドーム、嵐と同じ時間を生きていることを体感して欲しい。

(c)2021 J Storm Inc.

読者の反応

  • 16

嵐ジャニーズ情報 @arashijs_info

嵐のライブを堤幸彦が記録した「ARASHI 5×20 FILM」上海映画祭で初上映(コメントあり) https://t.co/f1cuc4bX7p

コメントを読む(16件)

関連記事

もっと見る閉じる

嵐のほかの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 《ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”》 / / 堤幸彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。