加藤シゲアキ版「悪魔の手毬唄」木南晴夏、岡田義徳ら新キャスト6名発表

2019年12月5日 12:00 181

加藤シゲアキ(NEWS)主演のスペシャルドラマ「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」に、木南晴夏らが出演することがわかった。

「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」より、上段左から渡辺大、木南晴夏、岡田義徳。下段左から中尾ミエ、石橋蓮司、泉谷しげる。

大きなサイズで表示(5件)

横溝正史の小説をもとに、2つの名家が対立する閉鎖的な村・鬼首村で起きる連続殺人事件を描く本作。加藤が金田一耕助を演じたほか、生瀬勝久、中条あやみ、小瀧望(ジャニーズWEST)、大野いと、大友花恋、菅野莉央、斉藤由貴、国生さゆり、有森也実、寺島しのぶ、古谷一行がキャストに名を連ねる。根本ノンジが脚本、澤田鎌作が演出を担当した。

木南は、金田一が身を寄せる温泉宿・亀の湯の仲居であるお幹役で出演。話し上手で交友関係が広く、村の人間関係を熟知しているお幹から、金田一は事件のヒントとなる情報を入手していく。また国民的スター歌手・大空ゆかりのマネージャー、日下部是哉を演じたのは岡田義徳。20年前に起きた惨劇で命を落とす青池源治郎役を渡辺大、源治郎の検視に当たった医師・本多役を泉谷しげる、鬼首村の庄屋で道楽ざんまいな老人・多々羅放庵役を石橋蓮司、村に伝わる“手毬唄”の歌詞を知る数少ない老人・由良五百子役を中尾ミエが務めた。

「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」は、12月21日にフジテレビ系「土曜プレミアム」でオンエア。

土曜プレミアム「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」

フジテレビ系 2019年12月21日(土)21:15~23:25

金城綾香(プロデューサー)コメント

いよいよ放送まであと16日に迫った「悪魔の手毬唄」ですが、こうして豪華な出演者陣のお知らせを続けてお伝えさせていただけることをプロデューサーとして大変幸せに思います。おどろおどろしい金田一耕助の物語の中で、多彩な俳優陣が魅せる演技合戦もぜひ楽しみにしてください。木南さん演じる愛らしい仲居・お幹に癒やされ、岡田さん演じる日下部マネジャーにピリリとし、渡辺さん演じる源治郎に仰天し、泉谷さん演じる豪快な本多医師に大いに笑い、中尾ミエさんの手毬唄に固唾(かたず)を飲んで、石橋蓮司さん演じる放庵にゾクゾクしていただきたいです。飽きることない2時間をお約束いたします!

今から行ける映画を検索!
映画ナタリー マイケル

この記事の画像(全5件)

(c)フジテレビ

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る