映画と働く 第12回 [バックナンバー]

予告編ディレクター:今井あき(後編)「予告編で満足させたくない」

「もっと観たいな」って思わせたい! 予告編ディレクターとして働くやりがいとは

1本の映画が作られ、観客のもとに届けられる過程には、監督やキャストだけでなくさまざまな業種のプロフェッショナルが関わっている。連載コラム「映画と働く」では、映画業界で働く人に話を聞き、その仕事に懸ける思いやこだわりを紐解いていく。

第12回では予告編制作会社ガル・エンタープライズで働き、予告編ディレクターとして9月9日公開の「グッバイ・クルエル・ワールド」などの制作を担当している今井あきにインタビュー。予告編がどのように作られているのか語ってもらった前編に続き、この後編では、得意とするテロップワークや予告編ディレクターとして働くやりがいについて深掘りする。また縦型動画に“遊び”を入れるテクニックや、予告編ディレクターになるために必要なスキルについても話してもらった。なお前編と同様に本コラムに登場するYouTubeリンクの特報・予告編はすべて今井が手がけたものだ。

取材・/ 小宮駿貴 題字イラスト / 徳永明子

縦型ならではの見せ方が得意になれたら

──これまでのお話で、予告編がどのように制作されているのか理解を深めることができました。ここからは“予告編ディレクター”というお仕事について深掘りしていきたいのですが、ディレクター1人ひとりに得意分野はあるのでしょうか?

私は若者向けの作品を依頼されることが多いと思います。そういう作品は自分も観るのが好きなので、ターゲットに近い感覚で作ることができて得意なほうだと思い受けるのですが、普段あまり観ることがないホラー作品とかも依頼されることがありますね。かわいいのが好きなので、ポップな作風が得意だと思っていたのですが、前に担当した「事故物件 怖い間取り」が作品としてヒットしまして、以来ホラーものの依頼が来ることもしばしばです(笑)。趣味でバンドをやっているディレクターがいて、音楽が立つような予告編を作るとめちゃくちゃリズムが上手だったり、あとは私のことで言うと、TikTokとかInstagram用の縦型の映像を作るのが好きで、最近は縦型だけ依頼されることもありますね。

今井あき

──最近は縦型の動画も増えましたね。

そうですね。前まで若者をターゲットにした作品が多かったのですが、最近はほぼいろんなジャンルの作品で作っていますね。最近だと「シン・ウルトラマン」の縦型広告や「今夜、世界からこの恋が消えても」のTikTok小説を作りました。縦型って画角がユニークなのでいろんな見せ方ができるんです。最近はスマホでSNSを開いて動画を観る人が多いので、縦型ならではの見せ方が得意になったらいいなって思います。

──縦型を作る際は、通常の予告編とは別の工夫がされているのでしょうか。

基本的には通常の予告編のテイストを崩さずに、そのまま縦型に画角を変えるのがオーソドックスなやり方です。ただ、縦型は若者がメインターゲットなので、真面目すぎるものではなく、遊びを入れてます。音声オフのまま観る方も多いのでテロップを増やしたり、上下2画面にしたりして、見やすさを重視しています。スワイプされないように頭にインパクトを出すとか。

予告編で満足させたくない

──なるほど。予告編を流すメディアごとにいろいろな工夫をされているんですね。改めて、予告編を制作するうえで心がけていることを教えてください。

一番は予告編で完結しないこと。予告編で満足させたくないというか、続きが気になってほしい。「どうなるんだろう?」「もっと観たいな」って思わせたいですね。ターゲットもそうです。予告編は映画宣伝の1つなので、作品のターゲットからずれないものを作りたいです。最近は短いもので60秒とか、昔はもっと長かったと思うんですが、短い尺でちゃんと映画のよさが伝わるように考えています。あとはスマホで観る人も多いので、映像のスピード感とか文字の大きさにも注意しています。予告編は作り手の個性が出ると思っていて、私はテロップワークで個性を出していきたいなと、いろいろ見せ方を変えています。「エル プラネタ」は単館系の洋画で、東宝宣伝部の元同僚が転職されて「久しぶりに一緒にお仕事したいね」って依頼されたお仕事でした。「テロップとかも自由にやっていいよ」と好きに作らせていただいた作品でお気に入りです(笑)。テロップワークを考えるのが好きなので、それを生かせる作品を増やしていきたいと思っています!

──予告編が好評だと興行収入にも影響があるのでしょうか。

予告編を観て映画を知ってもらうことが多いと思います。「これ面白そう!」「気になる!」と思ってもらえる1つのきっかけにはなるので、100%とは言えないですが興行収入を上げる大事な要素になっていると思います。私自身、全然知らない映画でも予告編を観てめっちゃ面白そうだなと思うことがありますね。最近だと「死刑にいたる病」とか。あの予告編ってすごくインパクトがあるじゃないですか。予告編の阿部サダヲさんを見て映画を観に行かれた方はたくさんいると思います。

効果音と音楽がうまくハマってグッとくる

──阿部さんの目力がすごかったですよね! 他社の予告編も観るとおっしゃっていましたが、「この予告編がすごい」と思うことはありますか?

好きな予告編はたくさんあるんですが、キリがないのでお気に入りの5作品だけ紹介させてください(笑)。まず「キングスマン」の予告編がめちゃめちゃカッコいいんです! 「マナーが紳士を作るんだ」というセリフ、あのときのSEの効果音とアクションが気持ちいいんですよね。効果音と音楽がうまくハマってて、観ててワクワクします。次に「桐島、部活やめるってよ」の予告編。1曲構成なんですが、後半から一気にグッとくるんですよ!

──予告編で使用されているのが1曲のみ?

はい。高橋優さんの曲のAメロから入ってサビから最後まで尺が約2分あるんですけど、1本の映画を観ている感じになります! 通常の予告編って最初の曲と後半の曲が変わったりするじゃないですか。1曲構成の予告編もたくさんあるのですが、今作は曲と作品の雰囲気もあってほかにはないよさがあります。

予告編制作の様子。

──主題歌をフィーチャーした映像はありますが、通常の予告編で1曲構成は珍しいのかもしれないですね。ほかにはありますか?

あとは「センセイ君主」の予告編がすごく好きです!

──竹内涼真さんと浜辺美波さんの共演作ですね。

テロップワークがすごくおしゃれなんです。あとは絵に合わせて音楽のボリュームが上がるカットがあって。カーラジオの音量を上げるとそれに合わせて主題歌の音量が上がるんですよ! めっちゃおしゃれですよね。

──おしゃれ! 改めて観てみたいと思いました。

ほかにも好きな作品がたくさんあるんですが、「十二人の死にたい子どもたち」は「死刑にいたる病」と似ていてゾワッとするシーンが登場します。1分半の映像でゾワッとさせられて、観た人の印象に残る予告編だなと思いますね。あと「ちはやふる -上の句-」。予告編の中盤で、野村周平さんが「青春全部かけたって、俺はあいつに勝てないって」と。そのあと國村隼さんの「かけてから言いなさい」という印象的なセリフが登場して、そこからグッと音楽が入るんです。このやり取りも印象的だし、胸が熱くなる青春映画の素敵な予告編だなと思いました。

次のページ
「君の名は。」以降、明朝系のテロップが増えた気がします

関連記事

阿部サダヲのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 グッバイ・クルエル・ワールド / 事故物件 恐い間取り / シン・ウルトラマン / 今夜、世界からこの恋が消えても / エル プラネタ / 死刑にいたる病 / キングスマン / 桐島、部活やめるってよ / センセイ君主 / 十二人の死にたい子どもたち の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。