「このマンガを読め!」今年の1位はいしいひさいちのストーリーマンガ「ROCA」

141

642

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 223 344
  • 75 シェア

マンガランキング「THE BEST MANGA 2023 このマンガを読め!」の結果が、本日12月20日発売のカルチャー誌・フリースタイルVol.54(フリースタイル)で発表された。1位に輝いたのは、いしいひさいち「ROCA 吉川ロカ ストーリーライブ」。

フリースタイルVol.54

大きなサイズで見る

「このマンガを読め!」はフリースタイルによる毎年恒例のマンガランキング特集。1位になった「ROCA」は、「ののちゃん」などの4コママンガで知られるいしいが手がけたストーリーマンガで、自費出版として8月より販売中の作品だ。単行本の序文では「これは、ポルトガルの国民歌謡[ファド]の歌手をめざす どうでもよい女の子が どうでもよからざる能力を見い出されて花開く、というだけの都合のよいお話です」とあらすじが紹介されている。

2位以降は高妍「緑の歌」、岡田索雲「ようきなやつら」、やまじえびね「女の子がいる場所は」が続く。5位の松本大洋「東京ヒゴロ」は、昨年の「このマンガを読め!」で1位を獲得しており、2年連続での上位ランクインとなった。19位までのランキング結果は記事末に掲載する。

誌面では上位作品の内容紹介、おなじみの座談会企画「BEST作品総評」「マンガ時事放談2023」、各選者のベスト10とコメントなどを掲載。年末年始に読むマンガ選びの参考にしてみては。

「THE BEST MANGA 2023 このマンガを読め!」結果

1.いしいひさいち「ROCA 吉川ロカ ストーリーライブ」((笑)いしい商店)
2.高妍「緑の歌」(KADOKAWA) 
3.岡田索雲「ようきなやつら」(双葉社) 
4.やまじえびね「女の子がいる場所は」(KADOKAWA) 
5.松本大洋「東京ヒゴロ」(小学館) 
6.藤本タツキ「さよなら絵梨」(集英社) 
7.たかたけし「住みにごり」(小学館) 
7.エティエンヌ・ダヴォドー「ワイン知らず、マンガ知らず」(サウザンブックス社) 
9.タイザン5「タコピーの原罪」(集英社) 
10.とよ田みのる「これ描いて死ね」(小学館) 

11.トマトスープ「天幕のジャードゥーガル」(秋田書店) 
12.エイドリアン・トミネ「長距離漫画家の孤独」(国書刊行会)
13.ソン・アラム「大邱の夜、ソウルの夜」(ころから)
14.高橋聖一「われわれは地球人だ!」(双葉社)
15.衿沢世衣子「2年1組 うちのクラスの女子がヤバい」(リイド社) 
16.山口貴由「劇光仮面」(小学館) 
17.坂月さかな「星旅少年」(パイインターナショナル)
18.panpanya「模型の町」(白泉社) 
19.菊池真理子「『神様』のいる家で育ちました」(文藝春秋)
19.とあるアラ子「ブスなんて言わないで」(講談社)

この記事の画像(全1件)

読者の反応

geek@akibablog @akibablog

「このマンガを読め!」今年の1位はいしいひさいちのストーリーマンガ「ROCA」 - コミックナタリー
https://t.co/e7FhoB6cGQ

コメントを読む(141件)

おすすめの特集・インタビュー

関連記事

いしいひさいちのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 いしいひさいち / 高妍 / 岡田索雲 / やまじえびね / 松本大洋 / 藤本タツキ / たかたけし / タイザン5 / とよ田みのる / トマトスープ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。