ミュージカル「SPY×FAMILY」会見で心境明かす、森崎ウィン「国境を越えた人気を実感」

4

1091

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 256 740
  • 95 シェア

遠藤達哉原作によるミュージカル「SPY×FAMILY」の製作発表記者会見が、昨日12月7日に東京・東京會舘で実施された。

ミュージカル「SPY×FAMILY」製作発表記者会見の様子。

大きなサイズで見る(全38件)

森崎ウィン

2023年3月に東京・帝国劇場、4月に兵庫・兵庫県立芸術文化センター、5月に福岡・博多座で上演されるミュージカル「SPY×FAMILY」。会見にはロイド・フォージャー役の森崎ウィンと鈴木拡樹、ヨル・フォージャー役の唯月ふうかと佐々木美玲(日向坂46)、ユーリ・ブライア役の岡宮来夢瀧澤翼円神)、フィオナ・フロスト役の山口乃々華、フランキー・フランクリン役の木内健人、ヘンリー・ヘンダーソン役の鈴木壮麻、シルヴィア・シャーウッド役の朝夏まなと、脚本・作詞・演出のG2が登場した。

鈴木拡樹

まずはキャスト陣が、同舞台への参加が決まった際の気持ちを明かす。「帝国劇場の主役の1人としてお声がけいただけたのは驚きと喜びでした」と述べる森崎は、「先日イギリスに行ったところ、通りすがりのミャンマー人の方に『「SPY×FAMILY」に出るんでしょ?』と声をかけられて、それに一番驚きました」と、「SPY×FAMILY」の国境を越えた人気を実感したと明かす。また鈴木拡樹は「ロイドは完璧なスパイ。自分は不器用な人間なので、普段とは違う完璧な人間を演じられるチャンスをいただいた」と期待を込めた。

唯月ふうか

唯月は「ヨルさんはとてもカッコよくて、大人な色気のあるイメージでしたので、『私がヨルさんですか?』と驚きを隠せませんでした」と戸惑いながらも「(うれしくて)部屋で叫びました(笑)」とコメント。佐々木は「コミックもアニメもどちらも楽しませていただいていたので、まさか自分がヨルさんを演じるなんて想像がつかなくて」と同じく驚いたことを明かす。また会見で身を包んでいたヨルを彷彿とさせる赤い衣装について「(日向坂46の)メンバーがこの柄のドレスが似合うよって選んでくれて」と明かす。

佐々木美玲

原作を知らなかったという岡宮は、発表された際の周りの反響を回想し「特にSNSでの反響がすごくて。世界中で愛されている作品だということを実感しました」と回答。同じくまだ未読だった木内は「扮装ビジュアルを撮影するまでは、フランキーに近付ける気がしなくて。でもいざスタイリストさんに髪の毛を巻いてもらったら、意外とフランキーになるもんだなと思って(笑)」と撮影時の裏話を披露する。

岡宮来夢

登壇者の中でもひときわ「SPY×FAMILY」に対する思い入れが強かったのは瀧澤。「理性を失うぐらい喜びました。推しのキャラがユーリなので、自分が推しを演じれるっていう驚きもあって」と言い、さらに「ユーリとは身長も179cmで同じで、僕もお姉さんがいて。しかも公演を迎える1週間ほど前に20歳になるので、まったくユーリと一緒の状態になるんです(笑)」と興奮した様子で語ると、登壇者からも驚きの声が上がった。

山口乃々華

フィオナは自分とは真逆だと述べる山口は、「キャラクターが並んでいる扮装ビジュアルを見たときは、(自分が)どこにいるかわからないぐらい違いがあって(笑)。しかも私は本音が顔に出やすいので、フィオナのときは出ないようにしっかり頑張りたいです」と意気込む。また朝夏は「親戚が作品のファンで、出演が決まったときに『明日香(朝夏の本名)ちゃんなら上官の人やろね』と当てられて。イメージがぴったりと言われることも多いのでワクワクしています」とコメント。さらにG2に対し「私にもアクションシーンをお願いします」と頼む場面もあった。

鈴木壮麻

参加者の中では唯一裏の顔を持たない教育者・ヘンリーを演じる鈴木壮麻。「関係者枠のチケットを宣伝するときに、普段は食い付かない人たちがまっさきに『5枚頼むね』って言ってきて、反響のシャープさにびっくりしてます(笑)」と笑いを誘いながらも「体力のいる演目だと思います。期待が大きい分、緻密にディティールにこだわって作りたい」と力強く述べた。

ミュージカル「SPY×FAMILY」製作発表記者会見の様子。

これまで「新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』」や舞台「ガラスの仮面」など、マンガ原作の舞台の脚本・演出を手がけてきたG2は、マンガ原作のミュージカルを制作するのはほぼ初めてであると打ち明ける。「よくできた作品をミュージカルにするのは難儀。原作ファンを満足させながらミュージカルファンも満足させるために毎日戦っています」と制作の苦労を語る。さらにまだ発表されていないアーニャ役については、「まだ発表はできないんですよ(笑)。でもすごくかわいいので期待していただきたいです」と自信をのぞかせた。

さらに会見では、キャラクターに扮した出演者たちが勢揃いするPVを初お披露目。さらに2022年の活動の振り返りと2023年の抱負を語りながら、それぞれがミュージカル「SPY×FAMILY」に対する思いを伝えた。東京公演のチケット一般販売は12月24日からスタート。また兵庫公演は2月11日、福岡公演は3月11日から一般販売が開始される。

この記事の画像・動画(全38件)

もっと見る 閉じる

ミュージカル「SPY×FAMILY」

日程:2023年3月8日(水)~3月29日(水)
会場:東京都 帝国劇場
日程:2023年4月11日(火)~4月16日(日)
会場:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール
日程:2023年5月3日(水)~5月21日(日)
会場:福岡県 博多座

スタッフ

原作:遠藤達哉(集英社「少年ジャンプ+」連載)
脚本・作詞・演出:G2
作曲・編曲・音楽監督:かみむら周平

キャスト

ロイド・フォージャー:森崎ウィン / 鈴木拡樹
ヨル・フォージャー:唯月ふうか / 佐々木美玲(日向坂46)
ユーリ・ブライア:岡宮来夢 / 瀧澤翼円神
フィオナ・フロスト:山口乃々華
フランキー・フランクリン:木内健人
ヘンリー・ヘンダーソン:鈴木壮麻
シルヴィア・シャーウッド:朝夏まなと
ドミニクほか:楢木和也

新井海人、大津裕哉、小倉優佳、鎌田誠樹、栗山絵美、桑原柊、柴田実奈、島田彩、丹宗立峰、堤梨菜、LEI'OH、般若愛実、福田えり、深掘景介、藤岡義樹、湊陽奈、宮野怜雄奈、武者真由、元榮菜摘、山野靖博、ユーリック武蔵

(c)遠藤達哉/集英社

読者の反応

  • 4

geek@akibablog @akibablog

ミュージカル「SPY×FAMILY」会見で心境明かす、森崎ウィン「国境を越えた人気を実感」(会見レポート / 動画あり) - コミックナタリー
https://t.co/LjQ58IDbE3

コメントを読む(4件)

関連記事

遠藤達哉のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 遠藤達哉 / 岡宮来夢 / 瀧澤翼 / 円神 / 山口乃々華 / 木内健人 / 鈴木壮麻 / 朝夏まなと / G2 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。