聴者とろう者のバッテリー描く青春ストーリー「僕らには僕らの言葉がある」

6

166

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 45 85
  • 36 シェア

詠里の単行本「僕らには僕らの言葉がある」が、本日11月30日に発売された。

「僕らには僕らの言葉がある」

大きなサイズで見る(全2件)

同作は耳が聴こえない“ろう者”のピッチャー・真白と、聴者として野球だけを拠り所に生きてきたキャッチャー・野中が、入学した高校の放課後のグランドで出会い、バッテリーを組んだことから始まる青春ストーリー。ろう者である真白と聴者である野中、両者の視点から物語が綴られる。単行本には作中に出てくる手話や「指文字一覧表」、ろう者・ろう文化への理解を深めるための解説コラムなども収録された。アニメイトでは特典としてB6サイズ4ページのリーフレットが配布されている。

この記事の画像(全2件)

読者の反応

  • 6

しかく新聞 @shikaku_paper

聴者とろう者のバッテリー描く青春ストーリー「僕らには僕らの言葉がある」 - コミックナタリー - 同作は耳が聴こえない“ろう者”のピッチャー・真白と、聴者として野球だけを拠り所に生きてきたキャ… https://t.co/OMt2iRAoZv

コメントを読む(6件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。