映画「左様なら今晩は」久保史緒里が備後弁を生披露、不安げになるも会場からは拍手

8

501

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 88 378
  • 35 シェア

山本中学原作による実写映画「左様なら今晩は」の初日舞台挨拶が、去る11月11日に東京・シネクイントにて開催された。

「左様なら今晩は」初日舞台挨拶の様子。左から久保史緒里、高橋名月監督。

大きなサイズで見る(全11件)

「左様なら今晩は」は結婚を考えていた恋人に突然フラれてしまったサラリーマン・半澤陽平と、女幽霊・愛助の奇妙な同居生活を描くハートフルストーリー。陽平役を萩原利久、愛助役を久保史緒里乃木坂46)が演じる。イベントには久保と高橋名月監督が登壇した。

久保史緒里

公開初日を迎え、久保は初主演に対し「“初めて”がうれしくもあり、不安でもあったので、無事にこうしてこんなにたくさんの方に来ていただいて初日を迎えられたことが、今は何よりもうれしいです」と心中を吐露。自身が演じた愛助という役については「幽霊ではあるけれども、生きてる人と変わらない」と感じたようで、「何よりも等身大の女の子らしくするのが、彼女にとって1番の救いなのかな、と思いながら演じました」と撮影当時を振り返る。

また久保が初主演を務めることになった、そのきっかけについても明らかに。もともと高橋監督は久保が出演する個人PV「春、ふたり」を見ていたようで、「とてもナチュラルで、引っ掛かる芝居をする素敵な女優さんだなと思っていました」と語る。「久保さんの名前が(愛助役に)挙がっていると聞いたとき、『絶対久保さんがいいと思います!』という話をしました」と明かすと、久保は「私もすごくあのPVが好きで、何か次につながったらいいなと思っていたので、まさかこんな形で監督の目に届いているとは思わず、すごくうれしかったです!」と裏話を披露した。

「左様なら今晩は」初日舞台挨拶の様子。左から久保史緒里、高橋名月監督。

続いて広島県・尾道での印象的な撮影エピソードを聞かれた久保。「坂が多かったのですが、特にセリフもなく、あっちに行ったりこっちに行ったり、ただただ愛助と陽平が楽しそうに自転車に乗るシーンがあって。萩原さんと息を切らしながら乗った思い出があります」と久保が答えると、高橋監督が「でもカットしちゃったんだよね……。よかったんだけど……ごめんね(笑)」と謝り、会場の笑いを誘う。

さらに劇中で愛助が話す尾道市の方言、備後弁(びんごべん)のセリフを久保が生披露する場面も。セリフをしゃべり終えたのち「これ、合ってます!? 大丈夫ですか? 恥ずかしい!」と不安げな様子を見せる久保だったが、会場からは拍手が贈られた。

最後に久保は、「台本を読んだときのあったまる感じが映像になり、さらに温かさを増して、このあったかい輪がどんどんたくさんの方に伝わってつながっていったらいいなと思います。ぜひ2度3度と来ていただけたら、観ていただけたらうれしいです」と挨拶。イベントを締めくくった。

この記事の画像・動画(全11件)

(c)2022 山本中学・少年画報社/「左様なら今晩は」製作委員会

読者の反応

  • 8

広島オタクマップ/saki @otakumap

尾道舞台だそうです。 https://t.co/TUGJJEYElV

コメントを読む(8件)

山本中学のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山本中学 / 久保史緒里 / 乃木坂46 / 高橋名月 / 萩原利久 / 左様なら今晩は の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。