ディズニーヴィランズにインスパイア、枢やなが原案やキャラデザ務めるゲーム

2019年3月23日 18:08

アニプレックスがウォルト・ディズニー・ジャパンの協力のもと製作中の新作スマートフォンゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド(Disney Twisted-Wonderland)」の原案・メインシナリオとキャラクターデザインを、「黒執事」の枢やなが担当することが発表された。

「ディズニー ツイステッドワンダーランド」ビジュアル

大きなサイズで表示(7件)

リドル・ローズハート(CV:花江夏樹)

エース・トラッポラ(CV:山下誠一郎)

これは本日3月23日より東京・東京ビッグサイトにて催されている「AnimeJapan 2019」内のステージイベントにて解禁されたもの。「ディズニー ツイステッドワンダーランド」は、ディズニー作品に登場するディズニーヴィランズの魅力にインスパイアされたキャラクターたちが織りなす、リズムとバトルで紡がれる“ヴィランズ学園アドベンチャーゲーム”だ。魔法の鏡に導かれ、異世界・ツイステッドワンダーランドに召喚されてしまった主人公は、辿り着いた名門魔法士養成学校・ナイトイレブンカレッジで保護を受け、協調性皆無の問題児に囲まれながら元の世界へ帰る方法を探していく。

マレウス・ドラコニア(CV:加藤和樹)

ナイトレイブンカレッジには7つの寮が存在し、各寮によってモチーフが異なる。このたび第1弾として「ふしぎの国のアリス」をモチーフとした、ハーツラビュル寮のキャラクター5人のビジュアルとキャストが解禁された。リドル・ローズハート役は花江夏樹、エース・トラッポラ役は山下誠一郎、デュース・スペード役は小林千晃、トレイ・クローバー役は鈴木崚汰、ケイト・ダイヤモンド役は小林竜之が演じる。またティザーサイトに描かれているキャラクターであるマレウス・ドラコニアの声は加藤和樹が担当。本日行われた制作発表ステージでは、枢が同作に対する意気込みやディズニー作品に対する思いを綴った手紙を加藤が代読した。

なお明日3月24日に「AnimeJapan 2019」内のアニプレックスブース(J72)とスクウェア・エニックスブース(A16)を訪れると、制作発表ステージにて頒布されたポストカードがゲットできる。配布される数には限りがあるため注意しよう。また本日実施されたステージイベントの模様は、3月25日21時からニコニコ生放送でアーカイブ配信される予定。

この記事の画像(全7件)

(c)Disney. Published by Aniplex

人気のニュース

人気のニュースをもっと見る