マンガ家の“アナログな相棒” 第1回 [バックナンバー]

龍幸伸 | ゼブラのGペン

今ではつけペンじゃないと満足できなくなりました。

17

792

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 160 627
  • 5 シェア

作画に欠かせない“アナログな相棒”画材について、その魅力をマンガ家自らに語ってもらう本コラム。第1回に登場したのは「ダンダダン」などで知られる龍幸伸。“相棒”を使う理由から“相棒”がいたからこそ描けた1ページ、アナログ作画ならではの魅力について、アンケートを通じて回答してもらった。

マンガを作るうえで欠かせない“相棒”

ゼブラのGペン

“相棒”を使い続けている理由

アシスタントに入ったばかりの頃はまったく使えず、ミリペンをメインで使ってました。しかし集中線などの入り抜きが表現できないため少しずつ練習して今ではつけペンじゃないと満足できなくなりました。

龍幸伸の“相棒”であるゼブラのGペン。

“相棒”を使用したお気に入りページ

基本的には全ページですが見開きは力強さと繊細さで線の強弱が必要になるのでGペンはなくてはならない場面だと思います。

「ダンダダン」4巻24話より、セルポドーバーデーモンネッシー戦にてモモが水を超能力でえぐるシーン。(c)龍幸伸/集英社

アナログ画材の魅力とは?

単純に楽しいというのもありますしアナログの線が好きです。あと紙とペンがあればすぐ描けるのでお手軽です。おすすめです。

龍幸伸(タツユキノブ)

2010年に月刊少年マガジン(講談社)にて「正義の禄号」で連載デビューを果たす。同作を2011年まで連載した後、同じく月刊少年マガジンで「FIRE BALL!」を2013年から2014年まで発表。少年ジャンプ+で2021年より連載されている「ダンダダン」は「次にくるマンガ大賞 2021」のWebマンガ部門2位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2022」「出版社コミック担当が選んだおすすめコミック 2022」1位に輝いた。単行本8巻は2023年1月4日に発売予定。

「ダンダダン」7巻 (c)龍幸伸/集英社

バックナンバー

この記事の画像(全4件)

読者の反応

林士平(りんしへい) @SHIHEILIN

龍幸伸 先生の作画道具の記事です❗️

⬇️

ゼブラのGペン | マンガ家の“アナログな相棒” 第1回 https://t.co/P9FCkfY2fh

コメントを読む(17件)

龍幸伸のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 龍幸伸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。